*

人流を考える ~百か国達成の旅~ 

公開日: : 最終更新日:2017/05/22 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

百か国達成を目指す旅に出ることになった。今回の旅行はひたすら数を追うたびである。
その意味ではHuman Logisticsの旅であるが、ドバイの紀伊国屋で見かけたHUMAN CARGOというタイトルからは、HUMAN LOGISTICS の語感は良くなく、LOGISTICS FOR HUMAN に変えた方がよいかもしれない。

しかし、かすかな希望をもって先進医療を受けに移動する金満家も、絶望状態から脱出するため地中海を決死の覚悟で渡る難民も、ある目的を持って移動するという意味では変わりはなく、やはりHUMAN LOGISTICS なのかもしれない。

物流がそうであるように、どの国に行っても、巨大コンテナクレーンとコンテナ船、大型トレーラーでである。国による特徴などほとんどなくなっている。これにより、コカ・コーラにマクドナルド、スマホにタブレット、トヨタにBMWが世界中に行き渡っているのである。

人の移動も無縁ではない。ヒトは差異を求めて移動すると私は理解している。その一部が俗に観光と称される動きであり、旅行の一部である。物資は最終消費されて目的を達成するが、旅行の場合最終目的は定かにはされていない。あえて考えるとすれば「死」なのかもしれない。定住地が定義できるとするならば、定住地以外のところにいることは、移動していようがいまいが、旅行状態にある。宿泊と交通も相対的なものなのである。

百か国達成も、情報ツールの活用のおかげである。とくに計画を立てる際に効率的なスケジュールを組むことを可能とする。さらには、現地での実際の位置情報の把握にスマホ、タブレットが抜群の働きをしてくれる。日本の鉄道全線走破を成し遂げた20世紀末、終盤には時刻表検索の初期のものが使えたが、ほとんどが国鉄時刻表であった。従って、大阪市交通局の地下鉄時刻表がPDFでしかアップされておらず、開くのに以上に時間がかかったことを今でも覚えている。難波での乗り換えができるか否かが重要な判断に入っていた時であったから。いまは、現地での確認にGPSが不可欠である。これにも問題があり、インターネットにつながっていないと、地図情報が読めないからである。従っていったん無料Wifiのあるところでダウンロードしてから、であるくことになる。今回は、スマホの電源に問題があり、苦労した。また、三次元情報ではないところから、現地での起伏の大きさに驚かされることも、たびたびであった。

いま世界中でスマホが使われている。先進国も後進国もない。車内、路上、機内いたるところでスマホを触っている人だらけであり、私の田舎の石川県で小学生に携帯電話の使用を条例で禁止したことがあったが、時代錯誤も度が過ぎていたように思う。スマホが標準装備された社会では、無料WIFIと電源確保がさらに大きな問題である。海外旅行の場合は、空港とホテルであるから、あまり問題はない。機内の座席にも電源装置がおかれている。観光資源とは他との違いだと説明しているが、基本的にはスマホ社会では他との違いはより少なってきている。私はこれを日常と非日常の相対化だといっている。

5月3日の深夜から20日の深夜まで、バルカン、中東の旅に出た。
oneworldの特典航空券を使用し、カタール航空でドーハ、ローマとビジネスクラスを予約した。JALでなければJALのマイル10万マイルで行ける。エコノミーでも7万マイル必要であるから割安である。これにトビリシの往復も加えることができる。同じ都市は3回まで、区間は6区間というルールがあり、エアラインを複数使用すればもう一カ所訪問できるが、その場合は12万マイル必要になる。オープン・ジョー(間に陸上区間を挟むケース)も許される。今回のケースではトビリシの途中でバクーを挟んでもよかったがそこまではしなかった。
JALではないので予約は電話でしかできないが、Jalはほとんど特典航空券の空きがない。ひそかに聞いたところ、あまり出さないようだ。今回もドーハ・ローマ間の行きはなかなかビジネスがとれず、最初エコノミーで予約した。ぎりぎりになって電話してみると空きがあった。実際搭乗してみると空席が目立ったので、人気区間なのかあまり特典航空券用として早くには出さないのかもしれない。わからない。

航空機の乗り方、出入国の仕方、空港でのアクセス、wifiの使い方、両替等ほとんど共通で、案内表示も国際線の場合は英語表記があるので、国により差異はない。北朝鮮、キュウバだって同じであった。むしろローカルの場合は、日本の大半の田舎だって英語表記はなかった。その点、バルカン、中東は欧州と陸続きであり、車のナンバープレートは左側に縦の短冊で国名がわかるようになっており、少なくとも高速道路は英語表記がなされていた。日本の場合、中華系の旅行者多いのだから、日本語表記で漢字を使用する心構えが必要であろう。南アルプス市などは不利である。

私にはグルジア文字やアラビア文字は認識できないが、ロシア文字は認識できる。それは音で頭に入るからである。意味は分からないが学生の時第二外国語で学んだから音で認識できるのである。音は、生物としてDNAで認識できるようになっているものであるが、文字は後で発明されたから少し複雑になると記憶することが無理なのである。街にひらがなやカタカナが氾濫しているが、中国人にはタイ語やベトナム語と同じにしか見えないだろう。もっとも中国の簡略字も日本人には同じに見えるものがあるが、ルールを理解すればすぐにわかるようになる。

関連記事

Comoros Union (146)  February 17, 2019

Visa for Comoros Union was acquired at Senegal Em

記事を読む

no image

『意識はいつ生まれるのか』(ルチェッロ・マッスィミーニ ジュリオ・トノーニ著花本知子訳)を読んで再び観光を考える際のメモ書き

観光・人流とは人を移動させる力であると考える仮説を立てている立場から、『識はいつ生まれるのか』(ルチ

記事を読む

no image

岩波書店の丁稚奉公ストライキ

『教科書には載っていない戦前の日本』p.222 封建的な雇用制度の改善を求めて岩波書店側に突

記事を読む

no image

『レリギオ <宗教>の起源と変容』 三上真司著 横浜市立大学叢書06 春風社 を読んで 観光とTourismの関係を考える

三上真司氏の「レりギオ」の第一章第一節は「宗教」とreligionである。この組み合わせは「観光」と

記事を読む

no image

国際観光局ができたころ 満州某重大事件(張作霖爆死)と満州事変

排日運動が激しくなってきていた。当時は関東軍は知らず、河本大佐数人で実行。満州の出先機関はバラバラ

記事を読む

no image

『大阪の宿』水上瀧太郎著 小説 映画

東京のサラリーマンが転勤で大阪の下宿屋に暮らした2年間を描いたもの。小説では大正時代(「大正十四年

記事を読む

no image

読売新聞、朝日新聞記事に見る字句「ツーリズム」「観光」の用例

読売新聞の記事データベース「ヨミダス」及び朝日新聞の記事データベース「聞蔵Ⅱ」を活用して「ツーリスト

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market ⑥

Ⅴ Competition in the U.S. over the status of the w

記事を読む

Malawi (150)      February 23 – 24, 2019

The Republic of Malawi has a population of 16 mil

記事を読む

no image

中東・バルカン旅行を終えて(まとめ・未定稿)

〇一人当たりGDP とりあえず訪問国の、2016年IMFと2015年国連の一人当たりの名目GDPの

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑