*

「ボランティアドライバー」 グローバリゼーションをダラスから考える 公研 2019年4月

ハンツヴィル

米国製造業の雇用がこの30年間で減少してきた原因は、グローバリゼーションでははなく、オートメーション 特に鉄鋼業でその傾向が顕著

住宅価格が高いと人件費も上がる

中国がEVの開発に力を入れているのは、ガソリン車の開発で既存のメーカーに追い付くことをあきらめたから

武内宏樹 サザンメソジスト大学准教授

米国にはボタンティアドライバーという制度が存在

全米で1700ぐらいのグループが存在 自動運転が商品化される前の段階である今

関連記事

上海南駅の赤ん坊

慰安婦や南京大虐殺をめぐって日本と隣国のネット族が好き放題を言い合っているご時世であるが、ネットがあ

記事を読む

no image

小城鎮建設論

p.82 改革・開放が始まって暫くの間、「小城鎮建設論」 都市と農村の中間地帯=小城鎮を豊かにし、そ

記事を読む

no image

「厚生」省の誕生と国内「観光」政策

字句「厚生」の誕生を調査することにより、国際に限定されて使用されていた字句「観光」の使用例が、国際観

記事を読む

no image

保護中: 『from 911/USAレポート』第827回     「アベノミクスの功罪と出口シナリオ」     ■ 冷泉彰彦:作家(米国ニュージャージー州在住)

結果的に、これだけ識字率と基礎算術と社会性の訓練を受けた分厚い人口を抱えた大国が、利幅が薄く労働集

記事を読む

no image

保護中: ジャパンナウの今後の原稿 ロボットと観光

「変なホテル」が話題になっている。ロボットがフロントで出迎えるからだ。練れていないネーミン

記事を読む

no image

『物語 ナイジェリアの歴史』島田周平著 中公新書

アマゾン書評 歴史家トインビー曰く、アフリカはサハラ砂漠南縁を境に、北のアラブ主義

記事を読む

no image

世界最古の生命体(ブリストル・コーンパイン)

BBCを聴いていて、世界最古の生命体のことを放送していた。 英語の勉強のつもりで聞いているのだが、

記事を読む

no image

靴を脱ぐということ

『教科書には載っていない戦前の日本』P.173にでていた。 松坂屋は関東大震災の復興を機に、

記事を読む

no image

 『財務省の近現代史』倉山満著

p.98 「中国大陸での戦争に最も強く反対したのは、陸軍参謀本部 p.104 馬場鍈一が作成

記事を読む

no image

中国が冷静なことに関する二題

偶然二編の論文を読み、日本のマスコミでは認識できない記述を見つけた。 嫌中ムードを煽り立てる記事が

記事を読む

no image
保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ篇①承前(LON、DXB、DOH比較)

計画の最大のポイントは、OXBとBJLの移動が可能かであるが、現時点

no image
コロナ後の日本観光業 キーワード 現金給付政策を長引かせないこと、採算性の向上、デジタル化、中国等指向

今後コロナ感染が鎮静化に向かうことが期待されているおり、次の課題はコ

no image
ヴァーチャル旅行 アフリカ篇① LIS リスボン 

空港バス:20分間隔で出ており、ロシオ駅やマルケス・デ・ポンバル広場

no image
ネット右翼を構成する者 メディアが報じるような「若者の保守化」現象は見られない

樋口直人は『日本型排外主義』の中で、大部分は正規雇用の大卒ホワイトカ

no image
ヴァーチャル旅行 太平洋編 総括表 訪問地域が6か所(AKL、PPT、RAR、ICP、IUE、POM)

5月20日木TYO21:15JQ12AKL 機中泊5月21日金OOL

→もっと見る

PAGE TOP ↑