*

JN原稿 観光資源反応譜(音譜に相当)の作成 観光資源の進化研究手法

公開日: : 最終更新日:2023/05/29 ジャパンナウ観光情報協会

 利己的遺伝子の理論ドーキンスによって提唱され話題になった。社会現象の進化のプロセスを遺伝子の視点で考えるものであるが、実際に遺伝子が視点や意志を持っているという意味でない。遺伝子の視点に立って考えることで、進化が分かりやすくなるということである。利己的遺伝子と呼ぶのは、進化が人間の幸福のためではなく、遺伝子がいかに自己複製を増やすか、をめぐって進行しているように見えるからである。

 この発想により、音楽に関する実証的研究が進められている。https://newspicks.com/news/3371305/body/?ref=index 研究者はまず、新曲が人気を集めるには、新奇性がありながら、既存音楽の伝統とも結びついていなければならないという仮説を立てた。音程が3全音離れた2つの音を同時に出す三全音は、響きの悪い不快な音程と考えられている。これらの単位がどれだけ頻繁に起こり、数世紀を経る中でどれほど広まったのかを調査したのである。76人の作曲家による9996曲の音楽を調べ、パターンを規定する進化の数学的法則を探った。1500年から1900年までの間に、三全音の現れる頻度(確率)の平均と標準偏差は増加の一途をたどったことが分かった。16世紀に作曲された曲には稀にしか登場しないが、時代を経るにつれて一般的になる。稀な音楽的事象の広まりが、伝播の一般的なメカニズムによるものか、個々の作曲家の独特な行動による結果なのか、それを調べるために、これら2つの状況を見分けられる進化の数学的モデルを作成した。その結果、三全音の使用頻度が増加してきた様子が、伝播の原則となる「ベータ分布」と呼ばれる統計的法則に正確に従うことを発見したのである。音楽文化におけるいくつかの動向が、個々の作曲家の状況によって起こるというよりは、むしろ、統計的な進化則として定式化できると結論づけられている。そして、この研究は何よりも音譜という再現可能なデータが保存されていたことにより可能であったことが重要であった。

 この手法は更に一般化して、聴覚メカニズムと文化の関係の科学的解明にも活用できる。既に、心地よい音、音楽あるいは耳障りな音の分析は進展している。子供の注意を引く音はテレビコ マーシャルに活用されているくらいであるから、聴覚情報と脳内反応のさらに普遍的な分析が期待できる。

 この手法は聴覚情報に限定されず、文化的進化が文化様式の伝播と選択の一般的なメカニズムを通じて起こることを示す現象の進化研究に使える可能性を秘めている。現段階では、複数の感覚情報による脳内反応分析にまでは応用できるものではないが、今後の感性情報研究の進展如何では、発展が期待できる。観光資源論、観光行動論等観光学研究においても、観光客の満足度分析に応用できる。しかしながら、観光学研究にはその前に、感性アナラーザー等の活用による再現可能な有意なデータの収集が求められ、音譜ならぬ観光資源反応譜といったものが求められるであろう。。

関連記事

シニアバックパッカーの旅 ジャパンナウ原稿2019年11月 太平洋島嶼国等の観光政策

 ラグビーのワールドカップ戦を偶然サモアでむかえた。現地は日本時間より五時間早く、開始時間は深夜。

記事を読む

no image

デジタル化と人流観光(ジャパンナウ観光情報協会原稿)

ジャパンナウ3月号1400字原稿 デジタル化と人流・観光(1) 通信の秘密が大日本

記事を読む

🌍🎒ジャパンナウ原稿「アフリカ大陸中南部の旅行から見えたもの」 

 2月の10日から27日までアフリカ大陸中南部の14か国を駆け足で旅行した。航空機の予約はGoog

記事を読む

no image

ジャパンナウ観光情報協会7月号 ミャンマー散骨旅行記(1)

九十六歳の父親がイラワジ川散骨を希望して旅立った。子供の頃モールメンライターやシャン族の話を聞かされ

記事を読む

no image

ジャパンナウ第百号原稿 中国を中心とした観光社会の予感

  ジャパンナウ観光情報協会の情報誌も今回で百号になります。私も「NPOから提言しま

記事を読む

no image

「若者の海外旅行離れ」という 業界人、研究者の思い込み

『「若者の海外旅行離れ」を読み解く:観光行動論からのアプローチ』という法律文化社から出版された書

記事を読む

「衣食足りて礼節」をあらためて知る(2014年5月)

クールJapan戦略のため日本社会のCOOLな部分が取り上げられる機会が多くなりました。中国製品との

記事を読む

no image

奢侈禁止令とGOTOキャンペーン (ジャパンナウ原稿)

個性を重視するはずのものである観光は、本来権力とは無縁であり、権力を前提とする政策と結びついた観

記事を読む

no image

総理所信表明演説に登場した「人流」と旅主概念への期待 JN10月号原稿

岸田総理は「人流」規制を行う法改正を趣旨とする所信表明演説を行った。前世紀末橋本内閣時の閣議決定「

記事を読む

no image

2022年8月ジャパンナウ観光情報協会原稿 アフターコロナという名の観光論 原稿資料

 ◎ジャパンナウ原稿案 2020年冬から始まった新型感染症は日本の人流・観光業界に

記事を読む

PAGE TOP ↑