*

5月17日 青蔵鉄道乗車

公開日: : 最終更新日:2018/05/24 海外旅行感想, 海外観光

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。

https://photos.google.com/photo/AF1QipMKV0pED8C8cXBk-YrCJOm1m_k9m8qxmnWH7bej

食堂車で写真。全景を取っていたら、乗務員が何か叫んでいる。公安公務員は撮影禁止なので、映ってしまったらしいが特に削除しろとは言ってこなかった。普通乗務員は問題がないようだ。公安公務員はテロの対象になりやすいから、顔写真を取られないようにと好意的に解釈しているが、仕事をさぼっている風景も取られる可能性があり、困ったことにもなるから、多少居丈高になるのかもしれない。ましてや食堂車で食事をしている姿を写真にとられてネットにアップされては勤務評定に関わるのかもしれない。そんな時に抵抗するとろくなことにはならないであろう。スパイ容疑で取り調べでもされてはかなわない。中国だけでなく、アメリカの機関も結構うるさく言われるから、世界共通で厳しくなっているのであろう。

世界一標高の高い駅、唐古拉の写真がうまく映せた。スマホのスローをうまく使った結果であり、目では見ることができなかった。青蔵鉄道が完成するまではアンデスの駅だった。若いころ鉄道監督局に勤務していた時代、隣の席が国際協力のセクションで、アンデスに出張に行った人が楽しそうに話をしていたことを思い出す。でも、南米はあらゆる面で中国に追い越されてしまった。このブログのビデオの再生でもスローモーション再生はできないようだ。食堂車の風景の手前の映像である。長江の源流を渡る橋から写真を撮る。源流といっても日本だと一級河川並みの大きさであるから、もっと奥まで行かないと源流という気がしない。7000メートル級の山々も天気が良ければおがむことができる。布強拉駅では6分間停車、写真撮影が可能な唯一の駅である。時折沿線で凍土から空気を抜くパイプも見える。車窓は一日飽きることはない。

高山の凍土地帯に高速鉄道を敷設した中国の実力は大したものだ。高山病にかかった鉄道労働者もかなり沢山いたようだが、はっきりしない。アメリカ大陸横断鉄道も、奴隷制廃止の後であるから中国人苦力のおかげである。米国大統領が感謝の意をあらわしたと聞いているが、そのあと黄禍論がでているので混乱する。昨年中東鉄道に乗車したが、やはり、中国人鉄道建設労働者の写真を掲げていたから、チベット鉄道も堂々と掲げればよい。チベット人は高山病にかからないのだから。

ラサ市内に入ると、近代都市が顔を出す。チベット鉄道開通後の2007年以来ホテルラッシュが続き観光客が増大した。中国人観光客が大半であるが、治安が良いので、外国人がもっと増えてもいいのであろう。

今年の8月にべルリナ鉄道に乗りに行く予定であり、予約も入れた。ネットで見る限りわくわく感を与えるものであるが、おそらく外の景色は、チベット鉄道と互角か、あるいはチベット鉄道が上回るものであろう。しかしアコモデーションは現在のところチベット鉄道ははるかに及ばない。欧州という金持ち市場を控えているべルリナ鉄道が圧倒的に有利である。チベット鉄道は、中国国内市場もまだまだ富裕層が不足しており、日本人も大したことはないが、チベット鉄道は間違いなく次世代にはエベレストと同じく世界一の鉄道観光資源になるであろう。

関連記事

[160]2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

セイシェル(142)2019年2月15日~16日  

アジスアベバを離陸、ソマリア上空を飛んでセイシェルに到着。その間の動画である。 https:

記事を読む

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

アフリカ大陸中南部旅行 2019年2月10日から27日まで           旅の始まりはドバイ、次いでナイジェリア(139)ラゴスのトランジット旅行 2019年2月11日 

 ワンワールドのマイレージが10万マイルたまった。JALと共同運航しているエミレー

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑