*

小城鎮建設論

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

p.82 改革・開放が始まって暫くの間、「小城鎮建設論」 都市と農村の中間地帯=小城鎮を豊かにし、そこを人口移動の緩衝地帯にするという発想 しかし、中国の市場経済化は予想を超えるスピード 
1990年代半ばまで「盲流」として避けてきた人口移動を、徐々に押しとどめられなくなってきました。従来の人口移動抑制策は交替を余儀なくされます

p.176 過去へ進化する社会主義
学歴が当人の社会的地位を強く規定する現在の傾向は、科挙と呼ばれる官僚選抜試験によってエリートを生み出していた、伝統中国との継続性を想起させます。
階級史観の衰退は、伝統的な価値観の再評価をもたらしつつあります。
現在の士大夫たる国家幹部は、儒教を真剣に学ぶべきだといった議論さえ生まれています。
戸籍による都市・農村の管理や男女平等主義、都市住民の政府に対する高い期待などがこの社会主義に含まれている

関連記事

no image

民泊法の適用を受けないでビジネスを開始する方法  民泊論議を論じる者の問題点

民泊法施行で、混乱が発生しているようである。とくに中国人で民泊を実施しようとする者には大きな負担を強

記事を読む

用語としての「人流」の発生

○「人流」造語者としての自負○ 「人流」は私が造語したものと自負しております。意識的に著書や論

記事を読む

no image

サウジアラビア旅行

11日芝公園でイスラムフェスティバル。そこでサウジ旅行ができるようになったと聞いた。 ht

記事を読む

no image

観光学研究者へのお願い 字句「観光」と字句「tourist」の今後の研究課題

これまで、日本語としての字句「観光」の語源等についての分析は、上田卓爾氏等が発表した論文があり、かな

記事を読む

no image

矢部 宏治氏の「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466 外務省がつ

記事を読む

no image

「DMO」「着地型観光」という虚構

DMOという新種の言葉が使われるようになってきていますが、字句着地型観光の発生と時期を同じくします。

記事を読む

no image

『中国人のこころ』小野秀樹

本書を読んで、率直に感じたことは、自動翻訳やAIができる前に、日本型AI、中国型自動翻訳が登場す

記事を読む

no image

マニラのUber報道 ‘Defiant’ Uber probed; execs air lament

http://newsinfo.inquirer.net/919535/defiant-uber-p

記事を読む

no image

定住(観光の逆)と言語のことをわかりやすく説明した対談 (池谷裕二(脳科学者)×出口治明(ライフネット生命会長))

出口:動物行動学者の岡ノ谷一夫氏に、言語はコミュニケーションから始まったのではなく、考えるツールとし

記事を読む

no image

human geography

TVドラマのエレメンタリーホームズandワトソンのなかで、ホームズがhuman geography

記事を読む

no image
保護中: [153~167]2019年9月26日~10月 日

吉田裕著『日本軍兵士』戦争四時期中の第二期、42年10月ミッドウェ

no image
保護中: [⁂]10月15、17日 クアラルンプール KUL

早朝にマレーシアに到着。KLIA2(クアラルンプール 格安航空会社

保護中: [166]10月14日東チモール DIL

四国とおよそ同じ面積の国土に100万人強の国民が暮らしており、首都

no image
保護中: 10月12,13日トランジット ブリスベーン BNE

ブリスベンはクイーンズランド州の州都で、ブリスベン川沿いにある大都

no image
保護中: [⁂]フィジー NAN

→もっと見る

PAGE TOP ↑