*

『ピカソは本当に偉いのか?』西岡文彦 新潮新書 2012年 を読んで

公開日: : 最終更新日:2023/05/20 観光資源

錯覚研究会での発表に備えて読んでみた。演題が「ピカソの贋作は本物を超えるか」としたため、慌てて読んでみたということでもある。観光資源の価値は刺激にあり、本物より偽物の刺激が強ければ価値があるということになる。
 本書は、どうして、キュビズムと呼ばれるような絵を描くようになったのか、あんな絵がどうしてそんなに高値で売れるのか、といことが趣旨であった。
ピカソは制作した作品の数が多い。油絵は約13000点、版画や素描や陶芸などは13万点以上ある。これだけ多ければ贋作も多いと予想される。笑い話かもしれないが、ピカソの絵を題材に小学生が練習をした作品まで贋作として通用してしまう。しかし、画商が作品リストを作成し管理しているから、リストに掲載されていないものは本物とは認められないのであろう。ピカソの贋作の最大のコレクターはピカソ自身だった、という伝説まである。
フランス政府はピカソの亡くなる5年前に遺産相続制度を改正し、相続税を美術品などによる物納を認めた。この新法のおかげで、ピカソが死亡した際に遺した多くの美術品がフランス政府国有のものになった。この新法は別名「ピカソ法」と呼ばれている。ピカソが死亡した際に残した美術品の評価額は、当時で約7500億円とされる。ピカソが幸運だったのは、20世紀初頭に新進画家としての評価を確立して、印象派に続くスター芸術家を求めていたマーケットの時代に完璧に答えたことにある。そういう意味ではピカソは、絵画史上に初めて登場した「最初から投機目的で買われる絵画」を描く芸術家であった。実際には、当時は絵の売買が証券取引のようになっていた。
絵画ビジネスは、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロのような画家彫刻家がまだ『業者』扱いしかされていなかったルネッサンスから、画商という新ビジネスを生んだ宗教改革を経て、美術館が誕生するフランス革命までの道のりを歩み、印象派の登場による絵画バブルを待たねばならなかった。本書は、その富と名声の秘密を、ピカソのカリスマ的な人格と美術市場の歴史に照らして読み解くことを通して、難解な作品が巨額の利益を生み出す現代のアートのからくりを解き明かしている。本人の才能(絵、人心掌握)はもちろん、生まれたタイミングの良さが世界の芸術家になることができた理由の一つだろうと感じさせる内容だった。
美術館は、フランス革命後、王侯貴族からまきあげた絵画彫刻を市民を教育するためとして作られた。そこに集められたことで、王宮美術、教会美術から「役割」を奪い、絵は自己表現となった。そこから個性的なタッチ、技法の絵が増えてきた。
本書では、本のように美術館を持っていない文化では、「美」は生活を取り巻く環境との関わりから感じ取るものとしてあり、ただ鑑賞するだけの「美術」という概念がないとする。この点に関しては、東洋では絵画と書を区別していなかったところから、西洋化以前は芸術という概念が生じなかったとする考えもある。
 なお、近代絵画は写真に対抗して写実描写を放棄した。当時の画家たちの写真への危機感は想像を上回るものがあり、ピカソの時代に至ってなお真剣であった。印象派は「手」の痕跡の強調、後期印象派は「個性」の強調、二十世紀絵画の特色は芸術的な主義主張(イズム)である。

関連記事

no image

童謡「赤とんぼ」から躾を考える

村のしつけが対象とするのは正規メンバーだけで、共同体からはみ出た子供たちは、アウトサイダーとして

記事を読む

no image

『維新史再考』三谷博著 NHKブックス を読んで

p.4 維新というと、とかく活躍した特定の藩や個人、そして彼らの敵役に注目しがちである。しかし、こ

記事を読む

no image

『サカナとヤクザ』鈴木智彦著 食と観光、フードツーリズム研究者に求められる視点

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ! アワビもウナギもカニも、日本人の口にしている大

記事を読む

no image

プロテスタンティズムと現代政治 学士會会報NO.927 2017年Ⅵ 深井智朗 pp24-27

マルティン・ルターによる神聖ローマ帝国の宗教の改革は、彼の意図に反して、すぐに政治化し、彼の死後まも

記事を読む

no image

『動物の解放』ピーターシンガー著、戸田清訳

工場式畜産 と殺工場 https://www.nicovideo.jp/watch

記事を読む

no image

欧米メディアの負の本質 ナイラ証言(Nayirah testimony)

ナイラ証言とは、「ナイラ」なる女性(当時15歳)が1990年10月10日に非政府組織トム・ラントス

記事を読む

no image

『おクジラさま』佐々木芽生著 備忘録 伝統は古くはない

https://spice.eplus.jp/articles/137344 https:

記事を読む

no image

歴史は後から作られる 『「維新革命」への道』『キャスターという仕事』『明治維新という過ち』を読んで

国谷裕子の岩波新書「キャスターという仕事」をようやく、図書館で借りることができた。人気があるのであろ

記事を読む

no image

伝統は古くない 『大清帝国への道』石橋嵩雄著を読んで

北京語 旗人官僚が用いていた言語 山東方言に基づく独自の旗人漢語を北京官話に発展させた チャイナド

記事を読む

no image

吉田松陰と北一輝

歴史は後から作られるの例 『対談 昭和史発掘』 松本清張 2009年 文春新書 p.60 北

記事を読む

PAGE TOP ↑