*

グアム・沖縄の戦跡観光論:『グアムと日本人』山口誠 岩波新書2007年を読んで考えること

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 戦跡観光

 沖縄にしろ、グアム・サイパンにしろ、その地理的関係から軍事拠点としての重要性が現代社会においては認められる(サイパン陥落は東條内閣辞職原因になったくらいであり、沖縄基地問題は現在でも日米関係の歴代内閣の重要課題である)。航空交通の要所であるから、人流の要所でもあり、観光地しての優位性も有する。戦略拠点は観光拠点にもなるのは人流の視点からすれば当然交通の要所となり、移動させるモティベーションが高ければ観光地になるのである。
 軍事拠点であることから、日米戦争においては激しい攻防が繰り広げられた。平和が回復した後、生き残った戦闘の当事者や家族が訪問する事から始まった人流(いわゆる慰霊「観光」)が、航空交通の要所であるところから、直行便も整備されリゾート観光とともに、当事者ではない学生を対象とした「修学旅行」の目的地にもなった。
 本書は「戦争を埋め立てた楽園」というサブタイトルが著者の執筆姿勢をあらわしている。しかしながら、本文中の用語「観光」の使用方法については、予想通り私には満足の行くものではなかった。観光概念を展開するための著作ではないから当然でもある。慰霊「観光」なる用語の登場がその代表例である。慰霊に重きを置く立場の人からは、かつて文化観光都市に反発した梅棹忠夫流に言えば、「慰霊と観光を一緒にしてもらっては困る」と言うことになる。そこには観光は表面的な行動であり、遊びであるという考え方があるからである。
 沖縄もグアム・サイパンも、島嶼部であり長くそこに暮らしてきた人々が存在する。高媛氏のゲストホスト論(*)を拡大すれば、グアム・サイパンのホストはチャモロ人であり、本書もその視点での記述も含まれている。拡大するというのは、中国においてはチャモロ人に当たる「満州民族」も中国人としてのホスト集団に含まれるからであり、その意味では不十分ながらチャモロ人はアメリカ人に含まれてしまうからである。いずれにしろ拡大したホストゲスト論で言えばゲストの位置づけになるアメリカ人及び日本人の立場からすると、1966年当時、慰霊碑設置をめぐり、両者は大きく立場がかい離していたことが紹介されている。日本人の建立しようとした慰霊碑に対して、当時、アメリカ在郷軍人会から強い異論が出されたからである。
 その一方で、アメリカ合衆国において経済的に取り残されていたチャモロ人自身は、ホストゲスト論的視点よりも、純粋にリゾート開発的視点で日本人寒気う客の誘致を考えていたのである。
 当時話題になった横井庄一氏(*)が28年もグアムのジャングルに潜伏した理由も理解できる。つまり、戦闘行為はもとより、日本人、アメリカ人、現地人の間で戦争法規とは別次元の殺戮も行われたことの影響である。その刺激性も当事者がいなくなることにより弱くなる。また、日中歴史認識のような現代からみての対立状況も存在しなくなったことから、慰霊碑を観光資源とする日本人も大幅に減少してしまった。本書はそのことに対する警告を発している。その場合においての「観光」の使用法に不十分な点があるのである。
 なお、アメリカからは直行便がないことも地理経済的には当然であろう。アメリカ人には珍しくもないリゾート地であり、米軍の基地の島なのである。現在では日本からの直行便も最盛期ほどの勢いはなく、台湾、韓国からの直行便が増加している。中国人等からすれば、戦跡の意味も異なるものである。
 観光・人流を考える視点では、対立が強ければその資源価値が高くなるのであるが、沖縄もグアムサイパンも現在では、それ以上にリゾート地としても価値が高くなってしまった。従って、ひめゆりの塔をめぐる修学旅行問題(*)も発生するのであろうが、観光・人流を論じる視点においては、刺激性が薄れるものであれば当然の帰結でもある。
 観光・人流を発生させる元となる刺激を与えるガイドブックも、本書では日本人用とそれ以外での違いを分析している。この点は研究手法として参考になる。戦跡に関する記述があるガイドブックを読んでくる観光客と、そうではないガイドブックを読んでくる観光客では、見えるものが違うという記述は、その通りであるが、グアムに限るものもなく、また戦跡に限定されるものでもない。しかしガイドブックを情報源とする観光から、インターネット、スマホにより情報を得る観光になれば、観光客自身の選択による部分が大きくなる。その場合には、検索のアルゴリズムが問題となる。そのためにも強い刺激性のあるものが求められるのであろう。

関連記事

no image

横山宏章の『反日と反中』(集英社新書2005年)及び『中華民国』(中央公論1997年)を読んで「歴史認識と観光」を考える

 歴史認識を巡り日本と中国の大衆が反目しがちになってきたが、私は歴史認識の違いを比較すればするほど、

記事を読む

no image

イサベラバードを通して日韓関係を考える

日本韓国・北朝鮮の間の観光を考えるには、両国間の歴史認識をめぐるギャップについて理解をしておかなけれ

記事を読む

no image

◎◎4 人流・観光資源としての歴史認識

 モンゴル観光の最大記憶資源であるチンギスハーンは現在世界史の上においてもっとも有名な人物の一人でも

記事を読む

no image

戦争とテロ

国際刑事裁判所の設立を定めたローマ規程は、設立条約に合意していない諸国にも適用されるところから、アメ

記事を読む

no image

DVD版 NHKスペシャル『日本人は何故戦争へと向かっていたっか』第3回「熱狂はこうして作られた」(2011年2月27日放映)を見て  麻布図書館で借りて

メディアが戦争をあおり立てたというおなじみの話がテーマ。 日本の観光政策が樹立されていく1930年

記事を読む

no image

◎◎2脳への刺激(脳波信号解析)と観光~「ダーク・ツーリズム」批判~

 脳波信号解析研究の結果、人間の脳波の周波数はほぼ0~30ヘルツの領域に収まり、その周波数の組み合わ

記事を読む

no image

保護中: 日清関係(メモ)

日清関係の展開 日本は西洋の衝撃に敏感に反応し、クローズド・システムの効率性を活かして

記事を読む

no image

戦時下の民生のイメージ:『戦時下の日本映画』古川隆久 吉川弘文堂 2003年

観光も戦時下において隆盛になった。満州観光や神社巡りが奨励された。戦争の勃発と同時に大人の映画観客が

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

中国とロシア  たった二週間のモンゴル旅行でも、ソ連と中国の影響をいたるところで感じた。大学時代第

記事を読む

no image

東アジア観光(文化)を論じる際の共通基盤(漢字、儒教、道教、仏教、律令、科挙等)

○ 東アジア圏の観光を論じる背景(漢字、儒教、道教、仏教、律令、科挙等)  観光研究のテーマとして

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑