*

174 República de Honduras  COPAN

公開日: : 最終更新日:2020/02/13 海外旅行感想, 海外観光

サンサルバドルの空港で、コロナウィルスがどうのとうるさかった。私は日本人だといい、エルサドバドルのマラリアのほうがよほど怖いと言ってやった。 税関申告の時、果物持参にマルのチェックをしておいたら、聞かれたので、夕食のためだというと、通過。チェックしないで見つかると面倒なはず。 タクシーの掛け声がかかる。いくらだと聞くと30ドル。VIATORの36ドルより安い。もっとも、VIATORは相乗りなら20であり、事前カード決済。一長一短だ。 いよいよ宿。写真どおりだが、写真は鮮やか過ぎるのが難点。価格通りのものだが、不満はない。夕食込みで30。

宿で午後四時まで一休み。ヤクザとガードマンの銃撃戦があった場所には近づかないようにというところを頭に入れて、涼しくなってきた16時ころ、セントロ地区の散策にむけ出発した。明るいうちにマーケット方面にゆく。だんだん人混みになってくる。もうすでに、ガイドブック流に言うと危険地帯に足を踏み入れているようだ。しかし、一般庶民でごった返している。警官もいる。神戸の三ノ宮で、山口組と一和会の発砲事件があったが、住民はさほど気にせず、あるいていた。これと同じであろう。といっても隙を見せてはいけない。私の場合、身なりは住民以下かもしれない。 一時間程度歩いたので、無理をしないで宿に帰ることにした。 この国では堕胎に厳しく、流産しても刑務所に入れられる女性が多いというニュースをbbcが流していたことがある。

夕食は宿に併設したレストラン、といっても安食堂であるが。メニューを見てもわからないが、食堂のおばさんが適当に教えてくれた。ご飯に肉と飲み物で4ドル弱。払ってもよかったのだが、ブッキングコムで夕食込みで払っていることになているので、そのことを伝えた。しばらくして、宿の主人が納得してくれたみたいだ。宿代が25ドルだから、やっていけるのかと心配したが、別に大丈夫なようだ。

 朝4:30 迎えがくるか心配だったが、宿のフロントに人もいて、車も時間通りにきた。サンサルバドルツアーの文字をつけたシャツを着ている。コケイジャンだ。予想通りに、私一人が参加者。貸切だから、二人分支払っても三万五千円はやすい。でも代わりにガイドの息子がゴパンまで同乗。用事があるみたいだった。カナダ籍があるとか。 コパンにはガテマラ経由で行くという。その方が便利なようだ。途中で、地震の跡をみる。インデアンの乳と呼ばれる岩をみる。ガテマラ桜もさいていた。ホンジュラスに入るには5ドルいる。

08:40コパンの駐車場にはいる。ネットで見た風景だ。 専門のガイドがつく。ガイドさんも現役のマヤ人かと思った。コパン遺跡とマヤ文明はある程度参考書を読んできた。遺跡が何層にもなっているので、まだ四分の一しか発掘されていないようだ。フランスからの団体客がいた。11:00帰りに発掘現場も見せてもらった。JICAの協力もあるようだ。 11:45 ホンジュラスから再びグアテマラへ 13:30 グアテマラからエルサドバドルへ。またコロナウィルスを聞いてきた。こちらは昨日虫に刺されて、マラリアの心配をしているくらいだ。 ライムストーンのきれいな街を通過。15:50には、サンサルバドルを通過、流石に首都で、高速も混雑が激しい。昨夜中止した新市街地の感じも車窓から掴みとれてよかった。アメリカの外食オンパレードだ。 空港には 17:00到着。空港までのエキストラをだしたので、30ドル渡して、チップはなしにした。 空港ですぐに無料wifiに接続、電子チェックインを済ませて、出国手続き。職員がマスクをし、コロナウィルスのことも画面でながしている。セキュリティの係員が電子搭乗券に出発日時がないという。確かに時間しか出ていないが、その時間は既に過ぎ去った時間だから、明日の未明の時間だというとわかったみたいだ。電子チェックインが24時間前からである理由が改めてわかった気になった。 無料wifiを探すとあるレストランが流していたので、そこでコーヒーとケーキ。合わせて10ドルは高いのかやすいのか?直ぐにキレてつなぎ直さないといけない。gooleフォトの操作をしていると、具合が悪くなったので、一度電源を切ってみた。すると、アイホンのアップグレートが完了しましたとのメッセージがでて、携帯の電波の柱が立った。電話が通じるようになった。迷惑な話だ。 モバイル通信をオンにしていたことをわすれていた。wifiでgooleフォトの処理をしたつもりだが、モバイル通信が使われたとすると通信料が馬鹿高くなっているはずだから、帰国後確認する必要がある。 空港内は8:30に店仕舞い。待合室も閉鎖。通路にかろうじて備えてある椅子がありそこに座るしか無い。幸い電源がある。9:30が出てしまうと、1:30のアメリカンまで無いのだから仕方がない。日本時間では正午だから無理に起きていた方がいいと理解する。アメリカンだけがポツンとダイヤがあるのは何故なのか。アメリカからの到着便があり、夜間ステイしないのだろうか。 セキュリティの職員はそれにもかかわらず、おしゃべりしながらいる。アメリカンの乗客はランダムにくるからか。でもアスンシオンでは、閉鎖していたから、追い出すこともできるのだと思う。 冷房が効きすぎて寒い。東京を出てきたときの服装に着替えた。ダラスフォトワースは14度らしいので、大丈夫だろう。それにしても中南米路線は車椅子利用者が多い。それだけ高齢者の旅行が多いのかもしれないし、肥満などからくる足腰の弱体化なのかもしれないと思った。しかも面白いのは、ベンチに腰掛けていて、トイレにも自分でいっているのに、搭乗のときは車椅子に座って行くのである。 https://photos.google.com/share/AF1QipOWyPX5Kujdubv10y8SRTyeE8Yc_TcGkA2VBPFfGp9_SS8O8jw95OAjstx7Ctl8ZQ/photo/AF1QipM0RnEHB-IobSNmtFEHW0ECFB62Ka9BLOKrCM06?key=UmRUaEFKR2ozdzdBbGtXT0FyZnB1VXoteHl2azl3

https://photos.google.com/share/AF1QipOpSIOlXyGjcw2RC6HDaRMmiLXUSBAD5jF0mBP2wIMhh99fdH9JEhCgBqi15f77Xw/photo/AF1QipPnAhbqDpc3ZDx2PIjz504wmF3N5Fxt6bmYZS0E?key=LVk0Y2phUmloTlViMGRoRUM0YnZJOXZnai1FNEd3

https://photos.google.com/share/AF1QipO75ynyVAsQVOC9luxz_GZeZOHKbOYltqSfSpKIYjQYE_hJSgkbXlSwkIh5Pl6mdA/photo/AF1QipM0mSIqF1iEkHyRUFFfPMJ5EKu8RRQi3cMWetgy?key=eGMya3lOSU5QLUFfQzRZM0FpaWYyc0R4Tkx1SUZR

https://photos.google.com/share/AF1QipNjisg4SUYLIS-czg3aZWpxcfT6rrOsNWlFfYBCcWey3T9HaLS5wkQ7eIIedCNW7w?key=dzJIQXAwVllUSWlBazBIdF9HMHFhQjlOamJ2ZlZR

https://photos.google.com/share/AF1QipOCzfsrBb6UEctA3PjarAmMddBP3wPZc-8oNvS50i292YaEQNNpgrUR3H-gD3sxUA/photo/AF1QipPgdgKnDv6TTPGRjgQMA6-Vks5SAcYrQDXquJP3?key=NnBRYkdwaVNDZGduZHdfNTFldHBxdmFBLWpISlNn

https://photos.google.com/share/AF1QipPTHgm0UnLIYxn8vqufTUIK64-0regDwFPpWVvR8WuRz_higbTxtfyHbG85SYkaug/photo/AF1QipOflU7F51D2rBFu6LkfK-HEGKxcxq2yqvR7vBXz?key=eXBNRlNsZXpmSHlQdkxfeWcxUHozSDc4dHU4OTVB

関連記事

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(3)ツァータン居住地

2015年8月20日 朝日が山裾から昇る。10時ころであろう。標準時間は日本と同じになったようだ。

記事を読む

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

no image

杭州 人口918.8万人一人あたりGDP 約170万円

抗州東から地下鉄4号線で。ブランドショップが立ち並ぶ四角から、西湖が見える。人工湖だという

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(4)

◎米軍へのこだわりが観光資源にも反映されている。 まず朝鮮戦争。金正恩第一書記になってから建てられ

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(1)

◎はじめに 観光学を研究するものとして、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)にも一度行って

記事を読む

11月18日午後 ハルピンの安重根記念館 サンフランシスコのForgotten Camp

動画 https://www.facebook.com/shuichi.teramae/video

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

168Republic of Guyana ガイアナ

ガイアナは15世紀前後にスペイン人が上陸し、16世紀後半にオランダ人が自国と同じような町を建設、

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑