*

1-4 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査3 ヤンデックスのライドシェサービス

公開日: : 最終更新日:2018/09/27 海外旅行感想, 海外観光, 配車アプリ

ヤンデックス社の予備情報(ネット情報)

ヤンデックスは単なる配車アプリではない。近年はグーグルタクシーについて話題にならないが、勿論過去には存在したが、ヤンデックスは、軌道に乗せている。ロシアでは、ヤンデックス・タクシー(Yandex.Taxi)は、Uberよりも人気がある。両社は2017年に合併し、ロシアで最も強力なタクシーサービスの一つを生み出している。また、ヤンデックスは、他の業種のメジャーな国際企業にも取って代わろうとしている。例えば、インターネットを利用した決済サービスの米企業「PayPal」に代わり得るYandex.Moneyを運営している。

ヤンデックス社からの説明内容の概要

 海外展開はロシア全体から旧ソ連邦のCIS諸国を考えている。また欧州を中心に 海外展開しており、日本も考えている。ヤンデックスの強みは技術面である。地図の技術であると答えていたが、しかしこの点は、技術面のどこが強いのか私にはわからなかった。現地の人と共同作業で作成するからだというが、どこの配車アプリでも共同作業はするであろう。
 Uberとのちがいとして、運転手ではなくタクシー会社と契約することを強調する。しかし、Uberもタクシー会社とも契約しており違いは本質的ではないと思われる。そのため、ロンドンのブラックキャブは個人タクシーであり、東京も13000人の個人タクシー運転手がいることを説明しておいた。彼らに理解されたかはわからない。
 ヤンデックスはモスクワ市内では65000件の合法車両と契約している(数字のカウントの仕方はブログ・チームネクストモスクワ調査1-2を参照のこと)。ドライバーは登録すれば簡単にタクシー運転手になれるので、日本の二種免許とは異なるようだ。
 コミッションは0%もあるというが、一種の宣伝用であろう。15~25%が通常であるとのこと。「2412社」等の印象では、ヤンデックスは当初は低いコミッションで、徐々に高くしていったとのことである。その理由は、運賃水準を下げてきているので、ヤンデックス分の手取り分が減少しないよう、コミッション比率を上げているということであった。なお、ドライバーの副業は場所にもよるが、逆に固定給もあるとのことである。
 なお、訪問後、調査参加者の声では、彼らも当方のスタンスをつかみかねているのか、名刺を出さなかったのではないかという。

 なお GETTについてネット情報は下記のとおりである。私はモスクワ市内のホテルからDMG空港(SVO空港よりも倍の距離がある)まではGETTを利用した。事前確定運賃はちっプ込みで1400ルーブルであったが、さらに200上乗せしておいたが、うっかりカードばらいであることを忘れていた。

Gett, previously known as GetTaxi, is a global on-demand mobility company that connects customers with transportation, goods and services. Customers can order a taxi or courier either through the company’s website, or by using the company’s GPS-based smartphone app. The app was first developed and popularized by Israeli company GetTaxi. The app is compatible with iPhone and Android platforms. Gett currently operates in more than 100 cities across the United States, the United Kingdom, Russia and Israel.

動画の内容 ヤンデックスとの意見交換会の後、cafeプーシキンで昼食、トルストイ博物館へ https://photos.google.com/share/AF1QipM9xr8H0DG2Om8ZjnDB_jydb4jJCNtDlR7p8mcN5_lbGxn2AqWDKzE7vjSI4STjKA?key=SFR3NHBtcGoxcnBiOGxPRVc0dU1vZEdpaDU2Ry13

関連記事

乗合タクシー① 米国イスラエルで成功しているVIAについて 貸切と乗合の相対化の実現

基本認識 日本で乗合タクシーの実証実験が始まるようだが、既に全国で乗合タクシーは実施さ

記事を読む

5月14日 西安の糸繍群像、敦煌の月牙泉、鳴汲山 15日 莫高窟、玉門関、夜市

14日 月牙泉、鳴汲山 https://photos.google.com/photo/AF1Qi

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

[165]10月14日東チモール DIL

https://photos.google.com/photo/AF1QipMhIF6ifg2EM

記事を読む

no image

ニューヨークのタクシー王の記事

http://www.crainsnewyork.com/article/20180615/TRAN

記事を読む

November 4, 2016   Survey report No.4 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

◎ Taxi & Limousine Commission  In the morning, we

記事を読む

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑