*

マニラのUber報道 Number of Uber, Grab vehicles shocks LTFRB

http://newsinfo.inquirer.net/919650/number-of-uber-grab-vehicles-shocks-ltfrb

Grab Philippines country head Brian Cu for his part said of the 52,398 Grab cars, only 3,000 to 4000 have provisional authority from the LTFRB.
Delgra lamented that Uber and Grab during a previous hearing with the LTFRB said each of these companies only have 28,000 vehicles plying Metro Manila streets.
“During the July hearing, they have about 28,000 more or less each. And today, they’re saying twice or more than twice as many. That’s why we say we are shocked,” Delgra said.
“The number we heard today… These are the data we’ve been trying to get since last year, because we need to understand precisely the issue of accountability,” he added.

READ: DOTr: Grab, Uber must follow rules

Uber’s public policy director Damian Kassabgi for his part said as much as 60 percent of Uber drivers do not go full time, and that only less than 10,000 vehicles drive for the ride-sharing services at any point.

He said the sheer number of registered Uber vehicles in Manila does not mean it is equivalent to one ride-sharing car per one taxi, belying criticisms that the deluge of transportation network service vehicles worsened the traffic in the metropolis.
“We seem to be getting stuck to the numbers, this and that. I want to make it clear, that one taxi is not equivalent to one ride sharing car… What’s relevant is how many cars are at any one point,” Kassabgi said.
He added that Uber only deploys enough number of vehicles to meet the riders’ demand.
“60 percent of our drivers do not see themselves as full time drivers. Many drive for less than 10 hours a week. One taxi car is equivalent to one ride sharing car is simply not true.. It’s important not to get stuck on the numbers here,” he added.
Cu added that Grab only deploys enough vehicles to meet the demand numbering around five percent.
“As of now the numbers we accredited, they don’t ply the roads on an hourly basis…. If we don’t grow supply by three percent a week, then there would be passengers who would not get a ride,” Cu said. IDL

関連記事

no image

鬼畜米英が始まったのは、1944年からの現象 岩波ブックレット「日本人の歴史認識と東京裁判」吉田裕著

靖国神社情報交換会に参加した。歴史認識は重要な観光資源であるとする私の考えに共鳴されたメンバーの一

記事を読む

no image

ニューヨークのジップニー

http://www.bbc.com/capital/story/20170802-new-york

記事を読む

no image

歴史は繰り返す遊興飲食・宿泊税とDMO論議 

デスティネーションを含んだDMOなる言葉が独り歩きしている。私がカタカナ用語のデスティネーションを

記事を読む

no image

観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖閣諸島も血を流してまで得るもの

記事を読む

no image

『総選挙はこのようにして始まった』稲田雅洋著 歴史は後から作られる例

学校で教えられた事と大分違っていた。1890(明治23)年の第一回総選挙で当選して衆議院議員になっ

記事を読む

no image

保護中: JN原稿 視覚情報を解釈する脳

生物に目という臓器ができて、進化の過程で人間にも目ができあがって、宇宙空間を飛んでいる光子

記事を読む

5月4日、5日 マルタ

〇羽田発 5月3日夜21:44浜松町発のモノレールで国際線ターミナル駅を目指す。9:59着。早めに

記事を読む

no image

『意識はいつ生まれるのか』(ルチェッロ・マッスィミーニ ジュリオ・トノーニ著花本知子訳)を読んで再び観光を考える際のメモ書き

観光・人流とは人を移動させる力であると考える仮説を立てている立場から、『識はいつ生まれるのか』(ルチ

記事を読む

no image

戦後70年の価値観が揺らいでいる」歴史家の加藤陽子氏、太平洋戦争からTPPとトランプ現象を紐解く   真珠湾攻撃から75年、歴史家・加藤陽子氏は語る「太平洋戦争を回避する選択肢はたくさんあった」                          三国同盟の見方 歴史は後から作られる例

/https://www.huffingtonpost.jp/2016/12/01

記事を読む

no image

『素顔の孫文―国父になった大ぼら吹き』 横山宏章著 を読んで、歴史認識を観光資源する材料を考える

岩波書店にしては珍しいタイトル。著者は「後記」で、「正直な話、中国や日本で、革命の偉人として、孫

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑