*

中国語通訳案内士等の自家用車による観光案内サービス

公開日: : 最終更新日:2017/09/05 通訳案内と翻訳導游員

人流観光研究の一環として、中国語による観光ガイドの実態を調査している。
これだけ中国人が訪日していて、通訳案内士が28年度で140名しか合格していない。登録者数も2000人程度と思われるから、圧倒的に絶対数が不足しているはずであるが、ほとんど問題にならないのは、資格制度が無視されているからであり、それで弊害がないからである。従って通訳案内士制度が名称独占に2018年3月から変更になるのであろう。

中国語の通訳案内に関する記述に
http://30s-chinese.net/454.htmlがある。
面白いのは、その中に出てくるHPである。
http://www.yiqihi.com/
私は105か国の海外旅行をしたなかで、現地のランドサービスをインターネット等でよく利用しているからわかるのであるが、
この種のサービスは国際的には当たり前である。
空港送迎や観光地案内が、車付きで5千円とか1万円、日本語サービスか、英語かといった区分がある。最低催行人員が1名、2名とある。

同様に、成田や関空からの送迎サービスが中国のできる者によって行われており、そのことが中国のHPにしっかりと宣伝されている。
しかも中国人に合わせて低価格である。
中国語のできない日本人タクシードライバーを使えと言ってみたところで、説得力に欠ける話である。

Uberをめぐって業界は大騒ぎをしているが、こちらの方は大騒ぎをすれば返り血を浴びかねないからである。
通訳案内士資格がなければ、通訳案内士法違反になり、しかも道路運送法違反になる可能性がある。特に個人旅行の場合はなおさらである。
パッケージツアーの場合、契約された地の属地主義で一義的には中国の法律が適用され、日本の旅行業法等が適用されない場合もあるかもしれない。
勿論、通訳案内サービスの一環として自家用車を使用する場合、通訳案内士の資格があれば違反にならないし、道路運送法違反にもならないが、上記のように通訳案内士の数が少ない。

日本人の私も片言の中国語はできるし、観光案内人も日本語ができるから、
成田や関空に行くときは、高い日本のタクシーなど使わずに、この中国語案内サービスを使いたいとまで思うのは人情である。
国籍が外国であれば、日本語ができる人でも、このサービスを使えばタクシーより安く利用できる。
おかしな状況であり、規制がもたらす弊害とも思える。

2018年3月から名称独占に変更されるから、
観光案内サービスの一環として行われることには問題がないという従来の解釈を変更しない限り、この行為は合法ということである。
解釈を変更すると、中国語のできない運転手しかいないタクシーで問題がないのかということになり、
国策に反することになるから、政府はおいそれと解釈変更を便宜的にはできないであろう。
Uberに大騒ぎをしている間に、Uberどころではなくなって来ているのである。

なお、日本人旅行客向けに、海外、マニラで同じ発想でサービスを行っている例がある。
HPを載せておく。世の中は国際化しており、着地主義ではなく、発地主義であることを認識しておかなければならない。
http://phdoor.net/

関連記事

タクシー「車庫待ち営業」の規制緩和の必要性

通訳案内業が、これまでのように自家用車を使用できれば、車と運転手の提供を一体的には行っていない(つま

記事を読む

規制改革会議 無償運送、謝礼に関心 東京交通新聞2017年3月27日

標記の記事が東京交通新聞に出ていた。 規制改革会議が、3月23日現行の基準を緩和できるかヒアリング

記事を読む

越境白タクとアジアインバウンド観光振興会

不覚にも越境白タクという言葉があることを今まで知らなかった。「日本国内で増殖している中国の配車アプリ

記事を読む

品格が求められた通訳案内業務の時代背景の逆転現象 国内観光用の添乗員研修制度に参加して

通訳案内業法は戦後アメリカ人観光客に失礼があってはいけないということから、その質的確保を図るために制

記事を読む

ガイドと交通手段

ランデル洋子氏のブログ記事 http://tsuhon.jp/column/387 「そんな時に

記事を読む

no image

自治会の無料バス(実費程度)

毎日新聞2017年2月21日にニュースが出ていた。 http://mainichi.jp/art

記事を読む

no image

事業創造提案・自家用車を用いた通訳案内サービスビジネスの新展開の可能性(2)

自家用車を用いた通訳案内サービスビジネスの新展開の可能性(1)をブログに掲載しておいたが、その後、自

記事を読む

no image

「タクシーの観光地におけるルート別運賃制度」が通達において設定されていること

運輸省自旅一〇五号 平成八年六月二一日 各地方運輸局自動車(第一)部長・沖縄総合事務局運輸部

記事を読む

中国人のレンタカー使用

「中国の運転免許は日本で無効なのに中国人のレンタカー利用者が増加中」という記事が出ている。https

記事を読む

在日中国人の観光客用「白タク?」行為の合法・非合法論議

問題定期 在日中国人が、中国のHPに自家用車による都市観光や空港送迎を、人民元建てで広告宣伝し

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑