*

ニューヨーク市長のタクシー政策 ~チームネクスト合宿 in New York  に備えて~

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 配車アプリ

For-Hire Vehicle Transportation Study January, 2016」というレポートが市長室から発表されている。当該レポートは、市内の交通混雑回避のためには、E-DISPATCH” SERVICES の活用が必須との認識に立っている。データも含めて何時でもFACTBOOOKもネットで閲覧できる。やはり市長がタクシーの免許権等交通政策の権限を保有するからであろう。東京都や国土交通省のHPと比較してみるとよい。関係協会のHPも同様である。論より証拠である。

http://www1.nyc.gov/assets/operations/downloads/pdf/For-Hire-Vehicle-Transportation-Study.pdf for-Hire Vehicle Transportation Study January, 2016
http://www.nyc.gov/html/tlc/html/about/factbook.shtml factbook2016

まず、市内の交通は下記のとおりである。
ニューヨーク交通事情fhv-1

タクシーの利用状況の季節変化や一日のスピードの変化もわかる。
CMor4WMUwAA7aDV
NY-DR463_NYTAXI_9U_20150723170028
Taxi-graphs-final-03-1200
交通混雑の解消が重要政策となっており、スマホアプリの導入にも熱心である。
ダウンロード

黄色のYellowcabは流し(street hall)中心にスマホ配車への参画も位置づけられている。緑のグリーンキャブはスマホ配車(e-dispatch)や在来型の電話、無線による車庫待ちに加えて、流し営業(ボロータクシーとしてマンハッタン以外を営業区域とする)も位置づけられている。黒色と灰色はPre-arrenged(流しではなく、事前予約)に位置付けられている。黒のブラックタクシーは企業等専用の高運賃営業から普通のスマホ配車営業まで位置づけられている。UBER、Lyftはここに位置付けられている。灰色のliveryは、低運賃の乗合運送も行う準公共営業に位置付けられている。
このニューヨーク市の作成した表の中に「In NYC, Uber and Lyft are categorized as black cars, not as a separate category」と記述(画面には出ていない)されているように、Uber、LyftはFHVのブラックカー扱いとなっていることは重要であろう。合法と認められているのである。

Yellowcabのメダリオン(免許権)の取引価格が1億円を超えていることがわかる。
ニューヨークのタクシー権販売価格変化

全米各地のタクシー免許権の価格変化

全米各地のタクシー免許権の価格変化を見ると、伸び率ではフィラデルフィア等の他の都市がうわまわっている。この辺りの事情はタクシー台数が過剰(東京都は5万台)と認識されているに日本と大きく異なるところであり、Uberが歓迎される理由の一つである。

ニューヨーク市はそこで過去にイェローキャブーの乗車地点の調査を行っている。黄色く光っているところが乗車地点である。ほとんどマンハッタンである。従って周辺地区(ボローと呼ばれている)の住民の不満が大きかったのである。そこで2011年18000台のグリーンキャブと2000台の車いす対応タクシーの導入を決定した。
boroタクシーエリアimages

images (1)

factbook等にはタクシー事情が分かる資料が掲載されている。運転手の収入も出ている。tlc_rep_driver_incomeearnings2
Uberの資料との比較もできる。

Uber等の位置づけ
ロンドンと同じくニューヨークでもタクシーとは流し営業を行うものを言う。ロンドンでは個人タクシー形態が多いブラックキャブがタクシーであるが、ニューヨークではタクシーはイェローキャブと呼ばれている。これに対して流しを行わないもの(Prearranged Service)は料金が先決めである。ロンドンではPHVと呼ばれ自家用車扱いであるが、ニューヨークではFHVと呼ばれており、自家用扱いではない。

For-Hire Vehicles (FHVs) provide prearranged service through TLC-licensed bases, allowing passengers to contact companies that have networks of licensed drivers and vehicles that can pick them up. There are three classes of FHV service in New York City: Community Cars (aka Liveries), Black Cars, and Luxury Limousines. All for-hire service must be arranged through a TLC-licensed base or a TLC-licensed Dispatch Service Provider (DSP) working with a licensed base, and performed by TLC-licensed drivers in TLC-licensed vehicles. Information about the current TLC-licensed bases can be found in the appropriate link below.

2015年末の数字
運転手免許は全部で148,168件 うち Medallion Drivers が55,390 For-Hire Vehicle Drivers が 90,284 paratransit Drivers(相乗りが認められる準公共のもの、身障者設備つき?)が2,206、Commuter Van Driversが288件である。
車の免許数は全部で89,686件うちStreet Hail Service 用は、Medallion Taxis 13,587 standby Vehicles 112 Street Hail Liveries (SHLs 流しができるグリーンキャブのこと?) 7,676(グリーンキャブ) である。Prearranged Service用は、For-Hire Vehicles (non-SHL 流しができない) 66,604Black Car 38,791、Livery 21,932、Luxury Limousine 5,881 、Paratransit Vehicles (non-SHL 流しができない) 1,123 、Commuter Vans 584 となっている。

Why do Uber, Lyft operate in NYC?
The companies have struck an agreement with the New York City’s Taxi & Limousine Commission that allows them to operate in that jurisdiction as for-hire cars. It’s not exactly ridesharing – but it does allow Uber and Lyft to legally provide rides within New York City.

Liveries (also known as Car Services or Community Cars) Provide for-hire service by pre-arrangement.  Around 500 base stations located throughout the five boroughs.  About 25,000 vehicles Vehicles must be affiliated with a base.  Average age of vehicles is about 7 years.
Passengers: about 500,000 per day
Fare: set by base and varies by neighborhood Regulations Trip must be prearranged via bases Street hailing not permitted.  Wide variety of vehicle types (TLC inspection once every 2 years) Open entry Black Cars Provide service mostly for corporate clients, setting fares by contracts with clients.  Around 80 base stations located throughout the five boroughs.  About 10,000 vehicles Vehicles must be affiliated with a base.  Average age of vehicles is about 5.5 years. 
Regulations
Prearranged contracted service, 90% non-cash basis.  Wide variety of vehicle types (TLC inspection once every 2 years).  Open entry Other Industries Paratransit Provide transportation for healthcare facilites About 2,000 vehicles Over 200 paratransit providers Luxury Limousines Provide chartered service About 7,000 vehicles Over 200 companies Commuter Vans Provide service for passengers along fixed routes About 500 vehicles Around 50 van authorizations

付録
ニューヨーク交通員会の法令の定義をメモ代わりに残しておく(自分のため)。定義が必要ということは、それだけ意味が重要ということで、ニューヨークの配車アプリや運転日報的なデータ収集にもテクノロジーが入っているといことである。メダリオンの売買関係の用語も整備されている点が面白い。

The Commission will issue licenses and adopt and enforce rules regulating the business and industry of the following for-hire transportation services in the City:
(a) Medallion Taxicab Service
(b) For-Hire Vehicle Service (including Livery, Black Car and Luxury Limousine services)
(c) Paratransit Service
(d) Commuter Van Service

Accessible taxicab. An “accessible taxicab” is a taxicab that complies with section 3-03.2 of this title.
A “medallion” is a plate issued by the Commission as the physical evidence of a taxicab license, and affixed to the outside of such taxicab.
The “MTA Tax” is the 50-cent tax on taxicab trips that is imposed by article 29-A of the New York State Tax Law.
A “taxicab” is a motor vehicle licensed by the Commission to carry passengers for hire, designed to carry a maximum of five (5) passengers, and authorized to accept hails from prospective passengers in the street. As used in these rules the term taxicab also includes the license issued by the Commission to operate the motor vehicle as a taxicab.
A “taxicab driver’s license” is the authority granted by the Commission to an individual to drive a taxicab in the City of New York. Taxicab license.
A “taxicab license” is the authority granted by the Commission to an owner to operate a designated vehicle as a taxicab in the City of New York.
A “taxicab technology service provider” is a vendor who has contracted with the Commission to install and maintain the taxicab technology system in taxicabs.
The “taxicab technology system” is hardware and software that provides the following four core services (collectively “four core services”): (i) allows credit, debit and prepaid card payment required by section 3-03(e)(7) of this title, (ii) text messaging required by section 3-03(e)(8) of this title, (iii) trip data collection and transmission required by section 3-06 of this title, and (iv) data transmission with the passenger information monitor required by section 3-07 of this title.
A “taximeter” is an instrument or device approved by the Commission by which the charge to a passenger for hire of a licensed taxicab is automatically calculated and on which such charge is plainly indicated.
A “passenger” is any individual seated in a taxicab for travel for hire to a given destination.
The “market value” in reference to the transfer of a taxicab medallion shall mean the consideration for the transfer unless the transfer is for less than fair market value, in which case the “market value” shall be the fair market value of the medallion being transferred.
An “independent taxicab owner” is an individual, partnership, limited liability company or corporation owning only one medallion taxicab in the City of New York.
A “Licensed vehicle” is a medallion taxicab authorized by the Commission to accept passengers for hire.
A long-term driver is a licensed taxi driver who meets all of the following conditions: The driver must be: (1) A steady driver, who drives the taxicab at the rate of at least 160 hours per month; and (2) A named driver, who is named on the rate card pursuant to Rules 1-47 and 1-48; and (3) Either an owner of the medallion (including a shareholder in a corporation owning the medallion) or a lessee of the medallion pursuant to a lease with a term of no less than five months; and (4) A long-term driver on no more than one taxicab.

関連記事

no image

実運送と旅行業の関係(交通労連ハイタク・2018年交通運輸政策全国討論集会に関するタクシージャパンの記事)

実運送と旅行業の関係は、関係者の関心が高いが、正確な理解に欠けている分野であり、私の博士論文の主要テ

記事を読む

no image

タクシー事業者の自家用有償運送に関して

前にもブログで、ライドシェアが社会問題化しつつあるが、健康食品と医薬品の関係に似た議論であることを記

記事を読む

New 3PHL(Third party human logistics)  Transport app Moovit has arrived in Australia(http://mashable.com/2015/03/30/transport-app-moovit-australia/#:eyJzIjoiZiIsImkiOiJfeW80dTUya2M5cGVmdG95dSJ9)

ロンドンではタクシーの配車アプリを調査して、つくづく3PHL(サードパーティ人流)の時代が来ていると

記事を読む

Google日本とBRIDJセミナー

1月28日Google日本の陣内裕樹氏に面談させてもらい、六本木ヒルズのオフィスを見せていただきまし

記事を読む

規制改革会議 無償運送、謝礼に関心 東京交通新聞2017年3月27日

標記の記事が東京交通新聞に出ていた。 規制改革会議が、3月23日現行の基準を緩和できるかヒアリング

記事を読む

no image

ヘルシンキのシェアリングエコノミー・サービス「Whim」

ヘルシンキのWhimがNewspicksで取り上げられて、好意的なコメントが多かった http:/

記事を読む

ロンドン配車アプリ調査③ hailoの見学

    本社はサマセットハウスの一般オフィスの中にあり、IT

記事を読む

no image

韓国、台湾、香港等 運転手付きレンタカー制度の活躍 旅宅便(日本)は運行管理形式

済州島に行く機会があり、した調べをしているうち、運転手付きレンタカー制度が韓国には存在することに気が

記事を読む

ロンドン配車アプリ調査② 前提となる予備知識とロンドンの配車アプリビジネス事情

○日本との違い ロンドンのタクシー制度は日本と根本的に2点異なることを理解しておく必要がある。

記事を読む

November 3, 2016   Survey report No.3 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

   We visited the New York City Tourism Board.

記事を読む

no image
動画で見る世界人流・観光施策講義最終回(開志専門職大学事業創造学部)2023年1月23日 

◎『観光』とは何か 日常生活圏を離れて「非日常」体験を行うこと(日常

『戦後経済史は嘘ばかり』高橋洋一

城山三郎の著作「官僚たちの夏」に代表される高度経済成長期の通産

no image
動画で見る世界人流観光施策講義 退職理由

https://youtu.be/d4sXc3MH3ag

no image
動画で見る人流観光講義  旅行

https://youtu.be/7H4F1DFHKgI

no image
動画でみる世界人流・観光施策風土記 中東イスラム編 イラク

◎イラク戦争 https://youtu.be/s-W7sv

→もっと見る

PAGE TOP ↑