*

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 海外旅行感想, 海外観光

21th August

It was decided to try to reindeer meat. Buy five thousand yen per person when you split the bill one head with five people. Young male becomes edible. Females need to milk collection and childbirth. The male adult is for transportation.

トナカイの解体

○トナカイの解体

トナカイの解体2
○トナカイの解体2

Processing of internal organs is a woman of work.
内蔵の処理

The children had to help.As flies do not lay eggs, fume meat in horse dung.
肉の乾燥

Is the same as the dismantling of the tuna, and to edible the very best.Boiled helmet of tuna, the eye of tuna,it is also the same that come in handy for.

Tsaatan is, in Mongolian, a sense that the people who keep the reindeer. It’s able to contribute with a basic level of Tuvan language of the Russian Federation Tuva Republic. It is a Tuvan group and the same system. The Stalin era, is suspected of relations with Japan, a lot of people became victims of the purges. How do call themselves in Tsaatan words, we’ve missed hear. If all goes era would begin to say funny is being expressed in ethnic Mongolian.

In the past, they are, while moving in the woods take the reindeer, had a collection hunting life.In the mid-20th century, it came to live in reindeer dairy products. And, during the winter, it was varied to eat a little bit of reindeer meat.Therefore, reindeer life, surprisingly, is the new tourism resources.
Rather, Japanese food is also so, tourism resources is located in the modern extension, is the new ones often.
In recent years, fake TSaatan exists in Hovsgol Lake west coast, trouble with tourists has occurred.

関連記事

満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

動画 https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8Za

記事を読む

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(1)

◎はじめに 観光学を研究するものとして、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)にも一度行って

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

綏芬河の鉄道関連歴史的建造物群

綏芬河は2013年の数字で一人当たりのGDPが2万ドル。 豊かな町であるが、英語が全く通じない。

記事を読む

no image

2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF1QipPJvCI1yzQNl

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

167 Belize ベリーズ

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリ

no image
168-2 São Paulo サンパウロ 

Cardim Plaza Hotel (カーディム プラザ

170 Guyane Française パラマリボから日帰りで仏領ギニアのサンローランデュマローニへ

https://4travel.jp/travelogu

169 Republiek Suriname スリナム

Hotel Palacio (ホテル パラシオ) https://w

→もっと見る

PAGE TOP ↑