*

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

公開日: : 最終更新日:2018/03/11 2018年アメリカ・カリブ旅行, 歴史は後から作られる」

p.4
維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、この選択は実は後世になされ定着したものである。具体的には、およそ明治の末期から形成されて、文部省『維新史』全五巻(1939-42年)で集大成された。 それは・・・戦後の維新史学にも継承されている。・・・世襲身分制の解体と犠牲の少なさという基本的事実が忘れがちなのは、そのせいに違いない。

p.45  本家本元の中国では決して生じえない「忘れえぬ他者」(中国のこと)症候群  特定の国を対等以上の存在として意識する必要は全くないのである。  朝鮮も日本も同じ
p.46  違いは日本は「武威」であり、「人倫」ではなかった。近代西洋の築いた主権国家体制が規定する対等外交のルールを認めるか否かは、・・・中国的価値観から見た日本の周辺性はこの点で極めて有利に働いた

p.49 幕藩体制という言葉をここでは使わない。近世に生きた人々は「幕府」や「藩」や「朝廷」という言葉をほとんど使わなかったからである。(渡辺浩『東アジアの王権と思想』東大出版会1997年)これらの言葉は明治初期に定着した言葉。幕府は朝廷より正当性の乏しいもの、藩は中央の政府を守るべき正当性の乏しい存在であるといったイメージ

p.66 令以来の宮中行事は重ければ重いほど中国風

政治秩序の崩壊の発端をなしたのは安政五年の政変。ペリー来航よりも重要な事件である。

戊辰戦争の副次的効果 武家の世襲身分制に与えた打撃、拡販の財政を急激に悪化

西郷は凱旋後播元にとどまる。国父久光と結んでいた保守勢力との激しい対立。新政府の諸改革を手厳しく批判し西郷に矛先が向けられた。
三藩献兵の際に上京

人類の近代化 西洋でいくつか枠組みが生成 当時の日本人はそのことは知らなかった。軍事的脅威に対処するため科学技術に注目し、ついで主権や国民の概念に符合するような政体変革に踏み込んだ。新政府を作ってからはこれらを応用しはじめ、「公論」を「民主」に発展させて現在に至っている。
西洋産の秩序規範に従うことへの不快感は世界中で語られる。しかし、大体モデルを提示しているわけではない。「近代」の西洋が作りだしたモデルを上回り、人類に普遍的に歓迎されるような秩序規範は果たしてどこで生まれるのか

関連記事

no image

吉田松陰と北一輝

歴史は後から作られるの例 『対談 昭和史発掘』 松本清張 2009年 文春新書 p.60 北

記事を読む

⑤の2 18日、19日 プエルトリコのサンファン

〇 18日早朝サンファンに向かう。ジェットブルーからの連絡で早朝便に切り替えた。事前調査をしておけば

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

⑥の3 2月21日 セントルシア、バルバドス、グレナダ

〇 セントルシア 2月21日に、カリブ海は、マルティニークのFDFからセントルシアにフェリーでわた

記事を読む

no image

『源平合戦の虚像を剥ぐ』川合康著 歴史は後から作られる

源平の合戦は全国で、観光資源として活用されている。「平家物語」の影響するところが大きい。また、文

記事を読む

no image

歴史は後から作られる 『「維新革命」への道』『キャスターという仕事』『明治維新という過ち』を読んで

国谷裕子の岩波新書「キャスターという仕事」をようやく、図書館で借りることができた。人気があるのであろ

記事を読む

no image

『公研』 2018年2月号 「日本人は憲法をどう見てきたか?」

歴史は後から作られるの例である。 境家史郎氏と前田健太郎氏の対談 日本国民が最初から憲法九条

記事を読む

no image

八鍬友広著『闘いを記憶する百姓たち』

自力救済の時代は悲惨であった。権力が確立すると訴訟によることとなり、平和が確立される。 江戸時代は

記事を読む

③ ニューオリンズ→ヒューストン空港→ダラス空港→ 2月14日、15日 ボゴタの観光 

〇 ヒューストン空港 ニューオリンズ空港から、ヒューストン空港経由ダラス行きの便に乗る。ヒュー

記事を読む

no image

『訓読と漢語の歴史』福島直恭著 観光とツーリズム

「歴史として記述」と「歴史を記述」するの違い なぜ昔の日本人は、中国語の文章や詩を翻訳する

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑