*

町田一平氏の私の論文に対する引用への、厳しい意見

公開日: : 最終更新日:2023/05/21 観光学評論等

町田一平氏がシェリングエコノミーに関して論文を出している

https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/19632/1/shogakuronso_100_2_49.pdf

その中で「交通分野全般におけるシェアリング・エコノミー活動の研究について,寺前(2016)は シェアリング・エコノミーの論議の方向性,複数の輸送モード及び関連施設の利用や複数の海外 事例,今後の方向性を検討した。しかし,交通分野におけるシェアリング・エコノミー活動の範 疇やその定義付けには触れていない。 」と記述しているが、肝心の内容について触れていないので、メールを出しておいた。同業者なので、遠慮なく書かせていただいた。以下紹介する。

町田一平殿

偶然インターネット検索で、貴殿が私の論文を引用していることを発見し、
その私の論文に関して言及されている点につき、議論が不足している点を指摘しておき
ます。

「交通分野全般におけるシェアリング・エコノミー活動の研究について,寺前(2016)
は
シェアリング・エコノミーの論議の方向性,複数の輸送モード及び関連施設の利用や複
数の海外
事例,今後の方向性を検討した。しかし,交通分野におけるシェアリング・エコノミー
活動の範
疇やその定義付けには触れていない。」
とありますが、おかしな指摘です。

法的な概念については、あらゆる機会にこれまで触れていますが、
乗合と貸切しかありません。きわめて単純で議論以前です。
両者が相対化していることは2000年ころに出した「モバイル交通革命」でも触れていま
すので、
お読みください。

物流に関して、貸切と混載について「経済構造改革と物流」でも触れています。
貴殿が在職した日通総研が出版していますよ。
次に、定義に関する話題が、交通でも、物流、観光でも出てきて、目あたらしさもあっ
て横文字を使用することがあります。
物流などは、私が運輸省にいたころに、その言葉の使用をめぐって関係省庁間でも争い
があったくらいです。

概念は、それを必要とする社会的背景があります。次にその概念を表す字句が生まれる
のですが、
既存の字句が使用されることもあります。
概念「観光」と字句「観光」の遭遇という論文の発表していますから、参考にしてくだ
さい。

シェアリングなどという生煮えの言葉は、概念自体まだそこまでいていないのですから
、
指摘されるような段階ではないでしょう。
私の論文を引用するなら、そこで記述した本質的なことを紹介しておいてください。
きちんと読んでいただいていないのではと思いたくなります。

宜しく願います。

関連記事

角本良平著『高速化時代の終わり』を読んで

久しぶりに金沢出身の国鉄・運輸省OBの角本良平氏の『高速化時代の終わり』を読んでみた。本を整理してい

記事を読む

no image

観光と人流ビッグデータとウェアラブルに関する意見交換会

2015年2月17日14時から一般社団法人日本情報経済社会推進協会/gコンテンツ流通推進協議会におい

記事を読む

no image

『コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から 』西原智昭 現代書館 

西原智昭氏の著書を読んだ。氏の経歴のHP http://www.arsvi.com/w/nt10.h

記事を読む

no image

Nikita Stepanov からの質問

Nikita Stepanov (Saint-Petersburg State Polytechn

記事を読む

no image

『佐藤優さん、本当に神は存在するのですか?』メモ

竹内久美子×佐藤優 著 文芸春秋 本当に対談で語られたことなのか、発行済みの著作物をもとに編集部が

記事を読む

no image

『仕事の中の曖昧な不安』玄田有史著 2001年発行

書評ではなく、経歴に関心がいってしまった。学習院大学教授から東京大学社研准教授に就任とあることに目

記事を読む

no image

千相哲氏の「聞蔵Ⅱ」を活用した論文

「「観光」概念の変容と現代的解釈」という論文を偶然発見した。 http://repository.

記事を読む

『眼の神殿 「美術」受容史ノート』北澤憲昭著 ブリュッケ2010年 読書メモ

標記図書の存在を知りさっそく図書館から借りてきて拾い読みした。 観光資源の文化資源、自然資源という

記事を読む

no image

脳科学と人工知能 シンポジウムと公研

本日2018年10月13日日本学術会議講堂で開催された標記シンポジウムを傍聴した。傍聴後帰宅したら

記事を読む

no image

ジョン・アーリ『モビリィティーズ』吉原直樹・伊藤嘉高訳 作品社

コロナ禍で、自動車の負の側面をとらえ、会うことの重要性を唱えているが、いずれ改訂版を出さざるを得な

記事を読む

PAGE TOP ↑