*

5月17日 クウェート

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

https://photos.google.com/share/AF1QipMu9yoSjG0q-C2U0Dn1PpvTBEzhduu8MjNuu7WKGbp6ON73mHbSIcSSngVl1gfEkA?key=a05oNWJEV0VRWHpmbHlISld6Vmc5Y1hrN195Q0FR

1990年のクウェートへのイラク軍の侵攻は私の世代にはついこの前の出来事のように思える。従って危険というイメージが未だに伴うが、既に30年近くたつのだから、大学に入学した年からすれば太平洋戦争前の話になってしまう。

英国からクウェートが独立したのが1961年だから古い話ではない。イラクの領土であってもおかしくはなかった。ましてや民主国家ではなかったクウェートと共和制をとっているイラクでは、クウェート内部からもイラク編入の動きがあったわけだ。結果は湾岸戦争である。今でもクウェートは事実上絶対君主制だとネットには出ている。

〇シリア、イラク上空を飛ぶ

免税店はゴールドラッシュ

どこだったか?

IMG_9081

IMG_9083

シリア上空

IMG_9090

シリア上空

ミドルイースト航空は、古典的な機内食をだす。それもそのはず、航空運賃も高い

イラク上空

〇クウェート入国

 入国カードに、ファーストネームのほか4番目の名前をかく欄があり驚いた。これがアラブなのかと思う。入国ビザが必要でまず両替。係官も心得たもので一旦外に出してくれる(中に入れてくれる?)。
 入国審査後バッテリーがきれたので、ロビーで充電した 。一時間以上かかったが予定がないのでのんびりしたものである。14時頃終了し、終了後通関ゲートをとおり入国した。タクシーは公認の場所で8クウェートディナール(KD)。ドライバーにはクウェートタワー(設計はスウェーデン、建設はユーゴスラビア、1979年完成)といったのだが、シティータワーホテルにつれていかれた。近くだったので問題はなかった。タワー入場料3DK、ガイドブックより1DK値上がりしていた。早速昇る。見張らしはいいが、クウェートだから有名なのだろう。客は私ともう一組しかいない。電話で盛んに144メートルの高いところにいるとガールフレンドに話をしていた。ゆっくりした回転テーブルがある。

 展望台から次はどこに歩いてゆくか考えていた。熱いので歩くと大変だろうと思っていた。算段が狂い、現地通貨がなくなったからだ。降りるとタクシーが一台だけいた。声をかけてきたので2時間40米ドルでどうかというともうすこしあげてくれという。20ドル札しかないので、60ドルというと嬉しそうにしていた。シリアから来たようだ。魚市場にゴールデンスークを案内してくれた。博物館等は写真だけ。日中は暑くて閉館しているのだ(歩いてゆかなくてよかったのだ)。ペットボトルの水を買ってきて飲んでくれという。60ドルはよほど割りのいい仕事だったのだろう。子供が7人いるようで、小さな女の子が写真電話を掛けてきた。いろいろまわって五時に空港まで送ってもらった。最後にシークで飯を食べていかないかといわれる。食べる時間はあるのだが、おなかの調子を壊さないためには我慢。好意はうれしかった。結局行きのタクシー代8KDを考えると、安い気がするから不思議である。出発時間は22時だから時間がありすぎる。チェックインは3時間前。ウェブチェックインができれば、こういう時は中には入れて便利だが、KLM航空なのでできなかった。カフェで充電ができたから問題はなかった。カフェの店員も嫌な顔をしない。途中で日本人の若い親子連れがいたが、駐在員だろう。日本人観光客は私くらいだった。チェックインだけ考えればナショナルフラッグの航空会社は常時カウンターが開いていることが多く、早めにできる可能性があるということを学んだ。

クウェートの観光事情は、年間訪問客が2015年で約700万人、観光外貨収入が12billionUSドルとある。人口が400万人足らずの国であるから日本よりも観光は盛んであるということになるから不思議だ。外国人労働者が多いことがVFRを呼び寄せているのであろう。
http://iowafarmvacation.com/tourism-in-kuwait-statistics/にでている図によれば、東アジアからの訪問客が46%、欧州が38%とダントツである。

クウェートタワー、ここまでぎりぎりの両替でたどり着く

午後7時ようやくチェックイン。出国手続き後、SHAKESHACKにゆく。ニューヨークくで食べそこなったから。ビーフがなくチキンしかないが高い。高いというより日本が安いのだろう。タクシーもビザも高く感じる。湾岸戦争の面影はなかった。

出来上がりを知らせる(中東はこれが一般的)

関連記事

no image

保護中: ドバイ2019年2月11日

NRT ターミナル2ーDXB22:00EK3195:00 ドバイ   10:00発15:40ラゴス

記事を読む

no image

用語「観光」誕生物語 朝日新聞記事データベース「聞蔵」に見る昭和のクールジャパン報道分析

2014年10月10日にジャパンナウ観光情報教会観光立国セミナーで行った講演の議事録です。HPには使

記事を読む

上海南駅の赤ん坊

慰安婦や南京大虐殺をめぐって日本と隣国のネット族が好き放題を言い合っているご時世であるが、ネットがあ

記事を読む

no image

安田純平『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』集英社新書

p.254「戦火のイラクに滞在し、現地の人々の置かれた状況を考えれば自分の拘束などどういうことでも

記事を読む

no image

ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(1060万人)、杭州(920万人)

記事を読む

Lesotho · Maseru (151) February 24th and 25th February 2019

I spent three hours at the transit of John. It wa

記事を読む

no image

住と宿の相対化 インドから上陸「不動産業界のアマゾン」の正体の記事

東洋経済の記事 https://toyokeizai.net/articles/-/2701

記事を読む

no image

北朝鮮が核開発を進めてきた理由がわかるDVD  オリバーストーンの「もう一つのアメリカ史」Ⅰ~Ⅴ

「プラトーン」の監督で有名なオリバーストーンの「もう一つのアメリカ史」を見た。 ちょうど北朝鮮の核

記事を読む

no image

世界最古の生命体(ブリストル・コーンパイン)

BBCを聴いていて、世界最古の生命体のことを放送していた。 英語の勉強のつもりで聞いているのだが、

記事を読む

no image

孫建軍著『近代日本語の起源』に見る用語「国際」の誕生

用語「観光」を論じるにあたって、国際との関係をこれまで考察してきたが、考えてみると、日本人社会のなか

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑