*

QUORAにみる観光資源 フランスには第一次世界大戦がきっかけで未だに住むことのできない地域があるって本当ですか

公開日: : 最終更新日:2020/12/01 戦跡観光, 観光資源を考える

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのRichard Sampleさんの回答です (ご本人は翻訳の成否を確認しておりません) :Is it true that there are areas in France that are still uninhabitable due to World War 1?フランスには第一次世界大戦がきっかけで未だに住むことのできない地域があるって本当ですか?

ああ、ありますよ。レッドゾーンとか、ゾーン・ルージュと呼ばれる地域のことですね。

ここに残されている危険性は-不発弾(ガスを含むものもあります)-不発弾の手榴弾-錆びた弾薬-鉛、水銀、塩素、ヒ素、危険なガス、酸、人間や動物の遺体で汚染された土壌-弾薬庫-化学プラント-立入禁止とされている場所は、植物の死亡率が99%となっています。Red Zone

関連記事

no image

『永続敗戦論  戦後日本の核心』、『日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず』『英国が火をつけた「欧米の春」』の三題を読んで

「歴史認識」は観光案内をするガイドブックの役割を持つところから、最近研究を始めている。横浜市立大学論

記事を読む

no image

保護中: 7-1 先行研究1(高論文要約)

高論文 「観光の政治学」 戦前・戦後における日本人の「満州」観光 (満州引揚者)極楽⇒奈落  ホ

記事を読む

no image

蓮池透・太田昌国『拉致対論』めも

p.53 太田 拉致被害者家族会  まれにみる国民的基盤を持った圧力団体 政府、自民党、官僚、メディ

記事を読む

no image

◎◎5 戦争裁判の観光資源化~東京裁判とニュルンベルグ裁判比較~

ニュルンベルク・フュルト地方裁判所600号陪審法廷は、ニュルンベルグ裁判が開催された法廷として資料も

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

https://youtu.be/RijLPLzz5oU 中国とロシア  たった二週間のモ

記事を読む

no image

横山宏章の『反日と反中』(集英社新書2005年)及び『中華民国』(中央公論1997年)を読んで「歴史認識と観光」を考える

 歴史認識を巡り日本と中国の大衆が反目しがちになってきたが、私は歴史認識の違いを比較すればするほど、

記事を読む

no image

Quoraに見る観光資源 米国のfederalistの意味 米国大統領選挙の仕組みが理解できる解答     

アメリカはイギリス宗主国から独立した新生の共和国でしたので自由を求める市民による革命戦争という経緯

記事を読む

no image

保護中: ○日米関係史「開戦に至る10年」2陸海軍と経済官僚(メモ) 

明治憲法(67条)は、予算は行政機関に対する天皇の訓令という考え方であり、統治者自身は予算に拘束され

記事を読む

no image

◎◎3 戦争、観光、メディア~戦争も観光資源へのパスポート~

 戦争・戦闘はメディアが好んで取り上げる。メディアは刺激を基本とするからである。観光を論じる意義とそ

記事を読む

no image

『ダークツーリズム拡張』井出明著 備忘録

p.52 70年前の戦争を日本側に立って解釈してくれる存在は国際社会では驚くほど少ない・・・日本に

記事を読む

PAGE TOP ↑