*

2016年3月15日 セイシェル観光プロモーション

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 随筆など

今日は知人のお誘いを受けて、目黒雅叙園で開催されたセーシェル観光局のプロモーションの催事に参加した。久しく雅叙園には行っていなかったので、綺麗になっていて驚いた。

セイシェルの位置関係は、東アフリカ旅行から戻ったばかりなので、マダガスカルの北ということぐらいは分かっていたが、今回、モーリシャス、モルジブとの位置関係やアラブとの距離感が把握でき、成果があった。アブダビ資本がセイシェル航空に出資し、更には、アブダビのエティハダ航空、ドバイのエミレーツ航空が運行し、いずれドーハのカタール航空も路線を復活するというから、アフリカの国というよりもアラビア半島の先にある国という感じになってしまう。セイシェルと日本の直行便は廃止されて久しいが、今年には北京との直行便が予定されている。

海洋リゾート時代とはいってもゴージャスではあるが、遠距離をかけてまでは、日本人はもう興味を持たないのではないか。ダイビングは近くで出来る。セイシェルのバード・ウォッチングには興味をもったが、他の参加者は関心がないようだ。渡り鳥が羽休めに休憩する島にはとんでもない珍鳥が出現する。舳倉島や粟島がそうだ。欧州とアフリカの間を渡りをする鳥が立ちよるとすれば、狭い島で珍鳥を発見することは簡単である。バードアイランドと名付けられた島を紹介はしていたが、紹介者がそのことを認識していないようではしたかたがない。兎に角、セイシェルでなければというものが少なすぎる。三百年前は無人島で歴史がないから気の毒ではある。
いずれにしろ、日本人にはグアムサイパンの時代は終了した。今は中国人がグアムサイパン直行便で訪れている。セイシェルも欧州の貴族階級か、これから増大するアジア人を対象にした方が効率はいいだろう。特に直行便の出来る中国からはかなり観光客が期待できるだろう。中国は日本と同じで階級社会ではない。ゴージャスなリゾートが中国の観光客であふれると、イメージが変わるのかもしれない。ちなみに今回のプロモーションは中国でも一緒にやったのかと聞いたら、違うようだった。
IMG_5077
IMG_5078

さて、2時半ということで到着したのはいいが、まだ数人ということで、気の毒になった。会場にいる責任者から頼まれ、最前列に座って欲しいということで、二人で座っていたら、段々人が増えてきた。知人の話では、こういう時の為、動員をかける組織があるとか。しかし混んできたのか、今度は総領事が座るため、席を譲ってほしいと会場の責任者からたのまれた。言われるがまま移動。ゲストよりホストを重視。プロモーションの趣旨がわかっていないようだった。

現地人によるプロモーション説明は英語。通訳は事前に渡された原稿を読み上げるだけだから、インパクトがうすい。画面の説明だけなら、ビデオで十分。往復の時間がかかるから、まのびしてしまっている。外国でのプロモーションの難しさだろう。プレゼンターのうち、女性二人は日本が初めてのようで、いろんな意味で慣れていない感じであった。しかし、彼女たちは日本が初めてということであり、本物のお寿司を食べたといって喜んでいたから、訪日観光には寄与していた。プロモーションが終了したのは6時、主催者も自覚していたのか、質疑応答の時間は省略されてしまった。遅くなってしまったので、エティハダ航空のセーシェル行き航空券の抽選会に出れず残念であった。

関連記事

no image

ホロポーテ―ションとレッド・ツーリズム、ポリティカル・ツーリズム

Holoportationが紹介されていた。動画のアドレスは下記のとおりである。 https://

記事を読む

no image

中国が冷静なことに関する二題

偶然二編の論文を読み、日本のマスコミでは認識できない記述を見つけた。 嫌中ムードを煽り立てる記事が

記事を読む

no image

高齢化社会における祝日「海の日」と連続休暇制度を考える

日本は四方を海に囲まれ、経済的のみならず文化的にも海の恩恵を受けてきた国である。海のおかげで日本独特

記事を読む

京都、ビガン、マンダレーと戦禍

京都は千年の古都と称されるが、京都駅に降り立ってもそのイメージはわかない。同じ千年の街と呼ばれるベニ

記事を読む

Google戦略から見るこれからの人流・観光(東京交通新聞2014年6月23日)

『モバイル交通革命』の出版から11年がたちます。スマホに代表されるように『位置情報研究会』での論議以

記事を読む

no image

イスラムのこと 社会総合研究所主催10回セミナーに参加して

大江戸博物館の会議室で塩尻和子氏の標記のセミナーがあり参加してみた。 講演そのものは講師にはもうし

記事を読む

no image

2016年3月6日7日熊本県人吉市での肥後交通・オフサイトミーティング参加の旅

システムオリジン、チームネクストの仕事で、肥後交通が毎年実施している従業員のための研究会を視察する機

記事を読む

観光とタクシー論議 (執筆時 高崎経済大学地域政策学部教授)

最も濃密なCRM(Customer Relationship Management)が可能なはずのタ

記事を読む

no image

養老猛の教育論

文芸春秋2015年10月号 子供は、大人が本気で自分のことを見ているのか、敏感に見分けることができ

記事を読む

no image
『大韓民国の物語』李榮薫

韓国の歴史において民族という集団意識が生じるのは二十世紀に入った日

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

→もっと見る

PAGE TOP ↑