*

『両忘』

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 個人

12月9日深夜12時55分父がなくなりました。故郷の板谷医院で息を引き取りました。夏に大腸がんが見つかりました。96歳の高齢ゆえ、手術もためらいましたが、腸閉そくの危険性が高く、耐えられる体力もあるということで、手術をしました。かなり大きながんでした。その後、順調に回復し、退院したのですが、やはり、気力もなくなったのでしょうか、寝たきり状態になり、気の毒な事をしたと悔やまれます。

葬儀に際し、父の友人の池端大ニさんが、父のことが記されたブログを持ってきてくれました。中学校からの友人である八田恒二君の書いたもので、心温まる文章でした。
http://blog.livedoor.jp/consuladach/archives/65651511.html

両親を引き合わせた実質上の月下氷人である中島峰子氏から、父の仏前に手紙をいただきました。父が戦後三国に帰郷して、福井までの電車で通勤しているときに、中島氏が長身の父を見かけ、同じく長身の母の相手にどうかと紹介してくれたと聞いています。

寺前信次様のみ前に

戦友(とも)の慰霊に戦後を生きしわが友よ十二月九日真夜にみまかる

わが学友をめとりし君はミャンマーに伴いゆけり終の墓処(はかど)と

みんなみのイラワジ河の川波のさざれ石になり未帰還の戦友(とも)

亡き戦友(とも)の骨に混じりてミャンマーに瞑らむ日々を友は願ひぬ

あかあかと落日に染むミャンマーの戦蹟は濃しイラワジのフォト

夕日影広がる川面の金波銀波呼べるが如し招くが如し

関連記事

記事はありませんでした

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑