*

「 月別アーカイブ:2020年11月 」 一覧

書評『ペストの記憶』デフォー著

2020/11/27 | 国際観光論

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペストの流行に関し、ロンドン市長及び区長によって制定・公布される条例・1665年、患者の出た家屋とペスト患者に関する条例、街路を清掃し快

続きを見る

歴史認識と書評『海軍と日本』 池田清著 中公新書

2020/11/27 | 未分類

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に乗務し、戦後は東京大学法学部に学び東北大学法学部教授になった経歴を持つ。○ 太平洋戦争の主役は海軍であり、アメリカ、イギリス海軍よ

続きを見る

書評 三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』日本の近代化にとって天皇制とは何であったか

2020/11/27 | 歴史認識

日本の近代とは明確な意図と計画をもって行われた前例のない歴史形成の結果 前近代の日本にはこれに対比しうる顕著な歴史形成の目的意識性を見出すことは難しい しかしそのことが歴史的独創性を意味

続きを見る

書評 三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』日本何故いかにして植民地帝国となったのか ビルマの竪琴のラストはスコットランド民謡 共通の歌曲がない 欧州文化と同じ意味でのアジア文化の存在に疑念

2020/11/27 | 歴史認識

植民地帝国へと踏み出す日本 三国干渉が契機 非公式帝国主義 コストをかけなくてすむ方式 不平等条約 欧米は最恵国待遇により集団非公式帝国主義をとるが、日本はまだそのアウトサイダー 大使の

続きを見る

歴史認識と書評 岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電』

2020/11/27 | 歴史認識

書評1第二次世界大戦のことを勉強してもここまでたどり着く人たちはなかなかいないだろう。上面な敗戦処理工作だけしか知らないレベルで終わってしまうのがほとんどのケースと思われる。インテリジェンスほど戦争

続きを見る

書評『我ら見しままに』万延元年遣米使節の旅路 マサオ・ミヨシ著

2020/11/27 | 国際観光論

p.70 何人かの男たちは自分たちの訪れた妓楼に言及している。妓楼がどこよりも問題のおこしやすい場所である。故国では、そのようなところを訪れることは生活の一部として許されていた。従って使節一行の男た

続きを見る

書評『山形有朋』岡義武 岩波文庫

2020/11/27 | 歴史認識

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は懸念される。ドイツの敗戦が必ずしも日本にとって有利とは考えられない。日本の対ロ方針の確定には、米英の対ロ方針を知ることが先決とした

続きを見る

歴史認識と書評『ユダヤ人大虐殺の証人』河出書房新社

2020/11/27 | 歴史認識

ユダヤ人虐殺の証人として映画『ショアー』にも出演したポーランド人カルスキの苦悩を描く衝撃の作品。カルスキは密使として、ユダヤ人絶滅政策の恐るべき実態を伝え、「世界の良心」を喚起して虐殺を止めさせよう

続きを見る

歴史認識と書評『1945 予定された敗戦: ソ連進攻と冷戦の到来』小代有希子

「ユーラシア太平洋戦争」の末期、日本では敗戦を見込んで、帝国崩壊後の世界情勢をめぐる様々な分析が行われていた。ソ連の対日参戦が、中国での共産党の勝利が、朝鮮支配をめぐる米ソの対立が予測され、そしてア

続きを見る

書評 AIの言語理解について考える」川添愛 学士会報940号P.42

2020/11/27 | 脳科学と観光

分類がわかりやすい 1 今のAIは人間の言葉を理解している。  理解しているようにみえることを重視する点でチューリングテストと同じ。この理屈を認めない場合には、自分以外のすべての人間の知

続きを見る

no image
va旅行 トルコ編 ⑨ VAN トルコ・イラン(陸路)

https://cdn.trt.net.tr/vi

va旅行 トルコ・ギリシャ⑧ カルスKARS アニ遺跡

カルス(Kars)は、アルメニアとの国境から45km。11年の人口は

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 マラテヤ ネムルトダーウ

◎マラテヤ マラティヤはユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高

va旅行 トルコ編 ⑦ シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ 危険情報レベル2

◎シャンルウルファ空港 空港は中心部から北東35km、バスが発

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路

→もっと見る

PAGE TOP ↑