*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月18~19日 ベニン(国連加盟国154か国目) 旧社会主義

公開日: : 最終更新日:2023/07/31 シニアバックパッカーの旅

初等教育のカリキュラムが旧フランス植民地国ではフランス式になっており、フランスの歴史地理などを学んでいる

コトヌーアルバム

 
2023年2月18日
18日深夜に、ベニンのコトヌーに到着。空港に近い宿からの迎えを見つけ、一安心。足代7€運転手に支払う。一泊30€、宿には日本人女性が宿泊していて、三人いるという。
部屋のベッドには蚊帳があり、マラリヤ対策の名残かと合点。
朝チェックアウト時、カード読み取り機故障とのこと、空港までバイクで送ってもらい、ATM。しかし最低額が宿代金の2000をはるかに超える20000フランと大きすぎて、虎の子の現金30€を支払う。(これは、宿側が代金2000西アフリカフランと書いていたのが原因。20000フランの誤記、私も気がつけば、虎の子を使わずすんだのだが、ローカル通貨に無関心な心がけが災した。)
チェックインカウンターで、アビジャンに加えて、ガボンはルーブルビルまでの紙の搭乗券を出してもらう。電子チェックインは正式にはやっていないとのことだが、中途半端はトラブルのもと、アビジャンで半日空港ですごす長旅の始まりだった。
座席は、自動チェックイン時は窓側にしていたのだが、気がつくと通路側になっていた。全く連動していないのだ。直ぐに気がつけばよかったのだが、また並び直すのは面倒なのでそのまま。
アビジャン空港は大混雑。セキュリティチェックに一時間はかかった。Bamakoやニメアといった、日本流では超危険地域にも飛んでおり、人々はふつうに移動しているようだ。外務省の担当者にしてみると、何か日本人が巻き込まれた事件が起きると、普段は無関心な記者たちが大挙して押し寄せ、しかも、ほとんど通常生活しているところはニュースバリューがないから報道せず、危ない面だけを大きく取り上げるので、大使館も必然事なかれ的になるのは無理もない。
遅めのランチをと、空港制限区域内唯一のレストランで、注文。カードを出すと、ATMで現金にしてこいといわれた。これは、予定外。昨日チェックイン前に制限区域外のレストランでカードが使用できたので想像もしなかった。ATMで必要な額5000を入力すると、現在用意できませんと表示。どうもパックになった20000単位でしか用意してないのだろう。他の国で使えるならと、調べると、西アフリカフランのXOFは、コートジボワール、ベニンの他は、今回は予定していない国でしか使えない。これから向かうカメルーンなどは西アフリカフランでもXAFのほうで、価値は同じくユーロペッグなのだが、通用しない。
無情なチャリティボックスがそばにあるが、わかっていて無駄な金を引き出すこともないと、ランチは諦めた。十時過ぎの機内食まで我慢した。

動画

 ビザの取得  オンラインで簡便に取得ができた。費用は50€。出国用航空券も宿泊証明書も申請時は不要であり、空港到着時に保有していればよい。touristVisaで 入国時を明確にしておけば、30日間の有効期間があり、ずれ込んでの入国も可能である。コロナ規制も存在しない。

正式にはベナン共和国で、以前はDahomeyであったベナンは、西アフリカの国。ベナンの首都はポルト – ノボ、しかし、政府の所在地は国の最大の都市と経済の首都コトヌーに。ベナンの公用語はフランス語。しかし、FonやYorubaなどの先住民族の言語が一般的に話されている。それは、米国ソビエト社会主義共和国連合の解散後の1975年から1990年までのマルクス主義レーニン主義国家。 1991年に、それは現在の複数政党のベナン共和国によって置き換えられた。

イニャムプレ

 

https://youtu.be/y4CIn0jweuc
https://youtu.be/DTlj6EZ4BQ4
https://youtu.be/aPWzxqeFDqw
https://youtu.be/xiJvwNTLjI4
https://youtu.be/BW1pJ3wM9LQ

 

 

https://youtu.be/Bc7N_xjl8Ro
https://youtu.be/DTlj6EZ4BQ4
]
https://youtu.be/5RTq7YMsM6I
https://youtu.be/5Tb0Q3BmfzI
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2019-01-31-5-1024x576.png です
Saint Michel church
セントミハエル教会

 

奴隷海岸

そのベナンの歴史は深く、17世紀以降ダホメー王国として奴隷貿易で栄えていた。そして19世紀にはフランスの植民地化となったものの、1960年8月1日にダホメー共和国として独立し、75年にベナン人民共和国と改称、ベナンの首都はポルト・ノヴォですが主要機関はすべてコトヌーにある。
奴隷貿易、ここを訪れずしてベナンの旅を語れない。不帰の門はそのままの意味、ここを通ると二度と帰って来られないことを意味している負の世界遺産で1995年に建設された。多くの人々がこの奴隷海岸と呼ばれる地から、故郷ベナンから遠く離れた場所へ奴隷として輸出。 1700年代から1860年までの約150年間で、約100万人のベナン人が奴隷として、ブラジル、カリブ諸国、アメリカ大陸に運ばれた。奴隷を輸出するために、ベナン人が同じベナン人の奴隷狩りを行っていた。 https://kouhei-elmundo.com/20160809120000/

19436862 349151105503256 5958735161435619328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
18947871 125152898064209 947615384888934400 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ガンビエの水上都市

ウィダーの奴隷海岸までの「奴隷街道」には、当時を偲ぶ史跡が多く

https://ameblo.jp/kusamatsuyoshi/entry-12096603434.htmlh

奴隷海岸

アボメイの王宮群  

 

Mikwabo! Soyez le bienvenu/la bienvenue au Bénin et chez KARLS guesthouse. Nous espérons que vous aurez un séjour agréable chez nous. Besoin d’un taxi pour venir vous chercher à l’aéroport? Indiquez nous le numéro de votre vol et l’heure d’arrivée, nous enverrons un chauffeur qui connaît la maison. Le prix est 4 000 FCFA (6 €). Voici le lien pour nous trouver sur Google maps: https://www.google.com/maps/place/KARLS+office&home/@6.3592063,2.3945729,18z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x102355b5217e3cdf:0x47f9372342baaeda!8m2!3d6.3592036!4d2.3956672 Prière noter que les prix affichés sur booking.com s’entendent pour des chambres ventilées. Le supplément pour climatisation s’élève à 2 500 à 4 000 FCFA (3,2 à 7,5 €) par nuit, selon la taille de la chambre. Plus d’information à la réception lors du check-in.

関連記事

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019.10.15 シンガポール新嘉坡(国連加盟国7か国目)

DRW MI804 SIN 1:30 SQ5204 4:45

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの旅 2022年5月9日 カルス・アニ遺跡

https://photos.google.com/album/AF1QipPGDUpyXqrr

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道  2006年8月29日~9月1日 長女との旅 エジプト(国連加盟国25国目) カイロ、ルクソール

オベロイホテルからのピラミッド[/caption] スフィンクス特典航空券を

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年9月4日 チェンナイ 

 GooglePhotoの一連の写真・動画 https://photos.google.com

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 キプロス(国連加盟国70か国目)🏳‍🌈❾北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album/AF1QipM-qLnPhR

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 夫婦で旅行 2012年5月2~6日 クロアチア(国連加盟国53か国目)プリトヴィッチェ湖群国立公園、ザグレブ、スプリット、ドブロクニク

プリトヴィッチェ湖群国立公園 プリトヴィツェ湖群国立公園は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボス

記事を読む

Ghana (140) Road way from Accra to Lome February 11 – 12, 2019

I headed to Accra from Lagos. The Africa World Ai

記事を読む

Seychelles (142)       15th – 16th February 2019

I took off Addis Ababa, flew over Somalia, and ar

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑