*

ライドシェア「白タク」と健康食品の関係

有償運送サービスは、許可を受けたバス、タクシーでなければ営業できず、それ以外は違法というのが日本の制度である。
医薬品は、薬局でなければ販売してはならないというのが、日本の制度でもある。医薬品でなければ薬剤師のいないコンビニでも販売してかまわないわけで、健康食品は販売されている。
(厳密には医薬品の種類により規制が異なり、ネット販売も解禁されているが)。

いま日本では、ライドシェアが社会問題化しつつあるが、健康食品と医薬品の関係に似た議論である。
英米では、車庫待ちの輸送サービスは公共輸送ではなく、いわば健康食品であるから、薬局だけではなく薬剤師のいないコンビニでも販売できるがごとく、ミニキャブやブラックカーとして販売されている。
日本では、車庫待ちの輸送サービスも流しの輸送サービスも同じ範疇で扱われており、薬局だけでしか販売でき、薬剤師のいないコンビニでの販売は禁止されているようなものとなっていいるから、タクシー会社でしか販売できない。

これ現行制度に対して車庫待ち輸送サービスは健康食品扱いにして、専門家の薬剤師の必要性はなくしてしまい、そのうえで、薬局では健康食品も販売できるようにしてはという提案が関係業界の中から提案されている。つまり、Ⅱ種の運転免許を不要にして、タクシー会社からの販売は自家用車の運転免許と同じにしてはというのである。

私は、タクシー会社だけの利益を考えるのであれば、その方が得策であり、業界の多数の賛同が得られる提案だと思う。
しかし、世の中は、タクシー会社だけで成立しているわけではない。
健康食品を販売するのに、何故薬局だけでしか行うことができないのか、コンビニでも売らせろと反論されるに違いない。
同じ議論が、車庫待ち営業サービスでも出てくる。タクシー会社だけでなく、ほかの者にもやらせろと言われたときに、合理的な反論ができない。

それどころか、車庫待ち営業だけの輸送会社を設立して許可を受けて、仕事を始める者も出てくるであろう。
薬剤師も不要でロボットが調剤を始めるようになると、その方がミスを犯しやすい人間より安全だという時代が来るかもしれないように、
車の運転も、二種免許保有者の運転よりも、自動運転車の方が事故が少ないとなれば、二種免許制度が瓦解する。それどころか、安全性において、自家用車と変わらなるのであるから、道路運送法制度が不要となる。

それを見越しているから、今は、車庫待ち営業の二種免許不要論には簡単に組せなく、業界全体にとっても不利益だと判断しているのであろう。
私はその判断の方が業界全体に取っては、正しいのではないかと思う。
ぬけみちをつくれば、簡単に瓦解すると思う。

勿論、私の自論は、車庫待ち営業は公共輸送ではないから、流しと同じように規制することは廃止すべきと思っており、しかるべき規制をかけたうえで、既成業者だけに限らず誰でも等しく営業できるようにすべきであると思っている。勿論中国人も同様に取り扱うのである。

関連記事

侮辱されたUber運転手の報道と欧州での訴訟報道

CNNは、NYPD警官がアメリカに来て2年のUber運転手を侮辱しているニュースを流しています。NY

記事を読む

ロンドン配車アプリ調査⑤  Uberが投げかけた問題~スピード感の違い~

① Uberへの配車依頼 タブレットから日本でダウンロードしたUberのappにより予

記事を読む

Boro Taxis(Green Cab) ニューヨーク市民の新たな足「ファイブボロー・タクシー」  ニューヨークのタクシー台数増加

かつては、車体を独特の黄色に塗装した"メダリオン・タクシー" (medallion taxicabs

記事を読む

運転手付きレンタカーの問題

運転手付きレンタカーの問題も、私は基本的には道路運送法の問題だけでは解決できないと思っている。繰り返

記事を読む

『タクシー定期券』の専門誌報道について

2016年8月29日の東京交通新聞に「タクシー定期券」の報道がなされていた.定期「券」に問題があるの

記事を読む

ライドシェア、ホームシェアに見る各国シェアリングエコノミー論の展開

1 シェアリングエコノミー論の登場  新経済連盟が2015年10月30日に「シェアリングエコノミー

記事を読む

November 4, 2016   Survey report No.4 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

◎ Taxi & Limousine Commission  In the morning, we

記事を読む

シェアリング・エコノミー論議の方向性 ~貸切と乗合の相対化~

1 シェアリング・エコノミー論の登場 (1) 人流市場のシェアリング・エコノミー論 1970年代

記事を読む

no image

livery stable とlivery cars 流し営業の歴史

図書館から「真昼の決闘(ハイヌーン)」を借りてきて見た。 そのなかで、Livery stapleの

記事を読む

no image

満州事変(1931年)前の訪日中国人の割合は現在のインバウンド政策時代の割合と変わらない

戦前鉄道省に国際観光局ができる前年の1929年の外客数は34755人であり、うち中華人16300

記事を読む

no image
Quora 古代日本語の発音

youtubeで、「百人一首を当時の発音で朗読」という動画を見ました

no image
ヴァーチャル旅行アフリカ篇①総括(LON、DXB、DOH比較)

2020年5月の旅行計画であったが、コロナの影響により中止の判断をし

ヴァーチャル旅行アフリカ篇① マディラ諸島 FNC フィンシャル空港 マディアラ島の月桂樹林(1999年世界遺産)大西洋の真珠

「マデイラワインは、永遠に生き続けるのです」とホテル「ベルモンド・リ

ヴァーチャル旅行アフリカ篇① アゾレス諸島The Azores TERテライズモ、PDLポンタデルガータ

TERテライズモ テルセイラ島 (Terceira)

ヴァーチャル旅行アフリカ編① カナリア諸島自治州  TFN 

テネリフェ島に世界遺産の街「ララグーナ」  テネリフェ島の

→もっと見る

PAGE TOP ↑