*

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

公開日: : 最終更新日:2018/09/27 海外旅行感想, 海外観光

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学への留学等の経験者であるからである。

函館でのチームネクストのセミナーでも氏にモスクワの交通についての講演をいただいた。ロシアは人口1,4億人と面積が日本の40倍の割には人口はそれほど多くはない。経済成長に伴い急激なモータリゼーションを経験し、交通混雑と交通事故(死者2万人)に苦しんでいる。氏の資料でもアイデアや発想力は素晴らしいがマネジメント(工程管理、維持管理)は苦手という印象である。1992年モスクワを訪問した際、日本大使館員がロシアはフィニッシュが悪いのだといっていたことを思い出した。

2412社

モスクワ大学で、鳩山氏の知人の研究者が紹介してくれた2412社(社名)の方から説明を受けた。同社はタクシーの実運送会社である。

2011年新聞記事及び後日モスクワ市タクシー担当者からいただいた資料(http://www.jinryu.jp/201809253801.htmlを参照)にもあるように、2011年連邦法09号で認可制度等の規制が整備され、自治体のタクシー取り締まり体制が整備された。説明を受け記事の内容は正しいと理解した。 モスクワ関係では、モスクワ市とモスクワ市域を除くモスクワ州の規制が行われている。 車両の色等細目において両者には差(黄色と黒色など)があるが、発着地点のいずれか、つまり片足が域内にあればよい。このことはモスクワ市を訪問したとき、市と州は相互にタクシーの行政処分結果を認め合っているような発言があり、片足主義ではなく、どちらかの行政処分があれば、営業できるという内容であった。規制前は、正規車両9000台に対して40000台のジプシータクシーがいたが、取り締まりの結果、現在正規車両は2万5千となっている。 ヤンデックスの配車6万台である。交通局の発表資料ではモスクワ市許可台数9万台、モスクワ州12万台であるとの説明であった。3年間の有効期限に対して5年間の累計車両台数であるであるから、数字は一致しない。モスクワ市交通局の 配車アプリの推奨により、白タクシーは減少された。効果があり、大使館員でもマイカー利用が減少しているとのことが、その後のモスクワ大使館の話でも確認できた。運賃が定額になり、レシートも発行が義務化され、位置情報も明確になったことによるものであろう。

配車アプリへの対応

配車アプリの導入に当たっては、ヤンデックスは、ドライバーに対して運賃の6パーセントの手数料から始めた。当初の平均運賃は650ルーブルであったが、浸透するに従い、運賃を値下げし、今では平均380ルーブルである。その一方ヤンデックスは収入確保もあり、手数料を24パーセントに引き上げているので、ドライバーの取り分割合は減少している。白タク取り締まりによる正規需要増はあるものの、厳しさも増加している。 配車アプリはタクシーモバイルがシティーモバイルを買い取ってUberと競争した。Uberはヤンデックスが吸収。。しかし、海外客はUberをインストールして利用している。配車アプリのシェアは、ヤンデックス59.3%、uber36.6、その他4.1%である。2021年までに80%を目標にしているが、既に72%である。ロシア内の1000万台は、ヤンデックスである。ヤンデックスの運転手は兼業が多く、専業運転手は10%であり、 運転手集めに広告を出すから他社のアプリはかなわない。

「2412」社の概要

2008年設立し、ベンツを用いてサービスを開始した。法人顧客相手の商品であるから車種は高級車119台、黒塗りで、モスクワ州の認可を受けている。ベンツEクラスの 料金は高く設定できる。運転手は常勤職員にして、報酬を多くもらえる。 深夜早朝の空港送迎が多く、 1回当たり平均運賃は1150ルーブルである。

タクシーは、1562台の普通車と469台のエコノミー車を持っている。 配車システムと同時に導入した。 歩合制で、3割を運転手が受け取る。 釣り銭、チャイルドシート等は運転手が準備、洗車費、燃料費、車両レンタル料は運転手の負担である。 フレックスタイムせいであり、年齢 30~50才が多い。それに対し、ベンツ車の運転手の年齢は40~50才である。従業員のうち 女性5%、 移民5%であるが 増加傾向にある。2412社の会社売上は1814ルーブルである。つまり運転手へのレンタル料である。一日当たり一台の利用者からの受取金額は8493ルーブルである。運転手の一日当たりの取り分は4千ルーブルである。

レンタル料を二年間で2200ルーブルから1800ルーブル/1日に引き下げている。 ヤンデックスやゲットは655ルーブルから380ルーブルに値下げしている。ニューヨーク市のタクシー(イエローキャブ)の最低レンタル料金も引き下げていると聞いている。「 2412」社の 運転手がヤンデックスの配車アプリで稼ぐことも可能であり、リース料をきちんと「2412」社に払えばよい。運転手には ドレスコードがある。自動車保険料、システム費用は「2412」社が負担している。

夕食 ウズベキスタン料理

鳩山先生ご推薦のウズベキスタン料理店にて夕食。レストランに鳩山先生の知人の下斗米伸夫法政大学教授がたまたま来店しており、合流していただいた。著書の「神と革命」のご高説を拝聴。話のなかで、東大教養学部のロシア語のクラスの話が出て、鳩山邦夫先生と同じ学年であることが判明。従って私の一年先輩であることが分かった。T氏やU氏のようにロシア語を活かして活躍しているクラスメイトも存在するが、私のように文字がどうにか読める程度のものには、先に43年入学文科一類4Fクラスとは言いづらいものがあった。

Google Photoの動画は、モスクワ大学で意見交換の後、学食で昼食、日本大使館(初代大使は榎本武揚)表敬、ドストエフスキーの館視察後、ウズベキスタンレストラン 等であるhttps://photos.google.com/share/AF1QipNgwY4Xlsj6MU55GdLxpDzy95RiHfFZjbuAQoIjPlmuP6CkK9IIQZvM9VSpoq-voA?key=UFcyM0VvWEFfSXh2b1dfMkREYWFkU1ZaQzFnXzR3

関連記事

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

北中米旅行記⑥ ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラ

記事を読む

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

アンドラ アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわか

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(2)

2015年8月17日、18日(ウランバートルからムルン経由ウランウールまで) 20158月1

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

CUBA ➀

 8th Nov. 2016  I left Kingston early in the mo

記事を読む

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

no image
human geography

TVドラマのエレメンタリーホームズandワトソンのなかで、ホームズが

no image
「温度生物学」富永真琴 学士会会報2019年Ⅱ pp52-62

(観光学研究に感性アナライザー等を用いたデータを蓄積した研究が必要と

no image
Nikita Stepanov からの質問

Nikita Stepanov (Saint-Petersburg

ヘルシンキのKutsuplus Maasより先にあったもの

㈱システムオリジンから出版した「観光・人流概論」169ページにヘルシ

no image
住と宿の相対化 インドから上陸「不動産業界のアマゾン」の正体の記事

東洋経済の記事 https://toyokeizai.net/

→もっと見る

PAGE TOP ↑