*

ジャパンナウ第百号原稿 中国を中心とした観光社会の予感

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 ジャパンナウ観光情報協会

 

ジャパンナウ観光情報協会の情報誌も今回で百号になります。私も「NPOから提言します」を発足時から書かせていただき、その間に立教大学から、観光概念から人流概念への変化をテーマにした観光学博士の学位を頂きました。情報誌発足時には日本観光協会にいて、韓国、台湾、香港等のビザを廃止すべきと主張していましたが、現在では中国本土の観光数次ビザが認められるまで変化しました。お隣韓国では、人口五十万人の済州島へのビザを廃止した結果、二百万人を超える中国人観光客が小さな島を訪問しているようですからビザの廃止は影響大です。

中国人観光客の影響は巨大です。昨年の中国人海外旅行者は一億人を超え、世界の一割を占める最大の市場となりました。四年後には四億人を超えると予想されていますから、地理的に近い日本の観光業界のこれからは、中国人観光客の動向に一喜一憂されるでしょう。歴史認識問題などはその現実の前に吹っ飛んでしまうかもしれません。

BBCはアメリカ合衆国に押し寄せるマタニティー・ツーリズムを報道していました。わが子にアメリカ国籍取得の選択肢を得させるため、出産間近の中国人妊婦が大量に訪米しているようです。外国人労働者問題一つとっても物事が進まない日本と比べて、中国人のたくましさを感じさせられる出来事です。しかし、大陸横断鉄道を完成させた中国人労働者に対して、そのあと移民排斥運動が巻き上がったアメリカの民衆の歴史もあります。移民を制限する欧米中心の制度が出来上がりましたから、六千万人を超えるアジア人移民は国籍がとれませんでした。

千三百年前、古事記を文字化した日本列島には、中国語のできるバイリンガルが数多くいたわけで、そのDNAは我々の体の中に多く残っています。百五十年前までは公文書は中国語(漢文)でした。2020年東京オリンピックを契機に、日本の社会も観光を超えて、再び中国との活発な人流社会に変わることでしょう。

関連記事

no image

ジャパンナウ観光情報協会7月号 ミャンマー散骨旅行記(1)

九十六歳の父親がイラワジ川散骨を希望して旅立った。子供の頃モールメンライターやシャン族の話を聞かされ

記事を読む

no image

ジャパンナウ観光情報協会原稿2016年5月号 月極定額乗り放題サービス

月極定額乗り放題制は、携帯電話やプロバイダーが月極定額で使い放題なら、飛行機の代金も月払いにして

記事を読む

no image

ジャパンナウ観光情報協会2016年3月号原稿 スマホで海外旅行の未来

二月中旬に中東・東アフリカを駆け足で旅行した。ネットで予約から決済まで行った。スマホに搭乗の注意喚起

記事を読む

no image

用語「観光」誕生物語 朝日新聞記事データベース「聞蔵」に見る昭和のクールジャパン報道分析

2014年10月10日にジャパンナウ観光情報教会観光立国セミナーで行った講演の議事録です。HPには使

記事を読む

「衣食足りて礼節」をあらためて知る(2014年5月)

クールJapan戦略のため日本社会のCOOLな部分が取り上げられる機会が多くなりました。中国製品との

記事を読む

no image

台湾のこと

台湾協会の理事高寛氏の話を聞いた。元三井物産台湾支店長を務めた方である。若い頃、中国語を教えてもらっ

記事を読む

位置情報革命が生み出す黒船Uberと自動運転車 (ジャパンナウ観光情報協会2014年1月)

GPS、スマートフォンの登場により位置情報の手軽な把握が可能となった。ネット検索最大手のGOOGLE

記事を読む

no image
電力、情報、金融の融合

「ブロックチェーンとエネルギーの将来」阿部力也 公研2019No67

no image
2019年9月11日 清華大学やDiDiで考えさせられた無人運転車

筆者の参加しているタクシー事業者等の研究グループ(チームネクスト)

no image
保護中: 10月15日新嘉坡

DRWMI804SIN1:30SQ52044:45SINMI484M

no image
2019年9月12日朝 盧溝橋へ

https://photos.google.com/shar

no image
2019年9月11日 午後新幹線で天津

精華大を後にして、地下鉄4号線で北京南まで行く。神戸のタクシー経営者

→もっと見る

PAGE TOP ↑