*

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどいい。

観光学はいずれ脳科学に収斂されるのではないかという自説をますます確信した。人間の言語機能の背景にある法則や規則を分析して、それを脳の構造と機能に結びつけようとするのは当たり前のようになっているから、言語学は脳神経学に収斂されるとも読める内容である。観光学は非言語情報も取り扱っているのであるからなおさらである。情動や感情は動物が直面した場面で最適な行動選択をするために規範だったはずである。それがどうして不道徳な行動選択につながってしまうのかという設問にも、法律学では、そもそも道徳や倫理とは何なのかという答えが必要であるが、私の主張する観光学は刺激とか興味であるから、相性がいいのである。

神経編
p.60-63 脊椎動物の脳の進化  1968年 ポール・マックリーンの仮説 脳の三位一体的構造仮説 爬虫類脳に情動をつかさどる哺乳類脳がかぶさり、その上に理性をつかさどる新哺乳類脳ができた  現在は否定されている  基本的な脳の領域はどの脊椎動物でも共通

p.105 地球上には40万種もの匂いを発する分子が存在 人間でも数千種類のにおいをかぎ分けられる 匂い分子の化学構造の特徴を「匂い地図」として表現しているだけ

p.130  単細胞動物は「感覚」と「運動」が一つの細胞の中で一連の反応として起こっている。進化するにつれて体が多細胞で作られ、外界を感覚する部分と運動する部分が分離、両者をつなぐ構造が必要となり神経系がはじまる。中枢神経が生まれ上位中枢・脳が生まれる。

p.204 自転車の乗り方を覚えるといった技能も記憶の一つである。子育てのように、一件本能に見える行動でも、実は学習する必要がある。最近では「本能」という言葉は以前ほどは気軽には使われない

こころ編
p.48 海馬は記憶に関係 ロンドンのタクシードライバーは海馬が大きい

p.87 言語学と脳神経科学  人間の言語機能の背景にある法則や規則を分析して、それを脳の構造と機能に結びつけようとするのは当たり前のようになっている
p.89-90 1950年代になって、言語それ自体の構造を客観的に科学する態度からもう一歩踏み込んで「なぜ、人間は言語を使いこなして、様々な精神活動を実現することができるのか」人間言語に特有な脳機能である「生成文法」は仮説であるが、最近の生成文法理論は語彙目録(レキシコン)「計算システム」から成り立っていて、それぞれが実在する脳内基盤をもっていると考える。最近になって、このような言語学の流れと脳神経科学の接点が明らかになる。
語彙項目の貯蔵庫のレキシコンには左側頭葉中下回から内側面かけての比呂ピ範囲が関係しているとされている。レキシコンから語彙を選択して計算システムに入れる操作には。左上側頭回後部から頭頂葉下部の領域、すなわちウェルニッケ野から角回かけての領域がかかわっていると推定されている。計算システムにおける文法構造などの操作にはブローカ野のかか割が大きいと推定されている。この脳神経組織の総体こそ、生成文法理論が提案する言語獲得装置の神経学的基盤であると考えられる。 

p.97 言語の起源と進化 人間の脳に言語が出現したのは、前適用した様々な機能を統合する余裕があったため(創発説)
p.134 不快な感情に関わる「偏桃体」を中心とする神経回路と、快い感情に関わる「側坐核」を中心とする神経回路が主な役割を担っている
p.141 感情 意識化された情動
p.144 理性的判断は感情を抑えて取り組むべきだという一般的な理解は、必ずしも常には的を得ていない
p.146 人間社会とは、実態ある物理法則から乖離した、人間の精神世界の中にのみ抽象的に存在する「象徴的世界」 物理的に計測できるものではない
p.147 感情の階層性  人間の社会的感情あるいは二次感情は現代の自然科学的技術では計測不可能な精神現象  
p.148 しかし、この環境にあっても適応的行動は存在する。社会的に回避、是認すべき行動があることは、物理的環境における生物学的行動と全く同じ
p.150 人間どうしの相互作用の吟味検討は現時点では人文科学が取り扱うテーマ
p.160  情動や感情は動物が直面した場面で最適な行動選択をするために規範だったはず。それがどうして不道徳な行動選択につながってしまうのか。そもそも道徳や倫理とは何なのか

関連記事

no image

2016年7月29日「ファイナンスの哲学」多摩大学特任教授堀内勉氏の講演を聞いて

資本主義の教養学公開講座が国際文化会館で開催、場所が近くなので参加してみた。 1 資本主義

記事を読む

no image

須田寛「国鉄改革を顧る」(くらしのリサーチセンター)メモと国の交通施策への感想

敬愛する須田寛氏の対談メモ。内容は既に知られていることではあるが、当事者が語ったものとしては数少ない

記事を読む

no image

『新・韓国現代史』 文京洙著 岩波書店 を読んで、日韓観光を考える。

東アジアの伝統的秩序は、中国中心の華夷理念のもとに、東アジアの近隣諸国が朝貢・冊封の関係において秩序

記事を読む

ライドシェア、ホームシェアに見る各国シェアリングエコノミー論の展開

1 シェアリングエコノミー論の登場  新経済連盟が2015年10月30日に「シェアリングエコノミー

記事を読む

no image

『日本経済の歴史』第2巻第1章労働と人口 移動の自由と技能の形成 を読んで メモ

面白いと思ったところを箇条書きする p.33 「幕府が鎖国政策によって欧米列強の干渉を回避した

記事を読む

タクシー運転手の労働条件 『タクシーほど気楽な商売はない』を読んで

  「タクシ運転手」という職業は一般によく知られていますし、テレビドラマ等でもよく登

記事を読む

no image

「今後の観光政策学の方向」 人流・観光研究所所長 観光学博士 寺前秀一

  ① 旅が大衆化すると「Tourist」概念が生まれるのだとすると、日本における「

記事を読む

no image

『「食べること」の進化史』石川伸一著 フードツーリズム研究者には必読の耳の痛い書

食べ物はメディアである 予測は難しい 無人オフィスもサイバー観光もリアルを凌駕できていない 

記事を読む

no image

肥後交通グループの第2回オフサイトミーティングに参加して

チームネクストの番外の研修として、熊本県人吉市に所在する中小企業大学校研修室を使用して開催された、肥

記事を読む

no image

gコンテンツ協議会「ウェアラブル観光委員会」最終会議 3月4日

言い出したはいいが、どうなることやらと思って始めた会議であったが、とりあえず「終わりよければすべてよ

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑