*

➀ 2月11日 成田発 ダラス・フォートワースへ Googlemap利用の旅の始まり

公開日: : 最終更新日:2018/03/03 2018年アメリカ・カリブ旅行

今年は東京も寒いが、アメリカ大陸も寒波が襲来とニュースに出ているから、服装に悩む。アプリの気象情報で確認をするが、間違いはない。カリブに行くには邪魔な荷物はあまり持ちたくない。スマホの世界天気予報では、週間予報が詳しく出る。10日の朝、芝公園をランニングしていた時の気温は10度以下であったが、ダラスの予報は10度程度である。今日も東京では、トレーナーとヒートテックの下着で耐えられたから、多分、ダラスは、コートを持ってゆかなくても、ジャケットにセーター、ヒートテックの下着にホッカイロで大丈夫であろうと思った。結果的には、冷房が効いているカリブでも長袖が必要であったから、正解であった。ホッカイロはハルピン向きで、よほどのところでないと必要はない。旅行計画を立てるときに、寒暖の差が大きいところを渡り歩くのは避けた方がいいいということである。

➀ 2月11日NRT午前11時30分JL7014DFW着は8:05。

ライドシェアの表示がめだつ。CURB side check in と出ていたので、あのライドシェアアプリのことかと思ったが、CURBには本来縁石といった意味があり、車を降りたところ、つまり駐車場で飛行機のチェックインが可能ということのようだった。GoogleMAPの指示に従い電車に乗る。2ドル50セント。一回しか乗らず、後はすべて徒歩で済ませた。アメリカは地図で考えるより、現場の感覚はかなり距離があるが、慣れればまた近く感じる。

https://photos.google.com/photo/AF1QipOF1xKGSr02e0gfCovxogS98YG39ImkBGeJb-3f

ダラスは今ではやはりケネディ暗殺が最大の観光資源。寺田屋事件と同じく謎が多いのか、多く見せかけているのか、とにかく話題性に富んでいる。ただの街路と教科書倉庫なのだが。シックスポイントはアメリカの歴史をついでの説明する博物館である。日曜日であるのかほどほどに人が入っているから、アメリカ人には名所である。薩摩の城山の西郷さんの終焉の地みたいな有名地なのだろう。見学が終わっても午前中は気温が低く、チェックインが3時なので、マクドナルドでコーヒーを飲んで時間つぶしをした。その時にかぶっていた帽子を店内に忘れてきたことに後で気が付いた。

ダラスというTV番組もあるが、私自身は見ていないのであまりわからない。WEST ENDという商業地区をおしゃれにして観光用にしているが、言われてみてそうなのかという程度である。土産物店ではカーボー時代のものを売っていた。カーボーイハットは、蒸気で柔らかくして形を作るようだ。それよりは、ダラスタワーで催されていたコスプレには驚いた。アメリカ人はコスプレがおおく、最近は日本人も真似をしているが、要するに非日常を作り出すのに、コスプレに頼らざるを得なくなっているのであろう。しかし、皆がコスプレをしていては、逆に目立たなくなってしまうから皮肉である。

食事にステーキハウスに入る。20ドル程度のハンバーグを注文。ハンバーグと思ったのだが、肉とパンを別々に出してくる。飲み物はレモネード。親切に何度でもお代わりをすすめてくる。お金を払う段になり、カウンターに行ったらテーブルでといわれる。その時にタブレットをカウンターに置き忘れる。届けてくれたが、これからの旅への一種の注意喚起であろう。
宿はクラウンプラザ。可もなく不可もなく、場所が便利ということである。

〇 フォートワース
翌朝ホテルの朝食をとり、フォートワース(人口83万)に向かう。月曜日なので鉄道が直通で存在。大型である。運賃は5ドル。
カーボーイの町である。観光の原点。稲作では、この観光コンセプトは成り立たない。まだ日常ということか。成功して圃場主になるというには、自作農創設法が邪魔したかもしれないが、それがなくても、田舎に帰って百姓などできない。せいぜい家庭菜園止まり。米国もいまでは同じかもしれない。

カウボーイ発祥の地で、カウタウンの別名があり、すぐにストックヤード地区に向かう。駅で路線バスに乗る。スマホがあるから間違ってのっても、方向感覚があるので安心だ。Googleが表示した番号の路線バスに乗るから大丈夫だった。「最新の情報ではない場合があります」と表示されるが、それはGoogleの責任ではなく、バス会社の責任だ。ダラスやフォートワースはまず最新情報になっていた。ストックヤードに早くつきすぎたのか、まだ店が開いていない。でもそのおかげでいろんなところに入りこんで写真が写せた。ロディオショーの劇場は様子がよく分かった。11時にメインストリートで牛のパレードがある。それが終わってからバスで戻る。今度は緑色の市内循環バスに乗る。地球の歩き方では無料と出ていたが、今では有料であった。

https://photos.google.com/photo/AF1QipNZ5Z_XkCVd7QNiSp2azP9rrY_2fvHtoMkrM0CK
早めに空港にゆき、アメリカンのラウンジで一休み。ニューオリンズに向かう。ラウンジで夕食代わりのものをしっかりとおなかに入れる。

今回はGooglemapの指示通り動いたが、全く大丈夫。まだ百度では試したことはないが、日本人は器用だというが、なぜこういうことが先んじてできなかたのだろう。
ただ交通費の計算はGooglemapでもまだはいっていない。決済まで済ませてくれて、スマホをかざすだけで乗れるのであれば、なお有難い。

関連記事

⑥の2 20日、21日 PTPからFDFへ フライト変更の見落とし

〇2月20日 PTPの民宿、朝ご飯を7ドルで作ってもらい、ついでにグアダループ・ポンタピートル

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

⑥の3 2月21日 セントルシア、バルバドス、グレナダ

〇 セントルシア 2月21日に、カリブ海は、マルティニークのFDFからセントルシアにフェリーでわた

記事を読む

⑧ 23日、24日、25日 ラスベガス

ラスベガスの空港でも、バス、タクシーの表示に並んで、あるいはそれ以上に、ライドシェアの表示が明記され

記事を読む

⑪ 機内映画

いつも行き帰りの飛行機の中で見る新作の映画も楽しみである。 逆に言うとそれ以外で映画を見ることがな

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

④ 2月15日夜16日早朝 キュラソーの短時間滞在

〇 運航中止の連絡 2月15日にボゴタを、アビアンカ航空(スターアライアンス)でたち、キュラソ

記事を読む

no image

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

p.4 維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、こ

記事を読む

⑤の2 18日、19日 プエルトリコのサンファン

〇 18日早朝サンファンに向かう。ジェットブルーからの連絡で早朝便に切り替えた。事前調査をしておけば

記事を読む

⑥の1 小アンティル諸島巡り 2月19日セントマーティン、ドミニカ経由グアダルーペ(PTP ポンタピートル)

2月19日 13:35サンファン発Corsair4251セントマーティン着14:35 http

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑