*

gコンテンツ協議会「ウェアラブル観光委員会」最終会議 3月4日

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 人流・観光政策への評論

言い出したはいいが、どうなることやらと思って始めた会議であったが、とりあえず「終わりよければすべてよし」であった。関係者の協力があったからである。

慶応大学の満倉教授が開発し、電通サイエンスジャムが実用化したウェアラブルデバイスの脳波計を活用して、観光資源に対する感情を測定しようという実験を行った。そのまとめの委員会を3月4日に六本木のジプテックの会議室で行ったのである。

満倉教授によれば人間の感情を表す脳波は数多くあるのだそうだが、簡易に測定できるものは今のところ「好き」「興味」「ストレス」「眠気」「集中」の五種類に限定されている。将来はもっと増加するであろう。「嫌い」を表す脳波は、万人が嫌だと感じる臭気をかがせ、その時に発生する脳波を測定することによりまとめているようであるが、まだ不確定のようである。「好き」の裏返しが「嫌い」ということではないところが面白い。実際、例の「くさや」やドリアンを好きと感じる文化もあるから、人間の感情の世界はまだまだ未知数なのかもしれない。

実証実験は予算や技術的制約もあり、留学生二人を含め被験者三人ということで実施した関係上、サンプル数が少ないから科学的ではないという批判を予想していた。事実そういう面は否定できないが、得られた結果に意味があるのではなく、実施手法に意味があるとすれば、今回の実験は成功であった。この手法を開発してゆけば、いずれ観光研究やマーケティング研究に一大革命を引き起こすであろう。

今回の実験では、ガイドがついているときとついていない時で脳波に違いが出た。ガイドが説明をすると興味度が高まるのである。リアルなガイドではなく、ガイドブックを事前に読んでいる人とそうでない人の違いもたぶん表れるのであろう。メンバーの一人であるJTBの方の報告では、ニューヨークメトロポリタン美術館では、入場料(任意であり25ドル程度)よりもツアーガイドの料金(ミュージアムハックツアー2時間59ドル)のほうが高いということであった。美術史を専攻した人、俳優等の独自の経歴を持つガイド集団が美術館と契約してユニークなガイドツアーを自主運営しているのである。そのニューヨークでは、全席が同一方向の窓側を向いているバスに観光客を乗車させ、走行中に街角で行っているストリートパフォーマンスを見させる「THE RIDE」があり、2時間74ドルだそうである。JTBも触発されて、浅草で70分5700円でエンタメバス「サムライ&忍者サファリ」を実施したようである。

いわゆる「歴史認識」も本人の実体験というよりもマスコミ等によりインプットされた情報であるから、ガイドブックによる影響を受けたものとかわらない。広島の原爆ドームを見たアメリカ人の脳波がスミソニアン博物館のエノラゲイを見たときの脳波と異なるとすると、それもやはり「ガイドブック」のせいである。原爆は多くのアメリカ人兵士の命を救ったものであるとの認識が刷り込まれている。その一方でアメリカのネイティヴからは開拓時代の虐殺批判が少ないと逆批判をあびているから複雑である。そのことが脳波測定により明らかにされると面白いと思っているが、現状ではまだ無理であろう。

関連記事

no image

“Future Direction of Tourism Policy Studies” President of Human Logistics & Tourism Laboratory Teramae Shuichi, PhD

  Future Direction of Tourism Policy Studi

記事を読む

no image

白バスと白タク論議の峻別

現在の道路運送(昭和26年)が制定されるひとつ前に、昭和22年道路運送法があり、更にその前には自動車

記事を読む

no image

WEDGE2016年3月23日 中国民泊の記事を読んで 

日本市場に吹き荒れる「中国民泊」旋風 http://wedge.ismedia.jp/article

記事を読む

『ルポ ニッポン絶望工場』井出康博著

日本で働く外国人労働者の質は、年を追うごとに劣化している。 すべては、日本という国の魅力が根本のと

記事を読む

no image

正座について

ホテルと旅館を法律上区分する日本の宿泊法制度は珍しい。 その違いを考えると、和式と洋式の違いは「靴

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

no image

『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサ―著2001年

ただ一つの言葉で言い表すと、画一性 トーマス・フリードマンは自著の『レクサスとオリーブの木』

記事を読む

『タクシー定期券』の専門誌報道について

2016年8月29日の東京交通新聞に「タクシー定期券」の報道がなされていた.定期「券」に問題があるの

記事を読む

no image

自動運転車の普及が、タクシー業やビジネスホテルに与える影響論議 早晩、稼業としての存続はなくなる

『公研』2018.12.No.664の江田健二氏と大場紀章氏の対談の中で、「自動運転になる

記事を読む

no image

北陸新幹線金沢暫定開業雑感

 人口減少が予測される石川県では、北陸新幹線金沢暫定開業により観光客が急増しブームに沸いているが、こ

記事を読む

no image
ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

全米25州の旅程である。交通が発達しており、バスや鉄道が必ずしも経済

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

→もっと見る

PAGE TOP ↑