*

ペストの流行 歴史は後から作られる例

公開日: : 最終更新日:2018/01/17 観光資源

BBCを聴く。中世の黒死病、ペストの流行はネズミによるものだと、学校で教えられたはずだが、残存するデータを基にシミュレーションしてみると、人間の蚤、虱が媒介していたということが明らかになったようだ。これも歴史は後から作られる典型であろう。
ウィキペディアには「ペストは元々齧歯類(特にクマネズミ)に流行した病気で、人間に先立ってネズミなどの間に流行が見られることが多い。」と記述されている(2018年1月16日)。こうなるとウィキペディアも良し悪しになってしまう。

http://www.bbc.com/news/science-environment-42690577

Rats were not to blame for the spread of plague during the Black Death, according to a study.

The rodents and their fleas were thought to have spread a series of outbreaks in 14th-19th Century Europe.

But a team from the universities of Oslo and Ferrara now says the first, the Black Death, can be “largely ascribed to human fleas and body lice”.

The study, in the Proceedings of the National Academy of Science, uses records of its pattern and scale.

The Black Death claimed an estimated 25 million lives, more than a third of Europe’s population, between 1347 and 1351.

“We have good mortality data from outbreaks in nine cities in Europe,” Prof Nils Stenseth, from the University of Oslo, told BBC News.

“So we could construct models of the disease dynamics [there].”

He and his colleagues then simulated disease outbreaks in each of these cities, creating three models where the disease was spread by:

rats
airborne transmission
fleas and lice that live on humans and their clothes
In seven out of the nine cities studied, the “human parasite model” was a much better match for the pattern of the outbreak.

It mirrored how quickly it spread and how many people it affected.

“The conclusion was very clear,” said Prof Stenseth. “The lice model fits best.”

“It would be unlikely to spread as fast as it did if it was transmitted by rats.

“It would have to go through this extra loop of the rats, rather than being spread from person to person.”

‘Stay at home’
Prof Stenseth said the study was primarily of historical interest – using modern understanding of disease to unpick what had happened during one of the most devastating pandemics in human history.

But, he pointed out, “understanding as much as possible about what goes on during an epidemic is always good if you are to reduce mortality [in the future]”.

Plague is still endemic in some countries of Asia, Africa and the Americas, where it persists in “reservoirs” of infected rodents.

According to the World Health Organization, from 2010 to 2015 there were 3,248 cases reported worldwide, including 584 deaths.

And, in 2001, a study that decoded the plague genome used a bacterium that had come from a vet in the US who had died in 1992 after a plague-infested cat sneezed on him as he had been trying to rescue it from underneath a house.

“Our study suggests that to prevent future spread hygiene is most important,” said Prof Stenseth.

“It also suggests that if you’re ill, you shouldn’t come into contact with too many people. So if you’re sick, stay at home.”

関連記事

『枕草子つづれ織り 清少納言奮闘す』土方洋一   紙が貴重な時代は、日記ではなく公文書

団塊の世代が義務教育時代に学修したことの一部が、その後の研究により覆されている。シジュウカラが言

記事を読む

no image

AI に書かせた裸婦とダリ

AIに描かせたという裸婦の絵がネットで紹介され、ダリが描いたようだと注釈。 正確にいえば、AIが描

記事を読む

no image

プロテスタンティズムと現代政治 学士會会報NO.927 2017年Ⅵ 深井智朗 pp24-27

マルティン・ルターによる神聖ローマ帝国の宗教の改革は、彼の意図に反して、すぐに政治化し、彼の死後まも

記事を読む

no image

童謡「赤とんぼ」から躾を考える

村のしつけが対象とするのは正規メンバーだけで、共同体からはみ出た子供たちは、アウトサイダーとして

記事を読む

no image

蓮池透・太田昌国『拉致対論』めも

p.53 太田 拉致被害者家族会  まれにみる国民的基盤を持った圧力団体 政府、自民党、官僚、メディ

記事を読む

no image

現代では観光資源の戦艦大和は戦前は知られていなかった? 歴史は後から作られる例

『太平洋戦争の大誤解』p.183 日本人も戦前はほとんど知らなかった。戦後アメリカの報道統制

記事を読む

no image

『「食べること」の進化史』石川伸一著 フードツーリズム研究者には必読の耳の痛い書

食べ物はメディアである 予測は難しい 無人オフィスもサイバー観光もリアルを凌駕できていない 

記事を読む

no image

伝統論議 蓮池薫『私が見た「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』

〇 蓮池氏の著作 「現代にも、脈打つ檀君の思想、古朝鮮の魂』などをよむと、南北共通の教育があること

記事を読む

no image

自然観光資源と沿岸風景(概論)

1 風景観の変化 自然を見る視点が移動手段の発達により変化し、沿岸の風景観も変化してきた 。移

記事を読む

no image

『帝国陸軍師団変遷史』藤井非三四著 メモ

薩長土肥による討幕が明治維新ということになっているが、なんと首都の東京鎮台本営に入った六個大隊のう

記事を読む

ヘンリーSストークス『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』2013年祥伝社

2016年10月19,20日に、父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修

旅籠とコンテナは元来同義 自動運転時代を予感 『旅館業の変遷史論考』木村吾郎

世界各国、どこでも自動車が走行している。その自動車の物理的規格も公的空

no image
旅館業法論議 無宿人保護(旅館業法)と店子保護(不動産賃貸)の歴史 

◎東洋経済の記事 https://t

no image
旅館業法の「宿泊拒否」箇所を削除、衆院委で改正案を可決 2023年5月27日読売新聞記事

「衆議院厚生労働委員会は26日、感染症流行時の宿泊施設の対応を定める旅

『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社 矢部宏治

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫し

→もっと見る

PAGE TOP ↑