*

7月21日 第二回観光ウェアラブル委員会を開催して

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 人流・観光政策への評論

満倉靖恵慶応大学理工学部准教授と㈱ナビタイムジャパン野津直樹氏に講演を頂いた。

満倉先生は「脳波を用いた感性取得」を長年にわたり研究され、簡易感性取得に成功され、電通とベンチャー企業まで立ち上げられた。
脳の研究は、大きく、医学的、理学的、工学的に進められている(そのほか哲学的研究等も存在する)が、満倉氏は工学的研究をされている。なお、脳波研究の先駆者の一人に加賀市出身者の故本川弘一博士(東北大学学長)がおられ、『ゾウの時間、ネズミの時間』の著者本川達雄の御尊父でもある。
脳の解析は、2013から米国でブレインイニシアティヴが進められ、ヒトゲノムに匹敵する国家プロジェクトが実施されている。予算は約2000億円。欧州連合でも2022年までとして合計1500億円の予算が準備されている。
脳波(Electroencephalogram:EEG)が発信されるところは決まっており、満倉氏はその脳波を簡易に取得し、ノイズを除去して、その意味を解析することに成功されたのである。簡易でなければアンケート調査と同じであるから、画期的である。脳の内部構造については今のところ研究対象外とされている。
脳波の通常の検査や実験は、電極を国際10-20法に従って配置するのが最も一般的である。国際10-20法では頭皮を10%もしくは20%の等間隔で区切り、計21個の電極配置位置を決定する。感情などの「好き嫌い」「快不快」、視覚情報を測定する場所は決まっているようである。
満倉氏の発明されたNEUROCAMは、サイゼリア(飲食店)における着席実験をもとに、空間における快適度の定義と有効性の検証に成功され、電通とともに電通サイエンスジャムを設立された。
脳波測定には個人差があり、キャリブレーションに75秒かかるが、実験であれば問題のない時間であろう。この危機をお借りし、観光調査を実施しようと思っている。
脳波測定により、被験者の快不快等の客観的データは取得可能になってきた。その意味では観光地の観光資源の評価がより客観的に得られるようになってきたのであるが、快不快の反応は、同じ観光資源でも個人によって異なるし、その人の歴史的バックグランドや周りの状態でも異なるから、絶対に成功する観光資源を開発するには、やはり頭の中の構造が解明され、ある刺激が加えられればある反応がある確率で発生するということまでわからないと無理なのであろう。その意味では職人的経験がまだまだ必要とされるのかもしれないが、特定個人の反応予測は無理にしてもビッグデータとして取り扱う範囲での成功確率は飛躍的に進歩するであろう。

㈱ナビタイムジャパンの野津直樹氏の講演も興味ふかいものであった。スマホにより観光地までの経路検索が一般化してきている今日、大きなイベント開催が実施される場合、多くの参加者がその前に経路検索を実行する。その検索結果を基に事前に輸送力調整や混雑回避の誘導等に活用しようとかんがえているものである。
「経路検索サービスの実績データに基づく近未来の突発的移動需要の検出」
http://consulting.navitime.biz/pdf/monograph_20130601_01.pdf
「乗換検索サービスの経路選択データを用いた公共交通の経路選択行動分析」
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/csisdays2014/csisdays2014-ra-pdf/D12.pdf
が土木計画学研究発表会で2013年6月1日、2014年6月7日にそれぞれ報告されているから、参考になる。最近の事例では、北陸新幹線の開通による需要変化を「駅」乗換検索から分析している。また、自動車目的地ランキング(北陸3県)では東尋坊、恐竜博物館、兼六園、黒部ダム、芝政ワールドの順であったが、単なる目的地分析に留まらず、回遊パターンまで分析している。福井のハブは東尋坊であるものの、恐竜博物館と永平寺は別客層であり、石川のハブが兼六園であるものの、21世紀美術館とは連動性が薄いこともアソシエーション分析されている。

関連記事

no image

自然観光資源と沿岸風景(概論)

1 風景観の変化 自然を見る視点が移動手段の発達により変化し、沿岸の風景観も変化してきた 。移

記事を読む

no image

ホロポーテ―ションとレッド・ツーリズム、ポリティカル・ツーリズム

Holoportationが紹介されていた。動画のアドレスは下記のとおりである。 https://

記事を読む

no image

crew の チップ 問題に関する東京交通新聞の報道

東京交通新聞で、担当局長が、CREWのチップについて、チップを推奨するようなHPは道路運送法の有償運

記事を読む

米国商務省記述の米国観光事情

明日から米国である。商務省の観光事情分析を読んでみた。 http://travel.trade.g

記事を読む

no image

国立国会図書館国土交通課福山潤三著「観光立国実現への取り組み ―観光基本法の改正と政策動向を中心に―」調査と情報554号 2006.11.30.

加太氏の著作を読むついでに、観光立国基本法の制定経緯についての国会の資料を久しぶりに読んだ。 そこ

記事を読む

no image

正座について

ホテルと旅館を法律上区分する日本の宿泊法制度は珍しい。 その違いを考えると、和式と洋式の違いは「靴

記事を読む

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

no image

国際人流・観光状況の考察と訪日旅行者急増要因の分析(1)

Ⅰ 訪日外客数の急増と福島原発事故の世界の旅行界に与えた影響 明るい話題が少ないのか、訪日外国人客

記事を読む

no image

めも 「ドイツにおけるカジノ規制 ―ゲームセンターとの比較の観点から―」 国立国会図書館調査及び立法考査局 専門調査員国土交通調査室主任齋藤 純子 海外立法情報課渡辺 富久子 

 人間の射幸心に働きかける賭博には様々な形態があり、それぞれ固有の発展と規制の歴 史を有する。例えば

記事を読む

no image

「観光をめぐる地殻変動」-観光立国政策と観光学ー石森秀三 を読んで

学士會会報2016年ⅳに石森秀三氏の表題記事が出ていた。論調はいつものとおりであり驚かなかったが、感

記事を読む

PAGE TOP ↑