*

『日本の英語、英文学』外山滋比古著 メモ書き

公開日: : Human LOGISTICS

P80~
文学部の講義は法学部より難しい。学問の体系ができていないうえに、文学は創作、鑑賞すべきもの。論にして教えることはできないという考え方が有力であった。
イギリスから帰った漱石、文学論という通年講義を行った。社会学と心理学を使用。世界でも前例のない講義。東大の秀才たちも、ちんぷんかんぷんの講義に反発、一部で排斥運動

戦前の官立大学、なかでも帝国大学では外国語の学力が重要視された。大学で最も入りにくいのが法学部である。
どうしたことか18世紀の思想家、ジョンスチュアートミルが好まれた。毎年のように自由論から出題された。
高等学校の英語の教師はミルをいかにうまくおしえるか競い合った。
中学の受験生は受験参考書の勉強をした。過去問に基づいているから、古い英語。法学部入試の問題により近かったのである。

戦前、最大のベストセラーが「風と共に去りぬ」。海賊出版。
岩波が翻訳料を支払っていたかはあやしい。
「戦後」GHQが乗り込んできて、日本の出版に厳しい監視を行った

昔の日本語には「段落」はなかった。

関連記事

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market (1)③

3 Mainland China and the fate community of Hong Ko

記事を読む

no image

大関真之『「量子」の仕業ですか?』

pp101-102 「仮にこの性質を利用して、脳が人の意識や判断、その他の動作を行っているとしたら、

記事を読む

no image

TTRA発表2015年12月5日  Future Direction of Tourism Policy Studies in Japan

Future Direction of Tourism Policy Studies in Japa

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market ⑦

Ⅵ Canada and Mexico 1 Canada ~ Travel overseas th

記事を読む

no image

ニューヨークのタクシー王の記事

http://www.crainsnewyork.com/article/20180615/TRAN

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market (1)④

Ⅲ Human Logistics situation in the ASEAN-Pacific r

記事を読む

no image

『はじめての認知科学』新曜社メモ

人工知能研究(人の知性を人工的に作ろうという研究)と認知科学研究(人の心の成り立ちを探る研究)は双

記事を読む

no image

The basic viewpoint of discussing Human Logistics and Tourism

In the process of studying Tourism Studies, consid

記事を読む

no image

Uberが定額乗り放題タクシー実施

NEWSPICKに下記記事が取り上げられていた。 http://www.gizmodo.jp/20

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market (1)➀

Ⅰ It is national income, not the number of foreign

記事を読む

no image
『大韓民国の物語』李榮薫

韓国の歴史において民族という集団意識が生じるのは二十世紀に入った日

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

→もっと見る

PAGE TOP ↑