*

Mashuup Ideathon 感情系API特集 のイベントに参加して 2016年8月9日

公開日: : 最終更新日:2023/05/28 脳科学と観光

表記アイデアソンというイベントの勧誘があり、今まではあまり興味がなかったが、感情系APIがテーマということで、参加してみた。
まず言葉はバードウォッチャーなら知っている「バードソン」のパクリであり、アイデアが感じられないのが残念である。

会はリクルートが主催しており、会費1000円は手ごろである。ビールとピザが出てあとは手弁当だから、収支トントンであろう。始まりが19時からと遅く年配者の私には無駄な時間をつぶさざるをえなかった。

「感性」の話を突っ込んで聞けるのかと思いきや、主催者のリクルートの若者の知識が少ないのか、私の提起した質問が半分程度でさえぎられてしまった。時間もなかったのであろう。
狙いが問題提起よりはアプリを使ったアイデアコンテストにあったようだ。感性アナライザーを使用した実験等の問題意識のかけらもないので、よくこのコンテストが考え付いたなと逆に感心してしまった。

参加者も若い人が多く、受け狙いのアイデア合戦の雰囲気であった。その割にはアイデアも歳のせいか今一つの感じであった。
受け狙いの言葉が先行するアイデアの提出に終始してあまり実用性の感じられるものではなかった。
感情系APIそのものが技術的にまだまだ問題を抱えるはずだから、そのAPIを使った遊びなど早すぎるので、アイデア倒れになってしまうのである。

音声から感情を測定するアプリと、文章から感情を測定するアプリが、それぞれ開発企業(メタデータ㈱及びスマートメディカル社)から説明があり、このアプリを使って面白いアイデアがないかということであった。
思えば位置情報研究会で15年前に桑原先生や飯野賢治さんと実施したことをリクルートが今やっているのだから、日本の若者はもっと先をやってほしいというところが実感である。
当時は日経新聞も理解ができず報道もされなかったが、今は大したことでなくても日経の周辺メディアに掲載れるようであり、
そのことをもって満足しているような情けない状態であった。これではアメリカや中国には追い付けないであろう。

スマートメディカル社の音声から感情を測定するアプリも、年間10万円と結構な値段であった。
その割には複数の人がいると個人が識別できないレベルでアンケートよりはましかというところであった。
係りの人に脳波との関係を質問したが、脳波も曖昧であるようなことを言っていたので、ましてや脳波の結果である音声など信頼性はさらに下回るのではないかと思ってしまった。
しかもその感情の識別も、このAPIは喜怒哀楽に通常の5種類ということで、観光学の調査研究に使用するのは、既に感性アナライザーが存在する以上、価値はないという思いであった。
GoogleGLASSやその他のウェアラブルもいずれ海外から攻め込まれて日本の市場も席巻されるかと思うと、これも均質社会の運命なのかもしれない。

関連記事

no image

2016年3月8日錯覚研究会

錯覚研究会におよびいただき、観光の話をさせていただいた。発表資料はHPの講演資料集に掲載してある。h

記事を読む

no image

『中国人のこころ』小野秀樹

本書を読んで、率直に感じたことは、自動翻訳やAIができる前に、日本型AI、中国型自動翻訳が登場す

記事を読む

no image

『意識はいつ生まれるのか』(ルチェッロ・マッスィミーニ ジュリオ・トノーニ著花本知子訳)を読んで再び観光を考える際のメモ書き

観光・人流とは人を移動させる力であると考える仮説を立てている立場から、『識はいつ生まれるのか』(ルチ

記事を読む

no image

動画で考える人流観光学 観光情報論 錯覚

https://youtu.be/WnsXhHJ_HJE

記事を読む

no image

「食譜」という発想 学士會会報 2017-Ⅳ 「味を測る」 都甲潔

学士會会報はいつもながら素人の私には情報の宝庫である。観光資源の評価を感性を測定することで客観化しよ

記事を読む

『はじめての認知科学』新曜社  人工知能研究(人の知性を人工的に作ろうという研究)と認知科学研究(人の心の成り立ちを探る研究)は双子

人工知能研究(人の知性を人工的に作ろうという研究)と認知科学研究(人の心の成り立ちを探る研究)は

記事を読む

no image

動画で考える人流観光学 カンブリア爆発  

https://youtu.be/dm276hMu6bU

記事を読む

『音楽好きな脳』レヴィティン 『変化の旋律』エリザベス・タターン

キューバをはじめ駆け足でカリブ海の一部を回ってきて、音楽と観光について改めて認識を深めることができた

記事を読む

no image

『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサ―著2001年

ただ一つの言葉で言い表すと、画一性 トーマス・フリードマンは自著の『レクサスとオリーブの木』

記事を読む

no image

保護中: 観光研究におけるマインドリーディングの活用の必要性

関係学会における発表で、マインドリーディングを活用した論文がみられない。観光行動等は、楽しみの旅に関

記事を読む

PAGE TOP ↑