*

中国人のレンタカー使用

公開日: : 最終更新日:2017/08/31 通訳案内と翻訳導游員

「中国の運転免許は日本で無効なのに中国人のレンタカー利用者が増加中」という記事が出ている。https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170818-00074684/

プロの自動車評論家が「このドライバーが日本で有効な運転免許証を持っていたのか不明ながら」というとんでもない前提で、「驚く状況が起きている。」という記述から始めている。中国人観光客の増加により事故の増加も予想されるが、事故率が高くなったかまでは不明である。免許確認の義務があるレンタカー会社の責任がまず大きい。運行供用者責任はレンタカー会社にある、

日本ではすでに中国語による運転免許試験を実施している。運転技術は中国のほうが難しいかもしれない。日本の法令をきちんと理解すれば合格でき、高齢者の日本人より安心できるかもしれない。

中国人観光客には、中国語によるガイドが必要であるが、レンタカー会社が運転手を同時にあっせんすることを行政指導で禁止している。自分で派遣会社に申し込みをすれば、法的には全く問題ない。中国語のできるタクシー運転手がいない現状では、観光政策的には直接斡旋することを視野に入れなければならないであろう。その点でもこの記事は深みが足りないのではないか。

なお、Newspicksの常連ピッカーにコメントも載せておきます

吉田 諭史 Global IT Innovator 歴史家見習い


多くのドライバーは偽造ではなく「正当なフィリピン免許」を持っているはずですよ。
フィリピンでは外国の運転免許証を持っている人は書類提出だけで、フィリピンの運転免許証を取得できる仕組みになっています。そして、これを代行する業者もたくさんおり、在比邦人向けの事業者ももちろん居ます。ジュネーブ条約に加盟していない中国人には結構有名な話なんじゃないでしょうか?
「中国人=偽造」と安直に考えて批判するのは、もう止めませんか?彼らは「ルールの抜け穴を活用する」にたけています。その狡猾さを日本人も学ばねば、と考えています。

関連記事

<中国人白タク>横行も検挙困難…スマホ決済で 数千人登録 8/27(日) 9:00配信 毎日新聞

下記記事がようやく一般紙でも出てきたが、既にブログで数回紹介した通りである。取引が中国内で完結してい

記事を読む

タクシー「車庫待ち営業」の規制緩和の必要性

通訳案内業が、これまでのように自家用車を使用できれば、車と運転手の提供を一体的には行っていない(つま

記事を読む

規制改革会議 無償運送、謝礼に関心 東京交通新聞2017年3月27日

標記の記事が東京交通新聞に出ていた。 規制改革会議が、3月23日現行の基準を緩和できるかヒアリング

記事を読む

no image

『史上最悪の英語政策』阿部公彦著

「文科省の新英語政策は問題だらけ。この思いゆえに、いつもとはかなり違うスタンスの本になりました。ど

記事を読む

no image

自治会の無料バス(実費程度)

毎日新聞2017年2月21日にニュースが出ていた。 http://mainichi.jp/art

記事を読む

通訳案内士の禁止行為

通訳案内士協会のHP https://www.guidesearch.info/search

記事を読む

中国語通訳案内士等の自家用車による観光案内サービス

人流観光研究の一環として、中国語による観光ガイドの実態を調査している。 これだけ中国人が訪日してい

記事を読む

no image

『中国ライドシェア競争はすでに終結、米国Uber「外資本土化不成功」の魔手に阻まれる』

記録代わりに次の記事を掲載しておく。日本の状況がどういう状態かも理解できるであろう。国内市場を守るこ

記事を読む

一人運転手派遣

淀川商店が運転手派遣の専門店としてHPを開設している。 http://seokomon.com/i

記事を読む

事業創造提案・自家用車を用いた通訳案内サービスビジネスの新展開の可能性(1)

1 通訳案内士法が改正された。 〇簡単に解説すると、これまでは、留学生等中国語を母国語とする者

記事を読む

PAGE TOP ↑