*

進化するぷらっとこだま(JR東海ツアーズ)、では「ぷらっとタクシー」は?

公開日: : 最終更新日:2017/07/03 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

旅行業法のパッケージツアー(主催旅行(現在は企画旅行))の面白さを説明するのに一番わかりやすい事例が「ぷらっとこだま」であった。東京・名古屋の新幹線料金が約1万円の時、JR東海ツアーズが販売するパッケージツアーが7千円で販売されていたからだ。パック商品は「自己の計算」のもとに価格を決定するから、部品の価格は出てこない。パソコンが、ハードディスクやキーボード等の積み上げた価格ではなくなく、パソコン単体として独自の価格が設定されるように、パック旅行も、運賃や食費、宿代を積み上げたものではなく、旅行商品単体として価格が設定されている。

欧州や航空の世界では、パックは文字通りパックであり、複数のサービスの組み合わせ(加えて24時間ルール)を前提としている。その影響が強い日本の航空旅行商品はこのルールを守っている。一方国際ルールとは別に発展した鉄道商品は国鉄が内容を決めていた。国鉄運賃法があり、勝手に値段をつけられないものだから、鉄道会社と旅行会社の間には、運送契約はないと解釈をして、料金を独自設定していた。JTBは旅館と鉄道をパックにして販売するにあたり、仕入れた旅館の部屋が余るものだから、旅館だけパック商品として販売を始めた。高級旅館は国際観光旅館であり、料金は事前届け出制であるが、パックは旅行会社が独自設定できるという国鉄ルールに準じて、独自宿泊料金を定めた。欧州では見られない単品主催の発生である。

国鉄民営化の前後、「ぷらっとこだま」が販売された。実質単品主催であるが、駅のキオスクで缶ビールやジュースを交換できるクーポンがついていたので、複数の組み合わせともいえるが、つけなくても違法ではない。勿論駅で売る切符に影響が出ては元も子もないので、いろいろ制限を付けている。その典型が一日前までに申し込みをすることと、解約ができないことである。

その「ぷらっとこだま」が見事に進化している。「日帰り1dayプラン」である。東京・名古屋間を早朝、夜間の列車に限り往復日帰りで利用すれば、「のぞみ」であっても往復15000円で利用できるのである。列車等により細かく料金設定されているのは、販売データを駆使しているからであろう。高速バスとの組み合わせ(12000円)による商品まで造成している。缶ビールに限定されていたものが、この「日帰り1dayプラン」では3000円の利用券まで付いている。キオスクに限らずJR東海ツアーズが指定した店舗での商品が購入できるから、お弁当にジュース、お土産まで買えるのである。

新潟までの上越新幹線は北陸新幹線が延伸された結果、盲腸線になってしまった。東海道新幹線のこだまとのぞみほど列車に差別化はされていないが、工夫の仕方がありそうな気がする。早朝夜間便の販売に「ぷらっとこだま」や「日帰り1dayプラン」のアイデアが転用できそうである。それに加えて、タクシーが活用できそうである。タクシーサービスも旅行会社が主催で販売すれば、メーター料金とは別の価格が設定できるはずである。公共性の高い鉄道やバスができるのであるから、タクシーができないはずがない。パックの場合、定員を十分に活用すれば、メーター8千円でも、4人乗れば一人2000円で原価計算できることになる。朝に東京を出発して、上越新幹線に乗車し、午前中に新潟に到着し、キオスクやエキナカで買い物をし、タクシーで新潟見物をして、夜東京に新幹線で戻る商品を考えればいいのである。JR東日本新潟支社に是非考えてもらいたいと思う。

JRに限らず、タクシー会社も「ぷらっとたくしー」を考えればいいのである。早朝タクシーAで箱根にゆき、お弁当を食べ温泉につかり、帰りはタクシーBで東京に戻る商品を考えてもよさそうなものである。AとBは同じでも違っても構わないであろう。パック商品ならメーターなどなくてもかまわないのである。JR東海が実施しているのに、どうしてタクシーは実行しないであろう。やってみて工夫をし、進化させればいいとおもうのであるが。全体の需要、収入が増加するのであれば、運転手も協力してくれる可能性があると思のである。

関連記事

no image

「Young Pioneer Tours」について

北朝鮮に旅行中に逮捕され有罪とされた米国人大学生のオットー・ワームビアさんが帰国直後に死亡したニュー

記事を読む

no image

小城鎮建設論

p.82 改革・開放が始まって暫くの間、「小城鎮建設論」 都市と農村の中間地帯=小城鎮を豊かにし、そ

記事を読む

no image

『大阪の宿』水上瀧太郎著 小説 映画

東京のサラリーマンが転勤で大阪の下宿屋に暮らした2年間を描いたもの。小説では大正時代(「大正十四年

記事を読む

no image

『キクとイサム』から昔を思い出す

1959年の映画。小学校の時、学校の映画鑑賞で見た記憶がある。今なら右翼から偏向教育だといわれる可

記事を読む

no image

学生への出題2(外国人観光客と外国人移民の違いをのべ、その違いについての評価を論述せよ)の解答への講評

まず違いの前に共通事項を上げる学生がいた。優秀な学生は「国際的な人流である」「訪問国に経済的な利

記事を読む

no image

用語「物流」と用語「人流」の誕生経緯

平成26年度後期の帝京平成大学の授業で「物流論」を担当しています。偶然私にお鉢が回ってきたのですが、

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

ジャパンナウ観光情報協会9月号原稿 ミャンマー散骨旅行記(2)

ヤンゴンはこれから高度経済成長期を迎える。1970年初めて渡った時の香港に感じが似ていた。宿泊したホ

記事を読む

no image

QUORA 戦前の財閥ってどれくらいお金持ちだったんでしょうか?具体的に分かるように説明していただけませんか?

そのジニ係数は――あえて国際比較を行うと――大土地所有者と彼ら以外の間に大きな所得格差があることに

記事を読む

5月4日、5日 マルタ

〇羽田発 5月3日夜21:44浜松町発のモノレールで国際線ターミナル駅を目指す。9:59着。早めに

記事を読む

PAGE TOP ↑