*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記10 人流を考える

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

今回の旅行は、ワンワールドのマイレージを使用した10日間の自己手配旅行であった。この行程ではビジネスでは12万マイル、エコノミーでは9万マイル必要であったが、幸いメインのところは、カタール航空とロイヤルヨルダン航空が路線を持っており、しかもビジネスが確保できたので、体力の消耗の心配が少なかった。父親の見舞いに小松羽田間を何度も往復していたので、マイルは十分に保有していた。ヨルダンはたまたま知人の紹介者がお世話していただき幸運であったが、ネットでもぺトラ遺跡ツアーのランドサービスは提供されていた。

つなぎの区間の航空は、CheapOairを主に利用した。いろいろなケースを想定して行程を考えるときに、便利であった。このシステムは、航空だけでなく、ホテル、ランドも一緒に予約できる。航空に関しては、時間変更の連絡や座席確保(窓側とか通路側)等の付帯サービスも実施しており、予約確認という面倒なこともしなくていいからであった。ただし、英語での申し込みであるから、細かい条件のことになると自信がない。飛行機やホテルはそんなに大きな違いがないであろうから、利用できるが、現地の観光サービスとなると千差万別であろうから、躊躇する。ネットでいろいろ比較しながら考えた。ケニアは治安の問題があり、日本語の世界でお願いしたほうが良いと判断し、HISの商品に特化した。いずれにしろ、スマホを活用すれば、位置情報が確保されるところから、手配者と旅行者は常時つながっていることが可能である。ドコモのパケ放題サービスもあるが、今回の旅行地は提供対象外地域であった。西洋人には旧植民地であったこともあるであろう。携帯電話や英語といった問題は少ないのであろう。早く中国人が世界進出を加速して、漢字コミュニケーションを拡大してくれることを願うものである。
今回のケースでは、空港もホテルも、外国人観光客が利用するレストランもほぼ無料Wi-Fiが使えた。機内がまだそこまでになっていないが、時間の問題であろう。従って、空港からホテルといった切断されるところでの人流情報をいかにスムーズに確保するかということが今後の重要課題であることを痛感した。Wifiさえつなげられれば、Googleやトリップスアドバイザー等が、エンテベ等の観光案内情報を提供してくれのである。いちいちガイドブックを持ち歩かなくて済む。レストラン情報もタクシーの手配もしてくれれば安心であり、しかも両替のわずらわしさがなくなれば、少しばかりのチップ用のドルを持っていれば、治安の問題もなくなる。ホテルの短時間ユースや、飛行機の延着等情報も、常時ネット手配会社が提供してくれる。そんな時代がそこまで来ていることに、今回の旅を通じてつくづく思い知らされた。

なお、マイル利用の無料旅行であるが、これもよくよく考えると、一種の定額使い放題サービスである。利用者はどこかでコストを支払っているのである。仮に膨大なマイルを保有したということになれば、航空機の座席さえあればいつでも出かけることができるから、ホテルやタクシー、ランドを手配できれば、一種の人流の囲い込みが完成する。そのようなサービスを提供できる世界企業は、GoogleかUberかわからないが、日本国内でしか考えていない日本企業には到底無理であろう。やはり日本語の世界だけでは無理なのであろう。楽天が英語英語というのもそこにあるのかもしれない。

ネットでの予約を利用した結果、毎日にようにメールでの旅行案内が来る。勿論、利用したサービスについては感想を聞いてくる。次のマーケティングに使用するのであろう。アメリカのある都市行の格安の航空券がでたから行きませんかと言ってくる。私は今回の旅行で79か国・地域を旅行したことになる。百までの残りの国・地域は、これらのシステムの世話になりそうである。一定金額を収めれば、生涯旅行し放題の商品が発売される時代がそこまで来ているのかもしれない。

関連記事

北中米旅行記⑦ グアテマラ、エルサルバドルとマヤ文明 11月11日~13日

◎ グアテマラ到着  サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。麻薬検査犬が活躍し

記事を読む

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

① 父親の遺言であるイラワジ河散骨旅行 ~『両忘』~2016年5月

2015年12月9日亡くなった父信次の遺言である、イラワジ河での散骨の実施を計画した。 妹の予定と

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

no image

『支那四億のお客様』カール・クロ―著 

毎朝散歩コースになっている一か所に商業会館ビルというのがある。この本を出版したのが倉本長治氏のよう

記事を読む

no image
2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF

no image
2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF

[153] 9月26日ソロモン諸島ホニアラ(HIR)離着陸だけ

https://photos.google.com/photo/A

[154] 2019.9.26 ナウル共和国(INU)

ナウル到着。

no image
2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半

→もっと見る

PAGE TOP ↑