*

2018年3月14日 CATVで クリミナル・マインド 国際捜査班 死神のささやき を見て

自画自賛のインバウンド宣伝が多い中、クリミナルマインド国際捜査班の第4話は日本がテーマ。高視聴率を誇るアメリカの番組だけに、日本の印象に与える影響は極めて大きいだろうし、逆にアメリカ人の日本に対するイメージもわかるというものだ。

まずタイトルだが、日本語では国際捜査班、しかし原題はクロスボーダーとなっている。観光がクロスボーダー概念だといつも言っている私としては、我が意を得たりというところである。国境を含めた境界を超えるという意味の方が正確なのである。

築地、青木が原でアメリカ人が連続して3人も自したことから、捜査が始まる。日本人の自殺率が高いことから、不思議には思わないが、アメリカ人にすれば異例だという話から始まる。
捜査に当たってマックだけが拳銃保持の許可が出るという筋書き。私の昔の経験では、石原運輸大臣が訪西独時、先方からSPは拳銃を持ってくるかという質問があり、驚いたことがある。逆に言えばアメリカ大統領のSPはお構いなしに保持しているのであろうし、日本の公安もとがめだてすることはしていないであろうとおもうが、脚本では、NYPDベテランのマックだけが認められたといことで、日本では拳銃使用が厳しく制限されていることが紹介されている。

日本の捜査員との初対面、名刺交換をする。これも日本の習慣の紹介。お辞儀と一緒のシーンである。築地の撮影で、多くの日本人がマスクをしていた。これもアメリカ人には印象深いのであろう。築地や青木が原が紹介されるのは、インバウンドでも有名になったからであろう。アメリカ人はかなり知っているとおもわれる。

捜査の過程で、いつものCSIの得意技が紹介される。科学捜査である。日本の実情がわからないが、これを見た限り、日本のレベルがアメリカと比べて低いという印象になる。この点は残念である。その結果、犯人は寿司職人の息子であることがわかる。

犯人の部屋に捜査班が土足で家に入るシーン。捜査とはいえ違和感があった。日本では、多分個人の家に入るときは、靴を脱ぐのではと思う。そうでなければ、警察横暴の印象になってしまうが、アメリカのドラマだし、多分そのシーンはアメリカでとっているだろうから、土足である。しかし、それ以外は違和感がなかっかたら、いかに日本の生活があめりかかされているかということである。

犯人である引きこもりの息子が誤解の上に自殺した両親の仇をとるというストーリで、エンディングはマックの犯人射殺で終了。引きこもりが日本の社会現象であると解説していた。
両親は拳銃自殺である。シナリオでは昔の日本人は保持していたという説明であったが、少し違和感があった。マックが犯人を射殺することも、アメリカ人には不思議ではないのであろうが、日本では極めて異例であり、それだけで番組ができてしまう。バブル時のジュリアナらしき倶楽部が出てきて、女の子のコスチュームは萌えキャラも今風である。

最後に、捜査班の到着時も帰りの時も、捜査班ご一行が、警視庁の捜査員に別れを告げてそのまま輸送機に入り込んでゆく。出入国手続きがなく、(横田飛行場)から気軽に出る感じになっている。これもアメリカ人には常識的なことなのであろう。

関連記事

no image

本山美彦著『人工知能と21世紀の資本主義』を読んで + 人流アプリCONCURの登場

第6章(pp149-151)にナチスとイスラエルのことが記述されていた。ヤコブ・ラブキンの講演を基に

記事を読む

no image

国立国会図書館国土交通課福山潤三著「観光立国実現への取り組み ―観光基本法の改正と政策動向を中心に―」調査と情報554号 2006.11.30.

加太氏の著作を読むついでに、観光立国基本法の制定経緯についての国会の資料を久しぶりに読んだ。 そこ

記事を読む

no image

『物語 ナイジェリアの歴史』島田周平著 中公新書

アマゾン書評 歴史家トインビー曰く、アフリカはサハラ砂漠南縁を境に、北のアラブ主義

記事を読む

no image

めも 「ドイツにおけるカジノ規制 ―ゲームセンターとの比較の観点から―」 国立国会図書館調査及び立法考査局 専門調査員国土交通調査室主任齋藤 純子 海外立法情報課渡辺 富久子 

 人間の射幸心に働きかける賭博には様々な形態があり、それぞれ固有の発展と規制の歴 史を有する。例えば

記事を読む

no image

ホテルアセッセトマネジメントとAirbnb  人の移動の自由・労働者の囲い込みと専門職大学の在り方

これも機能分化である。運送機能の分化を考えてきたが、宿泊機能も分化している。オーナーとオペレーターへ

記事を読む

no image

「満州を旅した女性たち」ジャパンナウ観光情報協会セミナー 駒澤大学准教授高媛氏の講演

2016年7月11日 海事センタービルで表記の講演会を行った。高氏の論文はかねてより読ませてもらって

記事を読む

no image

観光事業法制化 『国鉄を企業にした男 片岡謌郎伝』

p.187 温泉法の制定の検討  p.188 観光事業法  独仏のような基本的観光法は制定さ

記事を読む

no image

自然観光資源と沿岸風景(概論)

1 風景観の変化 自然を見る視点が移動手段の発達により変化し、沿岸の風景観も変化してきた 。移

記事を読む

no image

gコンテンツ協議会「ウェアラブル観光委員会」最終会議 3月4日

言い出したはいいが、どうなることやらと思って始めた会議であったが、とりあえず「終わりよければすべてよ

記事を読む

no image

『新・韓国現代史』 文京洙著 岩波書店 を読んで、日韓観光を考える。

東アジアの伝統的秩序は、中国中心の華夷理念のもとに、東アジアの近隣諸国が朝貢・冊封の関係において秩序

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑