*

va旅行中東イスラム アフガニスタン

公開日: : va旅行中東イスラム, 海外観光

QUORA 

アフガニスタンの人々にとってタリバンはどのような存在なのでしょうか?

海外での安全管理を生業にしているものです。こんなサイトを運営しています。海外安全管理・治安情勢専門メディア | 海外安全.jp|自立的な海外安全管理のための専門サイト世界各国の治安情報をチェック。日・米・英・豪政府の最新のトラベルアドバイス・海外安全管理情報類をまとめています。 当ページに記載のは、各国政府の発表内容及び「海外安全.jp」が信頼に足ると判断した各種メディア情報を踏まえて掲載しています。https://kaigaianzen.jp/

前職の関係でアフガニスタンの担当をしたことがあり、実際にカブールで一時期仕事をしていたこともあります。

ご質問の件、「アフガニスタンの人々」、というくくりでは回答が難しいですね。

「日本の人々にとって自民党はどのような存在でしょうか?」

と今、街中でアンケートを取ってみたというのをイメージしてみてください。おそらくかなり答えがばらばらになるはずですよね。(タリバンと自民党を一緒にするのもなんだか、という感じですが、あくまで皆さんに身近でイメージできそうな例として)

一口にアフガニスタンと言っても、民族のレベルで違うグループ、民族的には同じでも部族が違うグループ、宗教的に異なる信仰を持つ方、そして収入源や保有資産額など色々です。

一般的に首都カブールや、これまでアメリカに支えられてきた’旧’アフガニスタン政府が支配していた主要都市部では欧米的な価値観に親しみのある方、欧米含む諸外国に親族がいる方も多いのでタリバンは抑圧的、非人道的な支配をするグループという意見が多いでしょう。

他方で、そうした都市部を離れ、農作業中心で暮らしている方からすれば、伝統的な生活を保証してくれる限り、そのための負担(税や兵役に相当すると考えても差し支えないです)を提供する相手がタリバンであれ’旧’アフガニスタン政府であれ知ったこっちゃない、というレベル感の方もいらっしゃいます。実際には自分たちの伝統的な暮らしと安定を守ってくれるのは、下手な汚職役人よりもタリバンだ、ということで農民の一部がタリバン構成員になっていたりするわけですよ。(要するにタリバンの一部は「兼業戦闘員」です)

また、ややこしいことに、伝統的な暮らしを一族で続けていくために、あえて兄弟の一人は’旧’アフガニスタン政府軍に、別の一人はタリバンに所属する、という一族としての「戦略」を取っているケースもあります。

さらに非常に不思議なことにそうした農村部の中でも極めて都市部から隔絶された地域では、そもそもタリバンと外国軍が争っているということを知らない人たちも暮らしています。Quiet Calm of Afghanistan’s Wakhan ValleyBenjamin Rasmussen has spent time photographing Afghanistan’s Wakhan Corridor, which is located in the north east corner of Afghanistan. Here, A Wakhi shepherd collects firewood in the Big Pamir Mountains.https://abcnews.go.com/International/photos/photos-afghanistans-wakhan-corridor-22316890/image-22319146

日本の皆さんに、一言でアフガニスタンの状況をお伝えするのはなかなか難しいのですが・・・。国のようで国ではない、様々な人がそれぞれの暮らしを大切にしているということだけは感じていただければ幸いです。

アメリカ軍が撤退した、というだけでは正直ここまで急速な政権崩壊は説明がつきません。各地にタリバンを支持している人/タリバンに参加してもいいと思っている人が一定数いるからこそこれだけ事態が急変したも言えますね。

いわゆる欧米的な人権や自由の大切さを決して否定するものではありません。むしろ日本人であり、その価値観に基づいて安全で衛生的な生活を享受している身としては、そのありがたみを痛感しています。他方で、長年(数千年の単位ですよ)大切にしてきた価値観や生活様式を「あんたたちはおかしい。我々のやり方が普遍的な価値観だ」と踏みにじられると死に物狂いで戦わざるを得ないという発想も理解できるように思うのですが、いかがでしょうか・・。

タリバンのやり方が正しいというつもりは全くありません。’旧’アフガニスタン政府の女性を含む公務員や学生を支援してきた身として、知己の方々が今まさに命の危機にあるにも関わらず自分一人で何もできないことに忸怩たる思いがあります。

ただ、もっと早く、タリバンの思考回路を理解し、そしてアフガニスタンの未来を切り開くためにアフガニスタン領内に住む人々がある程度納得できる統治方法、時間をかけた価値観の転換など働きかけはできなかったものか、と考える日々です。

QUORA 危険な国ってどんな感じなのでしょうか?

海外での安全管理を生業にしているものです。

危険な国ってどんな感じなんでしょうね。確かに日本政府外務省が国全体を真っ赤に塗っている国はもうさぞかし危なくて人間がとても暮らせないようなイメージがありますが・・。

現在日本政府外務省が国全体を「危険度レベル4:退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)」に指定している国はアフガニスタン、シリア、イエメン、ソマリア、中央アフリカの5ヶ国です。こうした国では現実になにが起こっているのでしょうか?

先日1000人ほどが集まっている結婚式場でISISによるテロが発生し、70名以上が亡くなったアフガニスタンを例に説明します。

参考リンク:カブール結婚式場での自爆テロ | 海外安全.jp

アフガニスタンではかれこれ20年近く欧米諸国の支援を受けるアフガニスタン政府/軍とタリバンが内戦を継続しています。先週発生した結婚式場でのテロ(タリバンの名誉のために言うとこのテロはISISが犯行声明を発しており、タリバンは関係ないでしょう)のみならず、国内各地でテロが頻発しているので、日本政府のリスク評価が高止まりするのもやむを得ません。

実際問題、アフガニスタン政府がコントロールできているのは国土全体の約30~40%程度、タリバンがコントロールしているのが約20%弱、それ以外の地域は両者が支配権を争っている地域ということになっています(Long War Journalより

こんなところでまともな暮らしができるのだろうか、とお考えになるかもしれません。

が、実際にカブールで何日か過ごしてみた感覚としては

「あ、ここはごく普通の南アジアの田舎町だな」

というものです。

日本では東京特別区と横浜市以外に300万人を超える人口を有する都市がないので、人口300万人のカブールに対して田舎町というのもヘンですが、2000万人規模のデリー、ムンバイ、1500万人規模のカラチ、1000万人規模のバンガロールやラホールを経験した身としては「田舎町」だなと率直に思ったわけです。

サラッと、紹介しましたがアフガニスタン首都のカブールには少なく見積もっても300万人、「カブール都市圏」と呼ばれる周縁地域まで入れると概ね500万人近い人が住んでいます。もう一度言います、500万人が日本政府のいう「レベル4」地域の首都に住んでいるのです。

彼らの生活は悲観に満ちたものでは全くありません。ごく普通にマーケットには肉や野菜が並び、あちらこちらで住宅やら公共施設の建設が進んでいます。道路には自動車が多く走っていますし、その一部はTOYOTAやHONDAの車です。

私は徒歩でフラフラ出歩くことは禁止されていましたが、現地の方はごく普通に出歩いていますし、音楽ホールや映画館もあれば、動物園だってあります。それに日本でいうところの「新興住宅街」なんか増えすぎて水や電気の供給が追い付かず困っているくらいです。

ナショナルジオグラフィックの日本語版(2018年1月30日発行)がこういうアフガニスタンの日常生活を取り上げてくれた記事のトップページが上の写真です。著作権の関係でもめたくないので記事の詳細は紹介しませんが、この記事ではこうした新興住宅街のエアコンのついた部屋でスマホをいじっている若者、家族揃って部屋で食事を食べるシーンなどの写真が掲載されており、新興住宅街には2つの学校が設置されていることなども紹介されています。

日本人から見て「危険な国」であっても現地の方にとってはかけがえのない地元での生活があるのです。残念ながらテロが日常生活に頻繁に顔を出し、突然家族・親戚・友人・職場の同僚などが死んでしまうということもよくあります(私も経験者ですが・・・)。それでも、現地の方にとってはそれも含めて日常生活の一部なのではないでしょうか。

日本人の感覚からすれば「危険な国」の一言ですが、そこには同じ人類がごくごく当たり前に暮らしていることを忘れてはいけないように思うのは私が求めすぎでしょうか。また、できれば彼らがほんの少しでも今より安心して暮らせる世界を作っていく手助けをしたいと願うのは私のお節介でしょうか。

煽り運転問題だとか、芸能界の闇だとか、それもよいのですが、多少なりとも日本人がこうした「危険な国」の実情に目を向け、そして安心して暮らせる人を増やせるように能力を発揮してもらえるといいなぁと思うのでした。

スミマセン、アフガニスタンについて語りすぎました。もう一か国、外務省が真っ赤に塗りつぶしているソマリアについては、ジャーナリストの下村氏が詳しくヤフー個人のページに書いてくれていますので、こちらをご参照下さいませ。

こちらも「危険な国」でビーチをエンジョイする現地の方の暮らしがよくわかる良い記事です。

関連記事

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 河南省・中牟 官渡古战场

鄭州汽車客運東站から中牟行のバスは長蛇の列、次から次へ人を押し込んで行きます。大きな荷物を

記事を読む

CUBA③ 10th NOV 2016  Havana Train Station  & Flight Cancellation

Morning walk. I went out to the train station and

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

VA旅行USA50州VA 韓国語

米で白人主義者らと反対派が衝突、車突入などで3人死亡 35人負傷2017年8月13

記事を読む

北中米旅行記④ 11月8日 ケイマンからキューバ入国

◎ブルーマウンティン  キングストンからハバナ行のカリブ航空の航空運賃は183ドル。これに税金負荷

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 中国側・憑祥とベトナム側・ドンダン/ランソン

https://youtu.be/ghuzWnTwu7U

記事を読む

172 Arubaアルバ

人口10万 カリブ海地域の中では生活水準は非常に高く、失業率も低い。アルバの国民総生産の半

記事を読む

no image
va旅行 トルコ編 ⑨ VAN トルコ・イラン(陸路)

https://cdn.trt.net.tr/vi

va旅行 トルコ・ギリシャ⑧ カルスKARS アニ遺跡

カルス(Kars)は、アルメニアとの国境から45km。11年の人口は

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 マラテヤ ネムルトダーウ

◎マラテヤ マラティヤはユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高

va旅行 トルコ編 ⑦ シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ 危険情報レベル2

◎シャンルウルファ空港 空港は中心部から北東35km、バスが発

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路

→もっと見る

PAGE TOP ↑