*

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

公開日: : 最終更新日:2018/03/11 観光資源

p.4
維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、この選択は実は後世になされ定着したものである。具体的には、およそ明治の末期から形成されて、文部省『維新史』全五巻(1939-42年)で集大成された。 それは・・・戦後の維新史学にも継承されている。・・・世襲身分制の解体と犠牲の少なさという基本的事実が忘れがちなのは、そのせいに違いない。

p.45  本家本元の中国では決して生じえない「忘れえぬ他者」(中国のこと)症候群  特定の国を対等以上の存在として意識する必要は全くないのである。  朝鮮も日本も同じ
p.46  違いは日本は「武威」であり、「人倫」ではなかった。近代西洋の築いた主権国家体制が規定する対等外交のルールを認めるか否かは、・・・中国的価値観から見た日本の周辺性はこの点で極めて有利に働いた

p.49 幕藩体制という言葉をここでは使わない。近世に生きた人々は「幕府」や「藩」や「朝廷」という言葉をほとんど使わなかったからである。(渡辺浩『東アジアの王権と思想』東大出版会1997年)これらの言葉は明治初期に定着した言葉。幕府は朝廷より正当性の乏しいもの、藩は中央の政府を守るべき正当性の乏しい存在であるといったイメージ

p.66 令以来の宮中行事は重ければ重いほど中国風

政治秩序の崩壊の発端をなしたのは安政五年の政変。ペリー来航よりも重要な事件である。

戊辰戦争の副次的効果 武家の世襲身分制に与えた打撃、拡販の財政を急激に悪化

西郷は凱旋後播元にとどまる。国父久光と結んでいた保守勢力との激しい対立。新政府の諸改革を手厳しく批判し西郷に矛先が向けられた。
三藩献兵の際に上京

人類の近代化 西洋でいくつか枠組みが生成 当時の日本人はそのことは知らなかった。軍事的脅威に対処するため科学技術に注目し、ついで主権や国民の概念に符合するような政体変革に踏み込んだ。新政府を作ってからはこれらを応用しはじめ、「公論」を「民主」に発展させて現在に至っている。
西洋産の秩序規範に従うことへの不快感は世界中で語られる。しかし、大体モデルを提示しているわけではない。「近代」の西洋が作りだしたモデルを上回り、人類に普遍的に歓迎されるような秩序規範は果たしてどこで生まれるのか

関連記事

no image

ジャパンナウ2019年9月号原稿「森光子記念館」

著名人の顕彰施設は著名である限りは存続する。問題は経年変化により著名人でなくなった場合である。文化

記事を読む

no image

マザーテレサ 歴史は後から作られる例

マザーテレサについて、ウィキペディアは、正反対の記事を二つ載せている。 スコピオを旅行したと

記事を読む

no image

偽物が本物を上回る例 コスモスの「ロッチビックリマンシール

https://www.youtube.com/watch?v=vwBlC73ZmuE

記事を読む

本当に日本は職人を尊ぶ国であったのか?

司馬遼太郎氏は、韓国、中国との比較においてなのか、『この国のかたち』のなかで、「職人。実に響きがよ

記事を読む

no image

大衆軍隊出現の意味 三谷太一郎講演メモ 学士会報2018-Ⅳ

226事件は、天皇の統帥権の名目化  軍隊の大衆化 軍隊内の実権は将官、佐官、尉官へと下降した

記事を読む

伝統は後から創られる 『江戸しぐさの正体』 原田実著

本書の紹介は次のとおりである。 「「江戸しぐさ」とは、現実逃避から生まれた架空の伝統である。本書は

記事を読む

no image

観光資源としての吉田松陰の作られ方、横浜市立大学後期試験問題回答の例 

今年も一題は、歴史は後から作られ、伝統は新しい例を取り上げ、観光資源として活用されているものを提示

記事を読む

no image

歴史は後から作られる 『「維新革命」への道』『キャスターという仕事』『明治維新という過ち』を読んで

国谷裕子の岩波新書「キャスターという仕事」をようやく、図書館で借りることができた。人気があるのであろ

記事を読む

no image

『おクジラさま』佐々木芽生著 備忘録 伝統は古くはない

https://spice.eplus.jp/articles/137344 https:

記事を読む

no image

ハイフンツーリズム批判と『「日本の伝統」の正体』藤井青銅著

観光研究者が安易に○○ツーリズムを提唱していることへの批判から、これまで伝統や歴史は後から作れると述

記事を読む

PAGE TOP ↑