*

③ ニューオリンズ→ヒューストン空港→ダラス空港→ 2月14日、15日 ボゴタの観光 

公開日: : 最終更新日:2018/03/03 2018年アメリカ・カリブ旅行

〇 ヒューストン空港

ニューオリンズ空港から、ヒューストン空港経由ダラス行きの便に乗る。ヒューストン空港はUNITED航空のハブ空港。ヒューストンのUNITEDは乗客全員にタブレットを使わせるつもりで、ゲート付近においてある。とにかく、米国、中国は早い。言語選択が、英語、スペイン語、中国語の順はわかるが、日本語はかなり後ろで、ポーランド語の次。国力の順ではないが、存在感がない。なお、ダラスに戻ったのが十一時。明日は朝六時発コロンビア行き。ホテルに宿泊しても数時間のことであり、空港待合室で一夜を過ごす。何人かの人が同じようにいた。翌日はSPRITS航空というLCCであり、ラウンジも夜間は空いていないので、いずれにしろ待合室で過ごすことになる。出国手続きをしていないので不安。早朝チェックインカウンターが開くと同時に職員に質問。意味が通じなかったが大丈夫のようで、そのまま出国できた。アメリカは出国手続きはあまりうるさくない。
ドーハはドバイは24時間ラウンジが使えるので、シャワーも仮眠もできるが、ダラスはゲート付近のソファだけ。spritsはLCCだから、現金は受け付けないとカウンターに書いてあり、簡素なもの。

https://photos.google.com/photo/AF1QipPo4nODAe35esRT4Qd68Tx1gBnnZEJP9IxRsLcO

〇 フロリダ銃乱射事件の発生 コロンビアに向かうためマイアミの北にあるspirits航空のハブ空港をとびたった。観光客より学生が巻き込まれる事件の方が悲惨。コロンビアよりもフロリダの方が危ない。

〇 ボゴタ

一昨年のキューバ旅行の時に、帰りにボゴタ経由でグアテマラシティに行く予定だったが、欠航になり、翌日サンサルバドル経由便に乗せられたものだから、ボゴタに行きそこなった。
今回はリベンジである。来る前にも、6月17日午後5時頃(現地時間),ボゴタ市の観光地区のショッピングセンター「セントロ・アンディノ(Centro Andino)」で爆発があり、これまでに3名が死亡,その他複数名が負傷したと報じられていた。外務省の報道では「コロンビアでは,これまでにも「国民解放軍」(ELN)等の反政府グループがテロを実行しており,今年2月に発生したボゴタ市内の闘牛場付近での爆弾テロ事件についてELNが犯行を認めています。今後も同様の事件が発生するおそれがあり,十分注意する必要があります。」となっていた。従って、コロンビアの治安は相当回復されているようだが、やはり心配であり、ネットで旅行記を丁寧に読んでおいた。結果的には杞憂で、シェパードを連れた警官をいたるところで見かける。コロンビアの人口は4900万人、一人当たりGDPは8000ドルであるがもっと増加してもいいであろう。営業用のツアーが形成できないのか、Veltraも販売中止していた。

到着して、タクシーで宿に向かう。専用道を走るバスに乗るつもりであったが、治安のことが頭から離れず、タクシーにする。最初白いバン型の車を斡旋される。いくらだと聞いたら60ドル。ガイドブックでは40ドルだから高い。そうしたら、キャブなら40ドルだというが、それなら最初からキャブに案内すればいい。結果的には専用道バスでよかったのだが。チェックイン後、モンセラートの丘に向かう。ケーブルカーとロープウェイがあるが、午前、午後に分けて、いずれか片方しか運航していない。山頂の喫茶店でコロンビアを飲む。
https://photos.google.com/photo/AF1QipPlIEVFGB3_dC_9oQV0AA88V_LUeWaRZFpizH1f

シニアは無料のボリバール邸を見学した後、ボリバール広場に向かう。GPSがあるからよくわかる。到着時には日も暮れていた。でも ボテロ美術館はまだ開館していたので見学。これも無料である。翌日宿泊ホテルの隣にある国立博物館にゆく。ここも無料だと日本のガイドブックには出ていたが、今は有料になっていたので、中止した。

https://photos.google.com/photo/AF1QipMIgMkFlegbeqhhReBgkZrHua2p4UhEeHV66wEm
https://photos.google.com/photo/AF1QipO9tZjvl7dLigEUoK1fz6CHDZ0wXmrX_MWpgYT2

朝チェックアウト前に、再度旧市街を散策。今度は有料博物館を回る。エメラルド博物館に黄金博物館。前者は期待外れで、見る価値はあまりない。ショーウィンドウに過ぎない。

https://photos.google.com/photo/AF1QipMSYi0rvcvMJoYda7GXZZsL7sjFm1cDxxlGJYF_

空港には、今度は専用道のバスを利用して向かう。
https://photos.google.com/photo/AF1QipP1MBepEAnqHBo-nymadKywyAD0zPLWFjodujR3

関連記事

➀ 2月11日 成田発 ダラス・フォートワースへ Googlemap利用の旅の始まり

今年は東京も寒いが、アメリカ大陸も寒波が襲来とニュースに出ているから、服装に悩む。アプリの気象情報で

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

⑪ 機内映画

いつも行き帰りの飛行機の中で見る新作の映画も楽しみである。 逆に言うとそれ以外で映画を見ることがな

記事を読む

⑥の1 小アンティル諸島巡り 2月19日セントマーティン、ドミニカ経由グアダルーペ(PTP ポンタピートル)

2月19日 13:35サンファン発Corsair4251セントマーティン着14:35 http

記事を読む

⑦ 2月23日~24日アトランタ

トリニダートドバコを後にアメリカンでマイアミ、アトランタに向かう。時間に余裕があったので、マイアミの

記事を読む

④ 2月15日夜16日早朝 キュラソーの短時間滞在

〇 運航中止の連絡 2月15日にボゴタを、アビアンカ航空(スターアライアンス)でたち、キュラソ

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

⑥の2 20日、21日 PTPからFDFへ フライト変更の見落とし

〇2月20日 PTPの民宿、朝ご飯を7ドルで作ってもらい、ついでにグアダループ・ポンタピートル

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑