*

「Young Pioneer Tours」について

公開日: : 最終更新日:2017/06/23 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

北朝鮮に旅行中に逮捕され有罪とされた米国人大学生のオットー・ワームビアさんが帰国直後に死亡したニュースが流れ、北朝鮮観光に注目が集まるなかで、この学生が参加した旅行会社Young Pioneer Toursに関心が集まっている。

毎日新聞の報道では 「正恩氏写真掲載新聞で靴包み拘束か 死亡米大学生」「出国予定日にホテルの部屋で荷物をまとめた際、靴を包んだ労働新聞に金正恩・朝鮮労働党委員長(当時は第1書記)の顔写真が掲載されており、靴の土が紙面に付いたとして激しくとがめられたという。」毎日新聞2017年6月23日 16時39分(最終更新 6月23日 17時30分)となっている。
これが事実とすれば、北朝鮮の関係者は無視できなかったであろうし、無視すれば無視した本人が大変なことになるのであろう。オットーワームビア氏には悪気はなく、政治的意図もなかったと思われるから、全く気の毒なことであり、家族には耐えられないことであろう。また、オットー氏が死亡した原因を作った北朝鮮関係者もやりすぎて無駄な軋轢を生じさせたということで激しい処罰を受けているかもしれない。どうなっているのかわからないところが北朝鮮である。このような行き違いを防ぐ意味でも、きちんとしたガイドが案内するツアーに参加することが自らの安全を守ることにもつながるはずである。今回同氏が参加したツアーは若者向きのバジェットツアーであり、若い人には重宝されるものであろうが、やはりガイドの補助も手薄になりかねないものである。
同種の行き違いが命にかかわる事件に発展することはイスラム圏を旅行する場合にも発生する。先進国でも軍事施設をめぐって発生する可能性が十分にあることから、情報提供がより一層重要になっている。
従って、危険を冒さないように渡航そのものをやめてしまえばいいとも思わない。観光の原点は異体験であり、特に若者は見聞を広めるべきと思う。未成年者への提供は問題かもしれないが、成人した若者には、適切な仕組みのもと、大いに見聞を広める機会はこれからも与えてゆくべきであろう。

(CNN) 北朝鮮に観光目的で入国したとされる米バージニア大の学生が、政府に「敵対的な行為」を働いたとして拘束されていたことが23日までに分かった。
今回の旅行を企画した中国企業「ヤング・パイオニア・ツアーズ」によれば、オットー・フレデリック・ワームビアさんは今月2日、首都・平壌で拘束された。同社のウェブサイトは、「母親が行かないでほしいと思う場所に格安旅行を提供する」としている。
同社によれば、家族にはすでに事情を伝えており、米国務省や北朝鮮外務省のほか、北朝鮮国内にいる米国人の窓口となっているスウェーデン大使館と協力して対応しているという。北朝鮮政府は過去にも、複数の米国人を同様の罪で逮捕・訴追している。

There has been a recent incident though where a 21-year-old American student named Otto Warmbier was arrested at the airport before departure, allegedly for removing a propaganda poster from a wall in his hotel.
Otto was at the time traveling with Chinese tour operator Young Pioneer Tours for a 5-day tourist trip to North Korea. He was convicted of “committing hostile acts” against the state and sentenced to 15 years hard labor. He was later released and returned for humanitarian reasons but was in a coma which led to his death on June 19, 2017. As a result the tour group stated that they would stop taking United States citizens to North Korea as the “risk is too high”.

旅行代理店によると、北朝鮮ツアーの人気は急速に高まっている。核・ミサイル開発計画に関連して米国の制裁対象となっている北朝鮮にとって、観光事業は数少ない外貨獲得手段の一つ。
北朝鮮政府は観光客数を公表していないが、旅行代理店の推計では、同国を訪れる欧米からの旅行者は年間6000人にも上り10年前の700人から大幅に増加している。大半は、「鉄のカーテン」の裏側にある暮らしに関心を持ち、「観光客の支払う金が圧政を支えている」との批判には耳を貸さない人たちだ。北朝鮮への観光客の圧倒的多数は、主要同盟国である中国から来ている。

北朝鮮への旅行を専門的に扱う、中国・北京の「高麗ツアーズ」は、過去10年間で事業が10倍に拡大した。同社のサイモン・カックレル氏によると、ピーク時の2012年には約2100人が同社のサービスを利用し、このうち4分の1は米国人だった。
同じく北朝鮮旅行を専門とする中国の代理店「ヤング・パイオニア・ツアーズ」のトロイ・コリングス氏は、同社事業が年間で2倍に拡大していると述べた。過去1年間に同社サービスを利用したのは1000人近くだったという

日本政府の場合 自粛要請あるいは渡航の是非の検討を要請する。シリアの場合旅券を没収で問題
(※日本国外務省は、人工衛星と称する弾道ミサイルの発射に伴い、北朝鮮全土に「渡航を自粛して下さい」との勧告を2月12日付けで行っております。最新の現地情報は旅行者自身で海外安全情報ホームページなどで確認し、ご自身の責任で渡航するようにお願いいたします。)と政府の報道に転嫁するのは、政府が発表したものですよという、一流メディア共通の報道姿勢である。日本のメディアも北朝鮮を報道するとき「本記事は編集部が渡航を勧めるものではありません」と注記するのは、後でクレームがつくことを警戒してのことであり、朝鮮国際観光社の人が嘆いていたことが理解できた。CNNが現在でもピョンヤンを流しているのとは対照的。

米国務省は「恣意的な拘束」が起きるリスクがあるとして、北朝鮮への渡航を控えるよう「強く勧告する」と発表。

外国人の入国制限は、ブータンが1971年まで鎖国、アルバニアは1980年代まで鎖国状態。サウジアラビア、トルクメニスタンなども厳しい入国制限。 

今回の事件で、さすがにYPTも継続するわけに行かず、6月20日STATEMENTを発表し、米人の北朝鮮旅行は受け付けないことになった。
同社は、British expat Gareth Johnsonが2008年に創立した中国は西安に本拠を置く会社で、安価なツアーを提供、
〇Its motto is “providing budget travel to destinations your mother would rather you stayed away from.
例 the DPRK, Afghanistan, Iran, Turkmenistan, Chernobyl, Cuba, Antarctica, Eritrea
  the nuclear wasteland of Chernobyl and unrecognised country of Transnistria!

〇we provide budget travel to destinations
€445 (extra option for the train either way between Dandong and Beijing) Dandong – Pyongyang – Dandong 2 nights, 3 days
Silk Road Summer Combo Tour
$3095 Ashgabat – Khiva – Bukhara – Samarqand – Tashkent – Bishkek – Kyzyl Suu – Naryn – Kashgar Hotan – Kuqa – Turpan – Urumqi 23 nights, 24 days
€740, Kiev – Odessa – Tiraspol– Bendery – Chisinau – Bucharest 9 Days

北朝鮮の旅行会社

Tourism in North Korea is organized by one of several state-owned tourism bureaus, including Korea International Travel Company (KITC), Korean International Sports Travel Company (KISTC), Korean International Taekwondo Tourism Company (KITTC) and Korean International Youth Travel Company (KIYTC).
Tourism in North Korea is highly controlled by the government, and only about 4,000 to 6,000 Western tourists visit North Korea each year.

関連記事

no image

「温度生物学」富永真琴 学士会会報2019年Ⅱ pp52-62

(観光学研究に感性アナライザー等を用いたデータを蓄積した研究が必要と主張しているが、生物学では温度

記事を読む

no image

5月6日 マルタからボローニャ

マルタ、サンマリノの旅の動画 https://photos.google.com/search/_

記事を読む

no image

観光行動学に求められるもの 臭覚(匂い、臭い)についての理解

匂いについての下記解説を読んだ。臭覚により、人間は認知している面があるから、ロボットも認知できるた

記事を読む

no image

電力、情報、金融の融合

「ブロックチェーンとエネルギーの将来」阿部力也 公研2019No673 電気の値段は下がって

記事を読む

Human Logistics の語感(東洋大学国際観光学科准教授徳江順一郎氏のと論議)

東洋大学国際観光学科准教授徳江順一郎氏から「人流がHuman Logisticsですか。 一応、マー

記事を読む

no image

博物館と植民地の教材 ベルギーの王立中央アフリカ博物館

https://courrier.jp/news/archives/149847/

記事を読む

no image

保護中: 観光研究におけるマインドリーディングの活用の必要性

関係学会における発表で、マインドリーディングを活用した論文がみられない。観光行動等は、楽しみの旅に関

記事を読む

no image

政治制度から考える国会のあるべき姿 大山礼子 公研2019年1月号

必要なのは与党のチェック機能 どこの国でも野党に政策決定をひっくり返す力はない 民主主義は多数決だ

記事を読む

5月16日 中東旅行の開始 レバノン・ベイルート(101か国目)からスタート

〇中東のイメージ 中東、中近東の東はヨーロッパから見た東であり、中国から見た西洋よりは手前であ

記事を読む

no image

シャマンに通じる杉浦日向子の江戸の死生観

モンゴルのシャマン等の観光資源調査を8月に予定しており、シャマンのにわか勉強をしているところに、ダイ

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑