*

中国の環境問題、日米中問題(公研2015年7月号)と沖縄・朝鮮

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 戦跡観光

雑誌『公研』に「爆食」中国と世界の食料問題と題する、村田興文氏と柯隆氏による対話記事が掲載されていた。公研は電力会社がスポンサーの雑誌だが、原子力汚染問題に跳ね返る可能性のある記事であるから、この記事を掲載することには議論があったことだと思う。

 

中国の農地面積は一億二千ヘクタールだが、政府発表では、そのうち16%が水銀・カドミニウム等の重金属で汚染されている。十年、二十年単位では除染は不可能とのこと。揚子江の汚染も想像を絶するようだ。中国版の水俣病、イタイイタイ病はあちこちで発生している。

環境問題に関して中国が抱えているのは技術ではなく制度の問題である。かってに気温を測定するだけでも違法であるようだ。発電所の環境基準を守るためには高いコストがかかる。でもわいろを贈って見逃してもらうことができるから、環境技術が役に立たない。翻って、日本も科学技術が進歩したから環境基準が守られたのではなく、大石武一環境庁長官のおかげであると通産省に入った連中がいっていたと化学出身の村田氏は語る。政治家は政治献金をもらっているし、経団連等の産業界はコストが上昇すると大反対していたが、大石氏がメディアをうまく使って押し切ったのである。中国だけではなかったわけである。

環境庁ができたのは私が霞が関に勤め始めた時代のことであり、このことをあらためて実感している。いまでこそ、環境技術が発展したのは日本の産業界の手柄のようにいわれるが、水俣病等が認定されるまでの経団連の動きは逆であったから、自ら意図して達成したというよりも、厳しい基準を受け入れざるを得なかったから、結果的に環境技術が進歩したということであろう。中国と違うのは、マスコミ等の批判勢力の存在が許されているということであるから、中国も政治的自由をある程度認めてゆかないと、社会は改善されないのであろう。そのことは中国指導層は十分に理解しているのであろうが、国の規模が大きいだけにその実施のタイミングが難しいのであろう。

 

同じ『公研』7月号に寺島実郎氏の「戦後70年と日本の選択」が掲載されていた。日米関係は米中関係できまるという本旨。自己中心主義的な価値観を持っている米国、中国同士として、意思疎通の密度の濃い連携を積み上げている。日本の方が本音の部分でコミュニケーションを書いた過疎的な状況になっているとする。戦勝国だった中国が二つに割れてアメリカの対アジア政策が混迷したことが戦後の日本の運命を決めた。国民党が勝っていたら日本の復興は30年後ろにずれただろう。

日本の外交に関する議論が劣化している象徴が沖縄への対応。アメリカの琉球に対する見方はヤマトんチュウがみる見方と違う。米琉条約をペリーは締結。5回85日間沖縄に来ている。近代史に入ってから日本に併合されたという意味で朝鮮半島と同じアナロジー。朝鮮半島は戦後独立した。沖縄も2度チャンスがあったが、戦争でへとへとになっていてそれどころではなかった。

このあたりの見方は、日中韓の観光政策論議を進める意味では参考になる論点である。ちょうど福永文夫著『日本占領史』中公新書を読み終えたところで、占領史を沖縄と本土を同時並行的に分析している点が、朝鮮戦争と日米講和条約を分析している点と併せて、理解がしやすかったところである。沖縄を貧しくした最大の原因は琉球処分以来の日本の統治であると主張して独立論を説いた沖縄群島議会の共和党の立場は、どこか現在の韓国の主張に通じるものがありそうである。すべてに賛同するものではないが、そのような考えを抱く背景は理解しておいた方がいいのであろう。

関連記事

上海南駅の赤ん坊

慰安婦や南京大虐殺をめぐって日本と隣国のネット族が好き放題を言い合っているご時世であるが、ネットがあ

記事を読む

no image

保護中: 高論文 「観光の政治学」 戦前・戦後における日本人の「満州」観光を読んで(メモ)

高論文 「観光の政治学」 戦前・戦後における日本人の「満州」観光 (満州引揚者)極楽⇒奈落  ホ

記事を読む

no image

グアム・沖縄の戦跡観光論:『グアムと日本人』山口誠 岩波新書2007年を読んで考えること

 沖縄にしろ、グアム・サイパンにしろ、その地理的関係から軍事拠点としての重要性が現代社会においては認

記事を読む

no image

◎◎3 戦争、観光、メディア~戦争も観光資源へのパスポート~

 戦争・戦闘はメディアが好んで取り上げる。メディアは刺激を基本とするからである。観光を論じる意義とそ

記事を読む

京都、ビガン、マンダレーと戦禍

京都は千年の古都と称されるが、京都駅に降り立ってもそのイメージはわかない。同じ千年の街と呼ばれるベニ

記事を読む

no image

◎◎2脳への刺激(脳波信号解析)と観光~「ダーク・ツーリズム」批判~

 脳波信号解析研究の結果、人間の脳波の周波数はほぼ0~30ヘルツの領域に収まり、その周波数の組み合わ

記事を読む

no image

横山宏章の『反日と反中』(集英社新書2005年)及び『中華民国』(中央公論1997年)を読んで「歴史認識と観光」を考える

 歴史認識を巡り日本と中国の大衆が反目しがちになってきたが、私は歴史認識の違いを比較すればするほど、

記事を読む

ハルピン(承前) 安重根記念館

中国の韓国研究者とのハルピン旅行の楽しみの一つに安重根記念館がある。 もともと朝鮮民族芸術館にあっ

記事を読む

no image

戦時下の民生のイメージ:『戦時下の日本映画』古川隆久 吉川弘文堂 2003年

観光も戦時下において隆盛になった。満州観光や神社巡りが奨励された。戦争の勃発と同時に大人の映画観客が

記事を読む

no image

マニラ市街戦 NHKのドキュメンタリーを見て

港区図書館で表記DVDを借りて早速見てみた。マニラは二回訪問しているが、最近はUberも登場している

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑