*

ペストの流行 歴史は後から作られる例

公開日: : 最終更新日:2018/01/17 歴史は後から作られる」

BBCを聴く。中世の黒死病、ペストの流行はネズミによるものだと、学校で教えられたはずだが、残存するデータを基にシミュレーションしてみると、人間の蚤、虱が媒介していたということが明らかになったようだ。これも歴史は後から作られる典型であろう。
ウィキペディアには「ペストは元々齧歯類(特にクマネズミ)に流行した病気で、人間に先立ってネズミなどの間に流行が見られることが多い。」と記述されている(2018年1月16日)。こうなるとウィキペディアも良し悪しになってしまう。

http://www.bbc.com/news/science-environment-42690577

Rats were not to blame for the spread of plague during the Black Death, according to a study.

The rodents and their fleas were thought to have spread a series of outbreaks in 14th-19th Century Europe.

But a team from the universities of Oslo and Ferrara now says the first, the Black Death, can be “largely ascribed to human fleas and body lice”.

The study, in the Proceedings of the National Academy of Science, uses records of its pattern and scale.

The Black Death claimed an estimated 25 million lives, more than a third of Europe’s population, between 1347 and 1351.

“We have good mortality data from outbreaks in nine cities in Europe,” Prof Nils Stenseth, from the University of Oslo, told BBC News.

“So we could construct models of the disease dynamics [there].”

He and his colleagues then simulated disease outbreaks in each of these cities, creating three models where the disease was spread by:

rats
airborne transmission
fleas and lice that live on humans and their clothes
In seven out of the nine cities studied, the “human parasite model” was a much better match for the pattern of the outbreak.

It mirrored how quickly it spread and how many people it affected.

“The conclusion was very clear,” said Prof Stenseth. “The lice model fits best.”

“It would be unlikely to spread as fast as it did if it was transmitted by rats.

“It would have to go through this extra loop of the rats, rather than being spread from person to person.”

‘Stay at home’
Prof Stenseth said the study was primarily of historical interest – using modern understanding of disease to unpick what had happened during one of the most devastating pandemics in human history.

But, he pointed out, “understanding as much as possible about what goes on during an epidemic is always good if you are to reduce mortality [in the future]”.

Plague is still endemic in some countries of Asia, Africa and the Americas, where it persists in “reservoirs” of infected rodents.

According to the World Health Organization, from 2010 to 2015 there were 3,248 cases reported worldwide, including 584 deaths.

And, in 2001, a study that decoded the plague genome used a bacterium that had come from a vet in the US who had died in 1992 after a plague-infested cat sneezed on him as he had been trying to rescue it from underneath a house.

“Our study suggests that to prevent future spread hygiene is most important,” said Prof Stenseth.

“It also suggests that if you’re ill, you shouldn’t come into contact with too many people. So if you’re sick, stay at home.”

関連記事

no image

小川剛生著『兼好法師』中公新書  安藤雄一郎著『幕末維新消された歴史』日本経済新聞社

『兼好法師』 現在広く知られている兼好法師の出自や経歴は、没後に捏造されたもの。 一世紀を経

記事を読む

no image

歴史は後から作られる 『「維新革命」への道』『キャスターという仕事』『明治維新という過ち』を読んで

国谷裕子の岩波新書「キャスターという仕事」をようやく、図書館で借りることができた。人気があるのであろ

記事を読む

no image

西部邁『獅子たりえぬ超大国』を読んで

2003年出版の本であるが、今読むとその意味がよくわかる。 ブッシュのイラク戦争は、ウェストファリ

記事を読む

ハルピン(承前) 安重根記念館

中国の韓国研究者とのハルピン旅行の楽しみの一つに安重根記念館がある。 もともと朝鮮民族芸術館にあっ

記事を読む

マルティニーク生まれのクレオール。 ついでに字句「伝統」が使われる始めたのは昭和初期からということ

北澤憲昭の『<列島>の絵画』を読み、日本画がクレオールのようだというたとえ話は、私の意見に近く、理解

記事を読む

no image

脳科学と人工知能 シンポジウムと公研

本日2018年10月13日日本学術会議講堂で開催された標記シンポジウムを傍聴した。傍聴後帰宅したら

記事を読む

no image

『訓読と漢語の歴史』福島直恭著 観光とツーリズム

「歴史として記述」と「歴史を記述」するの違い なぜ昔の日本人は、中国語の文章や詩を翻訳する

記事を読む

no image

伝統は古くない 『大清帝国への道』石橋嵩雄著を読んで

北京語 旗人官僚が用いていた言語 山東方言に基づく独自の旗人漢語を北京官話に発展させた チャイナド

記事を読む

no image

プロテスタンティズムと現代政治 学士會会報NO.927 2017年Ⅵ 深井智朗 pp24-27

マルティン・ルターによる神聖ローマ帝国の宗教の改革は、彼の意図に反して、すぐに政治化し、彼の死後まも

記事を読む

本当に日本は職人を尊ぶ国であったのか?

司馬遼太郎氏は、韓国、中国との比較においてなのか、『この国のかたち』のなかで、「職人。実に響きがよ

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑