*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記10 人流を考える

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

今回の旅行は、ワンワールドのマイレージを使用した10日間の自己手配旅行であった。この行程ではビジネスでは12万マイル、エコノミーでは9万マイル必要であったが、幸いメインのところは、カタール航空とロイヤルヨルダン航空が路線を持っており、しかもビジネスが確保できたので、体力の消耗の心配が少なかった。父親の見舞いに小松羽田間を何度も往復していたので、マイルは十分に保有していた。ヨルダンはたまたま知人の紹介者がお世話していただき幸運であったが、ネットでもぺトラ遺跡ツアーのランドサービスは提供されていた。

つなぎの区間の航空は、CheapOairを主に利用した。いろいろなケースを想定して行程を考えるときに、便利であった。このシステムは、航空だけでなく、ホテル、ランドも一緒に予約できる。航空に関しては、時間変更の連絡や座席確保(窓側とか通路側)等の付帯サービスも実施しており、予約確認という面倒なこともしなくていいからであった。ただし、英語での申し込みであるから、細かい条件のことになると自信がない。飛行機やホテルはそんなに大きな違いがないであろうから、利用できるが、現地の観光サービスとなると千差万別であろうから、躊躇する。ネットでいろいろ比較しながら考えた。ケニアは治安の問題があり、日本語の世界でお願いしたほうが良いと判断し、HISの商品に特化した。いずれにしろ、スマホを活用すれば、位置情報が確保されるところから、手配者と旅行者は常時つながっていることが可能である。ドコモのパケ放題サービスもあるが、今回の旅行地は提供対象外地域であった。西洋人には旧植民地であったこともあるであろう。携帯電話や英語といった問題は少ないのであろう。早く中国人が世界進出を加速して、漢字コミュニケーションを拡大してくれることを願うものである。
今回のケースでは、空港もホテルも、外国人観光客が利用するレストランもほぼ無料Wi-Fiが使えた。機内がまだそこまでになっていないが、時間の問題であろう。従って、空港からホテルといった切断されるところでの人流情報をいかにスムーズに確保するかということが今後の重要課題であることを痛感した。Wifiさえつなげられれば、Googleやトリップスアドバイザー等が、エンテベ等の観光案内情報を提供してくれのである。いちいちガイドブックを持ち歩かなくて済む。レストラン情報もタクシーの手配もしてくれれば安心であり、しかも両替のわずらわしさがなくなれば、少しばかりのチップ用のドルを持っていれば、治安の問題もなくなる。ホテルの短時間ユースや、飛行機の延着等情報も、常時ネット手配会社が提供してくれる。そんな時代がそこまで来ていることに、今回の旅を通じてつくづく思い知らされた。

なお、マイル利用の無料旅行であるが、これもよくよく考えると、一種の定額使い放題サービスである。利用者はどこかでコストを支払っているのである。仮に膨大なマイルを保有したということになれば、航空機の座席さえあればいつでも出かけることができるから、ホテルやタクシー、ランドを手配できれば、一種の人流の囲い込みが完成する。そのようなサービスを提供できる世界企業は、GoogleかUberかわからないが、日本国内でしか考えていない日本企業には到底無理であろう。やはり日本語の世界だけでは無理なのであろう。楽天が英語英語というのもそこにあるのかもしれない。

ネットでの予約を利用した結果、毎日にようにメールでの旅行案内が来る。勿論、利用したサービスについては感想を聞いてくる。次のマーケティングに使用するのであろう。アメリカのある都市行の格安の航空券がでたから行きませんかと言ってくる。私は今回の旅行で79か国・地域を旅行したことになる。百までの残りの国・地域は、これらのシステムの世話になりそうである。一定金額を収めれば、生涯旅行し放題の商品が発売される時代がそこまで来ているのかもしれない。

関連記事

アフリカ大陸中南部旅行 2019年2月10日から27日まで           旅の始まりはドバイ、次いでナイジェリア(139)ラゴスのトランジット旅行 2019年2月11日 

 ワンワールドのマイレージが10万マイルたまった。JALと共同運航しているエミレー

記事を読む

no image

2⃣ 1 2018.8.9 ツールーズToulouse カルカソンヌCarcassonne

ツールーズを早朝出発しカルカソンヌにゆく。切符を買うに労力が使わないため、事前ネット購入。でも出発番

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 4

24th August We went back to Tsuagan'noru. We we

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

② 5月18日、19日朝 ビエンチャン

父親の遺言を果たすため、ミャンマー旅行を計画。折角なので両親が二人で最後の海外旅行をしたラオスも回る

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

北中米旅行記③ 11月7日 ジャマイカ・キングストン

◎11月7日午後 Kingston到着  カリブ海でジャマイカは大国のはずだが、治安が悪く、所

記事を読む

172 Arubaアルバ

人口10万 カリブ海地域の中では生活水準は非常に高く、失業率も低い。アルバの国民総生産の半

記事を読む

no image

178 Guinea-Bissau ギニアビサウ  OXB

①パスポートデータ面ページコピー(スキャンデータ)②カラーの証明写真[縦4.5㎝x横3.5㎝](ス

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

保護中: 岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電』

書評1第二次世界大戦のことを勉強してもここまでたどり着く人たちはなか

no image
QUORA 香港国家安全法制は怖くない

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのJohn Chiuさん

no image
保護中: UORA 不平等条約答えは長州藩と明治政府のせいです。今回に限って言えば、長州藩と明治政府が不平等になるように改悪した原因なのです。

日本人があまり知らない、日本の歴史といえば何

no image
保護中: QUORA 世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか?

世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか? そもそ

no image
保護中: QUORA 伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如何でしょうか?

伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如

→もっと見る

PAGE TOP ↑