*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

2月16日
 ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがUgandaだからだ。滞在予定が6時間近くあったので、カンパラまでタクシーでいって観光しようと思っていたが、欠航により4時間になってしまった。もともと2時間前のチェックインを考えると、正味は2時間しかないので、急遽エンテベ観光に切り替えた。ランドは現地で手配するつもりでいたからキャンセルの問題はなかった。テロ救出作戦の映画で有名なエンテベ空港だがあまり大きくはない。アミン大統領時代に起きた実際の事件がある。通関後、観光情報のためインフォメーションカウンターに行くが、全く役にたたず。地図はないという。慌ててワイファイをセット、ワイファイは流石にある。トリップスアドバイザーで調べておいた観光資源引っ張り出す。しぶとく私を待っていたタクシー運転手。一人だけだったが、一時間程度でエンテベ観光はいくらかと聞いたら、30ドルということになった。カンパラまでは交通渋滞はなさそうだが、やはり危ないのか、勧められなかった。ボタニカルガーデンはビクトリア湖に面して、ヤマセミもいた。満足した。

ヤマセミ

ヤマセミ

 IMG_4780 
エジプトガン

エジプトガン

 
牛とアマサギ

牛とアマサギ

 
シュモリドリ

シュモリドリ


ビーチに行き、アフリカハゲコウをみる。エンテベにも中国人がでてきている。
インペリアル・リゾート・ビーチ

インペリアル・リゾート・ビーチ

ハゲコウの群れ

ハゲコウの群れ

 IMG_4815 
ハゲコウ

ハゲコウ

中国レストランが二軒ビーチの近くに立地していた。ちょうど5時に空港にもどる。入園料等含めて40あげた。ドライバーは頭のいい男だったし、鳥もよく見らたから気分がよかった。選挙のことも話してくれた。選挙はBBCでも取り上げているから少しの知識はあったが、ドライバーも現大統領には批判的なようであった。日本ではアミン大統領は有名だったと話をしたら、笑っていた。

空港に貼られているウガンダ現職大統領の選挙ポスター

空港に貼られているウガンダ現職大統領の選挙ポスター


帰国後BBCでもウガンダの選挙について報道していた。
http://www.bbc.com/news/world-africa-35612224

エンテベ空港の入り口でハタオリドリを見かける。
IMG_4826
エンテベは野鳥観察には天国だった。短い滞在であったが、カンパラに行っているより満足感は大きかったのではないか。
しかし、エンテベ空港は恐ろしく能率がわるい。エチオピア航空もそうかもしれない。まず、セキュリティが二回あるのはどこでも。出国審査の率がわるい。エチオピア航空は全日空と同じスターアライアンスなので、ゴールドカードを示して、ラウンジで待たせてもらった。しかし遅れるといけないので、審査後のチェックインカウンターにゆくと予想通り長蛇の列。セキュリティのあと、カウンターでまた調べて半券をわたす。次にバスに乗り込む前にまた半券をチェック。次にタラップを登る時にチェック。機内に入るときにまたチェック。最悪だ。あまりにも意味のないチェックはお客に呆れられるだろう。バスに乗る時、子供を優先させていた。年寄りへの配慮は見られなかった。

staticmap

関連記事

no image

『支那四億のお客様』カール・クロ―著 

毎朝散歩コースになっている一か所に商業会館ビルというのがある。この本を出版したのが倉本長治氏のよう

記事を読む

1⃣ 7 2018.8.7 RITZ

7日の日 イングランド銀行で古い£紙幣を新札に交換してもらい、リッツに移動。レセプションは意外なほど

記事を読む

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

北中米旅行記⑦ グアテマラ、エルサルバドルとマヤ文明 11月11日~13日

◎ グアテマラ到着  サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。麻薬検査犬が活躍し

記事を読む

1⃣ 4 2018.8.5 Isle of Man(120カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipMJgy1f-zslrM

記事を読む

マダカスカル・アンタナナリボ(145)2019年2月16日~18日  

 機内で入国カードをもらい記入していたのと、ビザをとっていたので、拍子抜けするくらい簡単に入国でき

記事を読む

アフリカ大陸中南部旅行 2019年2月10日から27日まで           旅の始まりはドバイ、次いでナイジェリア(139)ラゴスのトランジット旅行 2019年2月11日 

 ワンワールドのマイレージが10万マイルたまった。JALと共同運航しているエミレー

記事を読む

② 5月18日、19日朝 ビエンチャン

父親の遺言を果たすため、ミャンマー旅行を計画。折角なので両親が二人で最後の海外旅行をしたラオスも回る

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラ

記事を読む

171 Paraguay /アスンシオン

日本の国土とほぼ同じ大きさ(日本の1.1倍)、人口は600万人前後 、5000ドル。 18

記事を読む

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

アメリカ合衆国国内は航空網、鉄道網、バス網が発達しており、便利で安価

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

no image
コロナ禍のヴァーチャル旅行 カリブ編(総括)11地域の増加

カリブ海諸国は、アンティグア・バーブダ、キューバ、ドミニカ、ジャマイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑