*

混浴は伝統ではない 『温泉の日本史』『温泉の平和と戦争』を読んで メモ

書評に「論文等を査読・掲載する学会誌を年2回刊行、全国の温泉地で年2回開催している研究発表大会が基本活動内容なのは、他の学会と同じです。ただ、研究活動を通じて温泉地域の発展に寄与することを目的としているのはユニークで、大切だと思います。私自身はとくに「総湯(そうゆ)」という歴史的な共同湯の研究を続けており、石川県加賀温泉郷の山中、山代(やましろ)温泉に代表されるような総湯広場を中心とした温泉地の活性化に注目しています。」と出ていいた(http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/110064.html)。総湯のイルージョンがまた膨らんでしまう。
アマゾン書評「本邦での温泉通史。万葉集の「熟田津」の昔から、今日までの歴史を綴る。中世の「隠し湯」や村の共有財産的だった温泉の転換点になったのは江戸時代に大衆化して以降。特権だった湯治が大衆化し娯楽になっていく。明治の地租改正で公有地と私有地の峻別が進む中、入会権扱いだった温泉の存続が危殆に瀕したこと、外湯中心の温泉場から内湯の温泉街への進化、自噴の源泉から動力汲み上げの源泉への転換等、温煙の向こうで本質的な変化が起きていたのは興味深い。改めて「公共財としての温泉」を見直す視点が新鮮。」法学士の書物だから視点がしっかりしている。
しかし、私の経験からは、山代温泉ではどこを掘ってもお湯が出てくるので、庶民には井戸を掘らせないで、そのかわり清水口と呼ばれる給水所を配置していたと聞いているから、民主的でもなかったはず。山中温泉は、新家熊吉が旅館業に進出してきたときに、財力でかなわないと思った既存旅館業者が結託して、温泉の権利を山中町に移管したと聞いている。
片山津温泉は明治以降の温泉で、総湯概念自体がなかったはずで、財産区も解消してしてしまっている。
山中の海軍病院、山代の陸軍病院の歴史は面白い。

しかし一番の面白い記事は混浴。
あとがきに歴史的には湯具着用こそ入浴のスタンダードだった。新しい湯ふんどしを着用せず入ろうものなら叱られるのが、草津をはじめ温泉地の習いであった。江戸の銭湯が混浴禁止令を無視しようとしたのは、商売上の理由が大きく、今日の混浴風呂にもあてはまる。裸での入浴は伝統というほどのものではないのである。一方、湯具の有無を問わず、西日本を中心に男女別浴の温泉地が多かった

関連記事

no image

Quora Covid-19の死亡者はアメリカが27.9万人、日本が2210人 (12/06現在) です。日本では医療崩壊の危険が差し迫っているとの報道がありますが、アメリカに比べて医療体制が貧弱なのでしょうか?

12月16日現在、アメリカでの死亡者数は約30万4千人、そして日本での死亡者数は2600名足らずで

記事を読む

no image

海外旅行の情報入手手段(米国と中国)

ネット社会であり、旅行業も変わってきているというが、米国商務省資料によれば、米国居住者はネット以上に

記事を読む

no image

世界最古の生命体(ブリストル・コーンパイン)

BBCを聴いていて、世界最古の生命体のことを放送していた。 英語の勉強のつもりで聞いているのだが、

記事を読む

no image

Nikita Stepanov からの質問

Nikita Stepanov (Saint-Petersburg State Polytechn

記事を読む

no image

2016年3月6日7日熊本県人吉市での肥後交通・オフサイトミーティング参加の旅

システムオリジン、チームネクストの仕事で、肥後交通が毎年実施している従業員のための研究会を視察する機

記事を読む

人流を考える ~百か国達成の旅~ 

百か国達成を目指す旅に出ることになった。今回の旅行はひたすら数を追うたびである。 その意味ではHu

記事を読む

no image

欧米メディアの力を示す一例

このスクリーンショットをみて、来月旅行予定の南ア諸国が上位4位を占めていた。そのことは承知していた

記事を読む

no image

刑事コロンボ49話 迷子の兵隊

易経が出てきたのでうれしくなった。最近の学生は易という言葉を聞いたことがないという。占いだと言って

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

no image

『金語楼の子宝騒動』(「あきれた娘たち」縮尺版)少子高齢化を想像できなかった時代の映画

1949年新東宝映画 私の生まれた年である。嫁入り道具に風呂敷で避妊薬を包むシーンがある。優生保護

記事を読む

no image
ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

全米25州の旅程である。交通が発達しており、バスや鉄道が必ずしも経済

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

→もっと見る

PAGE TOP ↑