*

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

公開日: : 最終更新日:2018/03/03 2018年アメリカ・カリブ旅行, 海外旅行感想, 海外観光

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらないであろう。賢明な命名である。空港ではやはりライドシェアの表示が目立つ。しかし、予定通りGooglemapを基にバスに乗る。少し不安だったがいざとなればUberを呼べばいいと思った。空港のバス停はすぐに分かったが、地図では1階2階の区別が出ないので迷う。最終バスは出発した後だったが、別のバスの運転手が乗り換えを教えてくれたので、それに乗車。しかし、バス停で次のバスに乗り換えるまでは不安であった。

今日はちょうどマルディグラ(英: New Orleans Mardi Gras)の日に当たった。偶然である。最終日のみを英語でファット・チューズデーというそうである。NCISでいつもみている街だが、今回はクリントイーストウッドのタイトロープを図書館から借りてきて見ておいた。前を歩く人の動きに合わせて移動。GPSが機能しているから、迷うことはない。

https://photos.google.com/photo/AF1QipNu0_Ss6fXIA3hLT7lRTkiyXO9EOQLubsSnxskw

お祭りの日はバスの運行にも影響が出ていたであろう。リバーサイドヒルトンホテルは便利な場所なのだが、お祭りで道路横切ることができず、ずいぶんと遠回りさせられた。でも街の様子がよく分かった。お祭りの日は治安がいいのか悪いのか、よくわからないが、不安感は全くなかった。

https://photos.google.com/photo/AF1QipMJNHjOPiIo8D5-pdeaEoQF6TAG-A4qArnY_J7Z

マルディグラの日を最終日とする11日間の祭りの間は、マルディグラ・カラーと呼ばれる紫・金・緑の三色に町中が染まるそうだ。紫は正義、金は権力、緑は運命の象徴である。フロートと呼ばれる巨大な山車から、マルディグラ・カラーのビーズを大量に投げ、それを人々が競って受け止める。 また、近年主に女性観光客が胸をあらわにしてより多くのビーズを得ようと競う風習が生まれ、その様子を撮影しようとする人々が多く訪れるため祭りの期間にニューオリンズを訪れる観光客が増加した。経済的には街は恩恵を受けるが、観光客の急増に伴い治安の悪化やゴミの問題等も増加しているとネットには紹介されていたが、それほどでもなかった。

13日はフレンチクウォーターを徘徊。乗り降り自由のバスは39ドルで、ジャクソンスクエア チケットオフィスで購入できるそうだが今回はお祭り騒ぎでかえって使いえない。クルーズ乗り場も南の方の川沿いである。行く前はクルーズに乗ってと思ったが、のるまでもないことが分かった。ガイドブックに出ていたカフェで有名なお菓子を食べる。あまりおいしいものではないが、それでもありがたいと思うからおかしなものだ。トイレに行くついでに厨房をのぞくと、ウェイターの列。ビジネスモデルの一端がわかった。リザベーションホール前で記念撮影。有名牡蠣料理店は昼は営業しておらず、断念。近くの店に入る。ジェームズボンド映画に出てくる店は架空のものであると解説には出ていた。
https://photos.google.com/photo/AF1QipPmo1eLw1fJLwI49xfhU3w8_Z9uXNPvNIqpBrx4

マルディグラは祇園祭や阿波おどりである。アメリカだから外人観光客といった概念はない。ニューオリンズでは当たり前のように英語とスペイン語表示が並べて記述されている。
京都も何だかんだといっても国内観光客で持っているから、ニューオリンズと同じですごいのである。しかし、観光客の数からいえば、中国人の国内観光客はけた違いに大きい。

関連記事

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

no image

172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame https://youtu.be/

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

5月22日 チベットからの帰国後のこと

〇ヒマラヤ登山 機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山

記事を読む

ザンビア・リビングストン(152)ジンバブエ        2019年2月25日、26日 

ヨハネでトランジット。こんどはBAのラウンジ、と思ったが、ラウンジは午後四時から。しかもフ

記事を読む

2-⑦ 2018年9月19日 ウズベキスタン・サマルカンド見学

https://photos.google.com/share/AF1QipOoPParuqdfCo

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

5月16日 黄土高原を走る 敦煌~格爾木

5月16日朝バスにてホテルを出発。途中3千メートルの峠を越えるが、途中何もない。公衆トイレもあるが汚

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑