*

弘前・青森旅行 チームネクスト13回研修会に参加して 2016年8月1日~3日

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 展開されている人流・観光事業に関する感想等

チームネクストの研修会が弘前で開催。この機会に現地の北星交通社長の下山さんのお世話で弘前のねぷたと青森のねぶたを見ることができた。
青森のねぶたは、運輸省の物流担当の副政策計画官をしているときに、警察庁から自動車局貨物課に出向してきていた伊藤さんが急に参加できなくなり、代理で参加させてもらったことがある。
新幹線が盛岡までしかなく、帰りは寝台で青森から盛岡まで帰った記憶がある。ヤマト運輸の小倉さんが中心となった若手トラック経営者の集まりが青森で行われ、夜は日通が出していたねぶたの行列に参加させてもらった。
今なら公務員倫理法違反になるようなことだが、当時は当たり前のようなものだった。

初めて見た弘前の「ねぷた」
IMG_6242
弘前ねぷたの動画
IMG_6237
青森と異なり跳人がいなく、静のねぷたといわれている。

IMG_6249

弘前には学会仲間の友人がおり、囲み横町の彼の店に案内してもらった。何処の街にもこの種の横丁があり、単身赴任者には思い出深いものがあるはずです。私も、大阪、長崎、神戸、高松、徳島、名古屋と出張や赴任でなじみの店があったけど、いつの間にやら消えてなくなりましたね。

IMG_6254

翌朝朝食時にパークホテルからの写真。中心市街地が歯抜けになり、駐車場が増えている様子がわかる。

IMG_6298
弘前城の天守閣。

IMG_6302
田んぼアート。実物は初めて見た。アイデアではあるが、全国各地で真似をされ、しかも資金回収のビジネスモデルが出来上がっていないところが大変だろう。田舎館村には担当の課まであるそうだが、行政がそこまですべきかも考えさせられる。四階のビルの屋上からみたものの写真であるが、この規模だと、もう一度見たいとは思われないだろう。ナスカの地上絵を小型飛行機で見た時の事を思い出した。ナスカの地上絵にはわざわざ世界中の観光客が高いお金を支払ってくる力があるのだから、そこまで求めなくても、せめて見渡すかぎり全面田んぼアートにするくらいのことでなければ、真似されてしまうだろう。たぶん村役場の職員もいろいろ考えているのだろうが、行政がそこまでして税金を使うべきことなのかも考えざるを得ない。

IMG_6263
JR弘前駅前

IMG_6341

青森ねぶた。
スターウォーズのねぶたが完成していたのだが、参加させてもらえなかったという報道。難しい判断だけど、現在の図柄もいつごろからこうなったのか調べれば結構新しいのかもしれない。棟方志考氏の個性の影響があると思うから、今の絵柄はそんなに古くはないのではないか。
一基2000万円かかると報道。ねぶたにぶら下がっている提灯を見ると、関連下請け企業名の入ったものがびっしりとぶら下がっている。下請けの多い大企業の力を感じさせられる。青森市役所と青森県庁のねぶたは小さな提灯にも市役所、県庁名しかなく、入札業者の名前はさすがにぶら下がっていなかった。きわめて対照的である。

青森ねぶたの動画
IMG_6345
三十年前の記憶では、跳人のエネルギーを強烈に感じたのだが、おとなしくなっていた。ハングレ集団がのさばるようになって、迷惑行為防止条例ができた影響だろう。浅草の三社祭りでも同じことが言われている。2001年の明石の花火大会事故以来行政も過敏になっていると報道されていた。

関連記事

no image

須田寛「国鉄改革を顧る」(くらしのリサーチセンター)メモと国の交通施策への感想

敬愛する須田寛氏の対談メモ。内容は既に知られていることではあるが、当事者が語ったものとしては数少ない

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

no image

脳波であらすじが変わる映画、英映画祭で公開へ

映画ではここまで来ているのに、観光研究者は失格である。 http://jbpress.isme

記事を読む

no image

人口減少の掛け声に対する違和感と 西田正規著『人類史のなかの定住革命』めも

多くの田舎が人口減少を唱える。本気で心配しているかは別として、政治問題にしている。しかし、人口減少と

記事を読む

地方都市コンベンション関連団体によるシンフォニーでの発表会参加 2016年3月3日

ネット世界で知り合った元読売新聞の社員の方のお誘いを受けて、久しぶりにシンフォニー2時間の旅に参加す

記事を読む

真鶴の観光政策を考える機会

昨日11月7日急に日ごろお世話になっている向島の尾端さんから電話があり、今日8日真鶴の魚座見学に行く

記事を読む

no image

ゴッツン免許とUber

ゴッツン免許とは俗称である。 体罰が犯罪とされる今日「ゴッツン」は死語かもしれないが、頭をゲン

記事を読む

帝京平成大学観光経営学科インターンシップ講義(国際自動車)の概況

現在の大学生の就職状況は、有効求人倍率も一を超え、職種を問わなければ誰でも就職できる状況です。タクシ

記事を読む

2018年1月22日23日 チームネクスト 沖縄タクシー・観光事情調査

午前中の大学の授業を終えて、羽田に直行。ぎりぎりのスケジュールでJALに搭乗。午後からは大雪の予報。

記事を読む

「ハイヤー配車サービス「UBER」、韓国ではついに法違反で関係者立件」という報道とそれに対するコメント

ネットで下記の報道が流れている。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/at

記事を読む

no image
Quora 古代日本語の発音

youtubeで、「百人一首を当時の発音で朗読」という動画を見ました

no image
ヴァーチャル旅行アフリカ篇①総括(LON、DXB、DOH比較)

2020年5月の旅行計画であったが、コロナの影響により中止の判断をし

ヴァーチャル旅行アフリカ篇① マディラ諸島 FNC フィンシャル空港 マディアラ島の月桂樹林(1999年世界遺産)大西洋の真珠

「マデイラワインは、永遠に生き続けるのです」とホテル「ベルモンド・リ

ヴァーチャル旅行アフリカ篇① アゾレス諸島The Azores TERテライズモ、PDLポンタデルガータ

TERテライズモ テルセイラ島 (Terceira)

ヴァーチャル旅行アフリカ編① カナリア諸島自治州  TFN 

テネリフェ島に世界遺産の街「ララグーナ」  テネリフェ島の

→もっと見る

PAGE TOP ↑