*

『両忘』父の死

公開日: : 最終更新日:2023/05/20 随筆など

12月9日深夜12時55分父がなくなりました。故郷の板谷医院で息を引き取りました。夏に大腸がんが見つかりました。96歳の高齢ゆえ、手術もためらいましたが、腸閉そくの危険性が高く、耐えられる体力もあるということで、手術をしました。かなり大きながんでした。その後、順調に回復し、退院したのですが、やはり、気力もなくなったのでしょうか、寝たきり状態になり、気の毒な事をしたと悔やまれます。

葬儀に際し、父の友人の池端大ニさんが、父のことが記されたブログを持ってきてくれました。中学校からの友人である八田恒二君の書いたもので、心温まる文章でした。
http://blog.livedoor.jp/consuladach/archives/65651511.html

両親を引き合わせた実質上の月下氷人である中島峰子氏から、父の仏前に手紙をいただきました。父が戦後三国に帰郷して、福井までの電車で通勤しているときに、中島氏が長身の父を見かけ、同じく長身の母の相手にどうかと紹介してくれたと聞いています。

寺前信次様のみ前に

戦友(とも)の慰霊に戦後を生きしわが友よ十二月九日真夜にみまかる

わが学友をめとりし君はミャンマーに伴いゆけり終の墓処(はかど)と

みんなみのイラワジ河の川波のさざれ石になり未帰還の戦友(とも)

亡き戦友(とも)の骨に混じりてミャンマーに瞑らむ日々を友は願ひぬ

あかあかと落日に染むミャンマーの戦蹟は濃しイラワジのフォト

夕日影広がる川面の金波銀波呼べるが如し招くが如し

関連記事

no image

動画で見る世界人流・観光施策風土記中東編   イスラムのこと 社会総合研究所主催10回セミナー

大江戸博物館の会議室で塩尻和子氏の標記のセミナーがあり参加してみた。大変面白く聞かせていただ

記事を読む

no image

伊勢観光御師の会

昨日恒例の伊勢観光御師の会が開かれた。伊勢志摩サミットの後だけにいろいろな報告があった。2015年は

記事を読む

no image

ホロポーテ―ションとレッド・ツーリズム、ポリティカル・ツーリズム

Holoportationが紹介されていた。動画のアドレスは下記のとおりである。 https://

記事を読む

no image

養老猛の教育論

文芸春秋2015年10月号 子供は、大人が本気で自分のことを見ているのか、敏感に見分けることができ

記事を読む

カンボジアの夕べ

五月1日は誕生日。朝は日本晴れ。 夕刻六本木の全日空ホテルでカンボジアの観光宣伝会があり、誘わ

記事を読む

Google戦略から見るこれからの人流・観光(東京交通新聞2014年6月23日)

『モバイル交通革命』の出版から11年がたちます。スマホに代表されるように『位置情報研究会』での論議以

記事を読む

no image

2016年3月15日 セイシェル観光プロモーション

今日は知人のお誘いを受けて、目黒雅叙園で開催されたセーシェル観光局のプロモーションの催事に参加した。

記事を読む

京都、ビガン、マンダレーと戦禍

京都は千年の古都と称されるが、京都駅に降り立ってもそのイメージはわかない。同じ千年の街と呼ばれるベニ

記事を読む

no image

高齢化社会における祝日「海の日」と連続休暇制度を考える

日本は四方を海に囲まれ、経済的のみならず文化的にも海の恩恵を受けてきた国である。海のおかげで日本独特

記事を読む

観光とタクシー論議 (執筆時 高崎経済大学地域政策学部教授)

最も濃密なCRM(Customer Relationship Management)が可能なはずのタ

記事を読む

PAGE TOP ↑