*

伝統は後で作られる例①

日本のサンクチュアリシリーズ 484宮内庁書陵部

皇居の庁舎で天皇・皇族の戸籍簿「皇統譜」や文書類を管理する図書課が約四十人。『昭和天皇実録』を作成した編修課は天皇・皇族の実録や皇室制度研究を担当する約二十人のスタッフだ。陵墓課が「万世一系」の史跡というハード面の守り人集団とすれば、図書課と編修課は「万世一系」の歴史記録というソフト面の守り人集団とも言える。ただ、戦後は皇国史観のタブーから解放された学界・論壇から天皇陵被葬者の治定の大半に疑義が呈され、初代神武天皇や「欠史八代」など古代天皇の多くは神話上の存在で実在しないとされ、専門家集団として苦しい立場に立たされる。なかでも編修課は大学院で史学を修めた研究員を主体とする頭脳集団。実録作成や元号・宮号の選考や制度調査にも関わり、新たな「歴史」を織り出す職務だけに、学者の良心と皇室に仕える行政官の良心とに悩むヤーヌス(両面神)的存在だ。

もともと十人ほどの定員で古代・中世史専門が多かったが、『明治天皇紀』を上回る空前の大事業『昭和天皇実録』のため近代史専門の若手を順次加え、最終的には常勤十三名が執筆し非常勤七名がチェックにあたる体制となった。平成二(一九九〇)年から二十年計画でスタート。課員を年代別に四班に分けて史料収集にかかり、公文書館、全都道府県はもちろん米国、欧州などにも出張。昭和天皇の戦争、敗戦・占領、戦後平和と歩んだ激動の生涯に関する史料は予想以上に膨大で、何台も冷蔵庫を買い足して保管した。従来は原本史料は全て書写していたのを初めてパソコン作業に〝近代化〟したが、完成は何度も延期され、平成二十六年八月二十一日、ようやく現天皇への奉呈にこぎつけた。

『お土産と鉄道』鈴木勇一 講談社

○ 岡山の吉備団子

加原奈穂子 きび団子 日清戦争の兵隊を山陽鉄道で輸送 広栄堂 お土産に吉備団子 桃太郎伝説に結びつく

石ころが物語を持つとお土産に変身 橋本和也

○アイヌの熊の木彫り

『お土産と鉄道』

十勝地方を変えてゆく大きなきっかけは国立公園の指定

お土産開発もその中で生まれた

尾張徳川家当主徳川義親が、大正10年にスイスを訪れた際に、現在にいうぺザントアートとして木彫りの熊が売られていたことを目にした、徳川農場で農閑期の産業にすることを思いついた

 

アイヌの伝統工芸というイメージが強い木彫りの熊

形ある生物を具象化することは、アイヌの伝統的な習慣からは外れている、極めて近代的な感覚でつくりだされたもの

● 中国「野味」レストラン

●実験データの改ざん ニュートンも妥当な範囲をはるかに超えたものであるデータ改ざんをプリンキピアの中で 行っていることが後世の研究で明らかにされているが、結局大自然の法則をつかんでいたので、些細な瑕疵として忘れ去ってもよい

ガリレオの落体運動の法則の実験も同じ

Pearls Before Breakfast (朝食前の真珠) 2007年1月12日にジョシュアベルは、ワシントンポストが企画したちょっとした実験に参加しました。公表されたのは、4月8日です。http://nisinokaze.web.fc2.com/07x4x8pearlsbej.htm

 

関連記事

no image

2015年7月12日・日曜日の新聞(脳のこと)

当日は朝日にも読売にも脳に関する記事が掲載されていた。読売は『意識はいつ生まれるか』マルチェッロ・マ

記事を読む

no image

観光学が収斂してゆくと思われる脳科学の動向(メモ)

◎ 観光学が対象としなければならない「感情」、「意識」とは何か ①評価をする「意識」とは何か

記事を読む

和食を考える 『漁業という日本の問題』勝川俊雄を読んで

マスコミによってつくられた常識は、一度は疑ってかかる必要があるということを感じていますが、「日本人は

記事を読む

no image

観光と人流ビッグデータとウェアラブルに関する意見交換会

2015年2月17日14時から一般社団法人日本情報経済社会推進協会/gコンテンツ流通推進協議会におい

記事を読む

no image

『仕事の中の曖昧な不安』玄田有史著 2001年発行

書評ではなく、経歴に関心がいってしまった。学習院大学教授から東京大学社研准教授に就任とあることに目

記事を読む

タクシー運転手の労働条件 『タクシーほど気楽な商売はない』を読んで

  「タクシ運転手」という職業は一般によく知られていますし、テレビドラマ等でもよく登

記事を読む

no image

千相哲氏の「聞蔵Ⅱ」を活用した論文

「「観光」概念の変容と現代的解釈」という論文を偶然発見した。 http://repository.

記事を読む

観光資源論と 観光学全集「観光行動論」を考える  ベニスのクルーズ船反対運動への感想と併せて

現在「観光資源論の再構築と観光学研究の将来」と題した小論文をまとめているが、観光資源(正確には観光対

記事を読む

no image

『佐藤優さん、本当に神は存在するのですか?』メモ

竹内久美子×佐藤優 著 文芸春秋 本当に対談で語られたことなのか、発行済みの著作物をもとに編集部が

記事を読む

no image

『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』川添愛著

ディプラーニングを理解しようと読んでみた。 イタチとロボットの会話は全部飛ばして、解説部分だけ読め

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑