*

国際観光局ができたころ 満州某重大事件(張作霖爆死)と満州事変

排日運動が激しくなってきていた。当時は関東軍は知らず、河本大佐数人で実行。満州の出先機関はバラバラ、軍、外務省、満鉄等が対立。

列車爆破後、日本人居留区への爆弾事件。派兵の口実を探る。領事館にお伺いを立てるも、立川という警察署長がはねつける。

満鉄は金建ての運賃、志那側の運賃は銀建てで、半分。収入が激減し、満鉄はつぶれるのではないかといわれていた

竹下義晴中佐 陸軍は移動が激しく、人が変わるから、理想を部下に徹底させることは難しい。石原莞爾の理想も受け継ぐことはできない

武内朝日新聞奉天支局長 当時としては仕方がなかった

他民族を力で抑えようとしても、結局は歴史が許さない。

鉄道省詰めの社会部記者 9時発のつばめ乗車する高官の確認 各社駅長室で情報交換 首相には政治部首相掛がいる

関連記事

no image

井伏鱒二著『駅前旅館』にみる観光

新潮文庫の『駅前旅館』を読み、映画をDVDで見た。世相はDVDの方がわかりやすいが、字句「観光」は

記事を読む

no image

「食譜」という発想 学士會会報 2017-Ⅳ 「味を測る」 都甲潔

学士會会報はいつもながら素人の私には情報の宝庫である。観光資源の評価を感性を測定することで客観化しよ

記事を読む

no image

安田純平『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』集英社新書

p.254「戦火のイラクに滞在し、現地の人々の置かれた状況を考えれば自分の拘束などどういうことでも

記事を読む

no image

『大阪の宿』水上瀧太郎著 小説 映画

東京のサラリーマンが転勤で大阪の下宿屋に暮らした2年間を描いたもの。小説では大正時代(「大正十四年

記事を読む

no image

戦争とテロ

国際刑事裁判所の設立を定めたローマ規程は、設立条約に合意していない諸国にも適用されるところから、アメ

記事を読む

no image

2016年3月1日朝日新聞8面民泊関連記事でのコメント

 東京都大田区が、国の特区制度を活用して自宅の空き部屋などを旅行者に有料で貸し出す「民泊」を解禁

記事を読む

no image

上田卓爾「明治期を主とした「海外観光旅行」について」名古屋外国語大学現代国際学部 紀要第6号2010年3月を読んで

上田氏の資料に基づく考察には鋭いものがあり、観光とTOURISMの関係についての議論を発展させる意味

記事を読む

no image

矢部 宏治氏の「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466 外務省がつ

記事を読む

180 モーリタニア NKC ヌアクショット 

正式名称は「モーリタニア・イスラーム共和国」である。 国土は103㎢(外務省)で日

記事を読む

no image

国際人流・観光状況の考察と訪日旅行者急増要因の分析(2)

1 国際「観光」客到着数   『UNWTO Tourism Highlights 2016 E

記事を読む

no image
ジャパンナウ観光情報協会原稿 2020年3月 コロナウィルスと人流規制

コロナウィルス騒動の中、旅行先のサンサルバドル空港では空港レストラン

no image
183-1 カナリー諸島自治州 LPA

Canary Islands sandstorm: Fli

183-2 カナリア諸島自治州  TFN 

テネリフェ島に世界遺産の街「ララグーナ」  テネリフェ島の

179 ガンビアBLJ資料

目黒区青葉台 セネガル大使館   <必要書類>有効期限が6

no image
179 ガンビア BJL

有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き2ページ以上のスタンプの

→もっと見る

PAGE TOP ↑