*

本山美彦著『人工知能と21世紀の資本主義』を読んで + 人流アプリCONCURの登場

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 人流・観光政策への評論

第6章(pp149-151)にナチスとイスラエルのことが記述されていた。ヤコブ・ラブキンの講演を基に作られている。その中に、イスラエル初代大統領ワイツマンへの言及がある。毒ガス発明のワイツマンは英国に毒ガス使用を認めるかわりにバルフォア宣言をださせて、パレスチナに建国を認めさせたとある。そこまでは理解できた。ワイツマンはヒトラー政権の誕生に祝福を送ったとあるのも、当時なら理解できた。ナチスとの取引の結果、30年代のパレスチナにはドイツ製品があふれていたそうだ。ドイツユダヤ人の財産はドイツ製品と引き換えなら持ち出し可能、キブツへの入植当初から監視塔と防壁が築かれ、アラブ人労働者が排除。ナチス高官はキブツに招待され、ナチス政権による移民前農業研まで実施されていたそうだ。そういう時期もあったのである。

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/tokyo-ias/nihu/meeting/2012/20130117/index.htm

さて本題である。

注文した際に作り出されるデータは「フロントエンド」個人が入力したあらゆるデータを記録し分析類型化したものが「バックエンド」である(尾行など不要の人流情報はバックエンドとして価値がある)。米国国家安全保障局(NSA)はこの巨大なバックエンドを入手できる。幾たびかの改正により外国情報監視法(FISA)では令状なしの盗聴に協力した通信会社に対する遡及的免責が認められているからである。しかも事前に埋め込まれたばバックドアから情報を入手できるのである。
 まだ霞が関に勤務していたころ、米国に関西空港の入札に米国企業を入れろと迫られたことがある。航空局の経理担当課長だったので覚えているが、嘘か真か、航空局の電話はアメリカに盗聴されているといううわさが流れていた。そんなものだろうなとは思っていたが、ネット社会ではもっと効率的になっているのであろう。戦後7年間の米軍占領下では郵便物の監視が行われていたことは江藤淳「閉ざされた言論空間」に詳しい。鳩山元総理のことを単純に悪く言うネット右翼族もこの本を読むといいと思う。

 これに対して、スノードンが起こしたのがいわゆる「スノードンショック」である。2013年6月、エドワード・スノーデンが行った内部告発により、アメリカが装う「民主国家」の偽善の仮面が見事に剥ぎ取られ、アメリカという国家が、個人のすべての情報を収集する人権無視の抑圧国家であることが世界中に曝露されたのである。安易に私的アドレスのメールを使用したクリントン候補者への評価もこのことを勘案すれば、大統領候補者としては女性蔑視発言問題よりも深刻なのであろう。だからと言ってすべてを肯定・否定するつもりはないが。ロシアも中国もやっていることである。日本のマスコミは中国ロシアには厳しいが、もとをただせばアメリカに対する自衛手段でもあろう。ビッグデータダムを中国は作るのも当然であろう。Googleもuberも中国から撤退である。世界の人口の2割は中国国籍なのだから、日本と違い、Googleがなくても構わないのである。

 スノードンは、IT関係者が持て囃す「ビッグデータ」の暗黒部を暴き出したとも言える。NSAが収集しているデータの種類は、電話やメール、SNSなど現代社会のあらゆる通信手段に及ぶ。監視対象は、大義名分とする「テロ活動関係者と疑われるターゲット」だけではない。これらの人々と接触した一般市民はもちろん、同盟国の首脳クラスも対象だというのだから驚く。監視対象とされたヨーロッパ各国の首脳たちがアメリカに強く抗議したのも当然である。
 私はモバイル交通革命で楽観的に人流社会の夢を描いた。インフルトレンドに代表されるいわゆる「ビッグデータの罠」はいつでも発生する。本書で引用されているコダック社の開発は早すぎる悲劇を描いている。
 
 スマホが普及すると、スマホ情報で人流がある程度左右できる。そのことに気が付いたのも結局日本人ではない。蓮舫さんは全く評価しないが、最初でなければ意味がないのである。流石、日本タクシー、ぐるなびは声をかけてもらっておるようである。このページを見るといいと思う。
https://www.concur.co.jp/
動画もあるが削除されてしまった。https://youtu.be/rzf08Xv4j4o
これも最後は決済システムは支配するかもしれない。
人流アプリで考えれば、このCONCURが考えているようにタクシーのレベルではなく、航空、鉄道はもとより、レストラン、ホテル、駐車場、ドライバー派遣、レンタカー等も親指一つで手配ができ、決済も済ませられるようになるのである。いま日本はインバウンドに浮かれているが、アプリの普及は本質的にアウトバウンドの力である。世界各地のHOP ON&OFFのバスで日本語イヤホーンが使えるのは、日本人海外旅行者の数の力であった。スマホアプリはこのHOP ON&OFFのバスのイヤホーンに相当するものであるから、インバウンドの増大により、海外アプリの支配下に日本の観光産業が繰り込まれるのである。

しかし、いずれCONCURも、Googleが一蹴してしまうであろう。私が自分で海外旅行をみずから手配していると、最後はGoogleを活用しているのである。ここに、決済機能が加われば、他には目が向かないであろう。
ビットコインは日本では、マウントゴックス事件で有名になった。しかし、今使用できるUber、Airbnbのみならず、いずれ英国ヴァージンアトランティック航空やエクスペディアまでビットコインが使えるようになると言われている。海外旅行に出かけるときは、為替レートを気にせずに支払うことのできるビットコインのほうが、黒田バズーカに左右されどうなるかわからない為替レートより安心できるかもしれないからである。本書は、珍しく、このアナーキーなシステムを評価するが、観光は本質的にアナーキーなのである。
 なお、2009年創業のUberは2015年6月5日時点の時価評価額412兆ドルと、JR東2015年時価総額4.5兆円400億ドル弱を上回ることをあげている。その通りであり、どこか不思議である。小池知事とUberに共通する不思議である。

関連記事

no image

ホロポーテ―ションとレッド・ツーリズム、ポリティカル・ツーリズム

Holoportationが紹介されていた。動画のアドレスは下記のとおりである。 https://

記事を読む

no image

伊勢うどん

毎日新聞2016年7月11日 三重県伊勢市の人気うどん店「ちとせ」を訪れ、関係者と記念撮影す

記事を読む

no image

観光フィールド大学加賀市丸ごとキャンパス参加の東京大学女子学生からの提言

父親の49日のため故郷に帰省した。久しぶりに、父親の「両忘」を取りに自宅に立ち寄ったところ、市長時代

記事を読む

no image

◎『バブル』永野健二著

GHQの直接金融主体の経済改革からすると、証券市場と証券会社の育成が不可欠であるにもかかわ

記事を読む

no image

「観光をめぐる地殻変動」-観光立国政策と観光学ー石森秀三 を読んで

学士會会報2016年ⅳに石森秀三氏の表題記事が出ていた。論調はいつものとおりであり驚かなかったが、感

記事を読む

no image

国立国会図書館国土交通課福山潤三著「観光立国実現への取り組み ―観光基本法の改正と政策動向を中心に―」調査と情報554号 2006.11.30.

加太氏の著作を読むついでに、観光立国基本法の制定経緯についての国会の資料を久しぶりに読んだ。 そこ

記事を読む

no image

北陸新幹線金沢暫定開業雑感

 人口減少が予測される石川県では、北陸新幹線金沢暫定開業により観光客が急増しブームに沸いているが、こ

記事を読む

no image

WEDGE2016年3月23日 中国民泊の記事を読んで 

日本市場に吹き荒れる「中国民泊」旋風 http://wedge.ismedia.jp/article

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

規制改革会議 無償運送、謝礼に関心 東京交通新聞2017年3月27日

標記の記事が東京交通新聞に出ていた。 規制改革会議が、3月23日現行の基準を緩和できるかヒアリング

記事を読む

保護中: 岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電』

書評1第二次世界大戦のことを勉強してもここまでたどり着く人たちはなか

no image
QUORA 香港国家安全法制は怖くない

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのJohn Chiuさん

no image
保護中: UORA 不平等条約答えは長州藩と明治政府のせいです。今回に限って言えば、長州藩と明治政府が不平等になるように改悪した原因なのです。

日本人があまり知らない、日本の歴史といえば何

no image
保護中: QUORA 世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか?

世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか? そもそ

no image
保護中: QUORA 伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如何でしょうか?

伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如

→もっと見る

PAGE TOP ↑