*

マニラのUber報道 Number of Uber, Grab vehicles shocks LTFRB

http://newsinfo.inquirer.net/919650/number-of-uber-grab-vehicles-shocks-ltfrb

Grab Philippines country head Brian Cu for his part said of the 52,398 Grab cars, only 3,000 to 4000 have provisional authority from the LTFRB.
Delgra lamented that Uber and Grab during a previous hearing with the LTFRB said each of these companies only have 28,000 vehicles plying Metro Manila streets.
“During the July hearing, they have about 28,000 more or less each. And today, they’re saying twice or more than twice as many. That’s why we say we are shocked,” Delgra said.
“The number we heard today… These are the data we’ve been trying to get since last year, because we need to understand precisely the issue of accountability,” he added.

READ: DOTr: Grab, Uber must follow rules

Uber’s public policy director Damian Kassabgi for his part said as much as 60 percent of Uber drivers do not go full time, and that only less than 10,000 vehicles drive for the ride-sharing services at any point.

He said the sheer number of registered Uber vehicles in Manila does not mean it is equivalent to one ride-sharing car per one taxi, belying criticisms that the deluge of transportation network service vehicles worsened the traffic in the metropolis.
“We seem to be getting stuck to the numbers, this and that. I want to make it clear, that one taxi is not equivalent to one ride sharing car… What’s relevant is how many cars are at any one point,” Kassabgi said.
He added that Uber only deploys enough number of vehicles to meet the riders’ demand.
“60 percent of our drivers do not see themselves as full time drivers. Many drive for less than 10 hours a week. One taxi car is equivalent to one ride sharing car is simply not true.. It’s important not to get stuck on the numbers here,” he added.
Cu added that Grab only deploys enough vehicles to meet the demand numbering around five percent.
“As of now the numbers we accredited, they don’t ply the roads on an hourly basis…. If we don’t grow supply by three percent a week, then there would be passengers who would not get a ride,” Cu said. IDL

関連記事

no image

戦後70年の価値観が揺らいでいる」歴史家の加藤陽子氏、太平洋戦争からTPPとトランプ現象を紐解く   真珠湾攻撃から75年、歴史家・加藤陽子氏は語る「太平洋戦争を回避する選択肢はたくさんあった」                          三国同盟の見方 歴史は後から作られる例

/https://www.huffingtonpost.jp/2016/12/01

記事を読む

no image

英国通貨がユーロでない理由 志賀櫻著「日銀発金融危機」

ポンド危機と英国通貨がユーロでない理由 サッチャー政権後期の拡張的金融政策で失業率も

記事を読む

no image

徴兵逃れ 『教科書には載っていない戦前の日本』p.238

合法的徴兵逃れは当初は金銭の支払いであったが、批判もあり廃止 養子縁組 あまりにも数が多くな

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

no image

「厚生」省の誕生と国内「観光」政策

字句「厚生」の誕生を調査することにより、国際に限定されて使用されていた字句「観光」の使用例が、国際観

記事を読む

no image

「ボランティアドライバー」 グローバリゼーションをダラスから考える 公研 2019年4月

ハンツヴィル 米国製造業の雇用がこの30年間で減少してきた原因は、グローバ

記事を読む

no image

観光学研究者へのお願い 字句「観光」と字句「tourist」の今後の研究課題

これまで、日本語としての字句「観光」の語源等についての分析は、上田卓爾氏等が発表した論文があり、かな

記事を読む

no image

概念「「楽しみ」のための旅」と字句「観光」の遭遇 Encounter of the concept “Travel for pleasure” and the Japanese word “KANKO(観光)”(日本観光研究学会 2016年度秋期大会論文掲載予定原稿)

「「楽しみ」のための旅」概念を表現する字句が、いつごろから発生し、どのように変化していったかを、「「

記事を読む

no image

日英同盟

日英同盟( Anglo-Japanese Alliance)は、日本とイギリスとの間の軍事同盟(攻

記事を読む

no image

伝統は後から作られる例 関西は阪神フアンという伝統

これも学士會会報の記事、何時も面白い話をしてくれる井上章一氏の「ゆがめられた関西像」 戦後しば

記事を読む

no image
動画で見る世界人流・観光施策講義最終回(開志専門職大学事業創造学部)2023年1月23日 

◎『観光』とは何か 日常生活圏を離れて「非日常」体験を行うこと(日常

『戦後経済史は嘘ばかり』高橋洋一

城山三郎の著作「官僚たちの夏」に代表される高度経済成長期の通産

no image
動画で見る世界人流観光施策講義 退職理由

https://youtu.be/d4sXc3MH3ag

no image
動画で見る人流観光講義  旅行

https://youtu.be/7H4F1DFHKgI

no image
動画でみる世界人流・観光施策風土記 中東イスラム編 イラク

◎イラク戦争 https://youtu.be/s-W7sv

→もっと見る

PAGE TOP ↑