*

Quora カンボジャ虐殺の原因は米軍という解釈

Osamu Takimoto·10年ほど海外で生活していました最も誤解されている歴史上の人物は誰ですか?

誤解というより、通常伝えられている人物像がどこまでが事実なのか怪しいという意味で、カンボジアの独裁者として有名なポルポトを挙げます。

ポルポト政権が崩壊して間もない頃は日本国内でも彼に対して様々な評価が飛び交っていたようですが、現在では概ね次のような言説に収斂しているように思います。

・原始共産制を標榜して都市民を農村に強制移住させた

・農村部でいわゆる強制労働が行われた

・近代の物質主義的な生活を否定し原始的な生活への回帰を標榜した

・知識人階級の根絶を図った(象徴としての子供の医者の登場など)

しかし実際には上記のポルポトの政策は、ポルポト自身の思想信条というよりは、ベトナム戦争中から絶えずアメリカによって繰り返されていたカンボジア東部への集中爆撃によってもたらされたものではないかとも言われており、真相は思っていたより複雑なようです。

カンボジア東部はメコン川の流れる国内随一の穀倉地帯であると同時に、ベトナム戦争中は南ベトナムの兵士の逃げ込む隠れ家のような役割も果たしていたので、ゲリラ対策としてアメリカの爆撃の標的にされていました。

カンボジアでは乾季と雨季がはっきり分かれているため、乾季のうちに破壊された農地やダムを修復しなければ、その次の年の農作業に深刻な影響が出ることは避けられず、ポルポト政権は発足の直後から農村への集中的な人員投入と急ピッチでの補修作業を余儀なくされたそうです。

そういった異常事態下において生じた様々な問題をアメリカが悪意を持って揚げ足取りをしていった結果が、最終的に今現在流れているようなポルポトに対する定説を生み出したのではないか、という見方も存在するようなのです。

私にも大虐殺の真相は分かりませんが、アメリカの農地破壊によって生じた餓死者もそこに含まれている可能性も否定できないのかもしれません。知的階級の失踪は彼ら自身の餓死によって説明されるのかもしれません。少年の医者は専門的な知識を持つ人間の不足の結果生じたものかもしれません。

少なくともかつて言われてきたほどの比重でカンボジア荒廃の責任がポルポトあったのかどうかに関しては、とても慎重にならざるを得ない気持ちになっています。

関連記事

no image

町田一平氏の私の論文に対する引用への、厳しい意見

町田一平氏がシェリングエコノミーに関して論文を出している https://m-repo.l

記事を読む

no image

フリーダム シップ

https://youtu.be/Bj0E5L6k2p0

記事を読む

no image

泊食分離のコンプライアンス 違法旅館・泊食抱合販売

Facebookの書き込みを見ていると、泊食分離論議が出ている。驚いたことに食事つきでなければ宿泊

記事を読む

no image

三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』なぜ日本に資本主義が形成されたか

ちしまのおくも、おきなわも、やしまのそとのまもりなり 大久保利通 明治国家の自立的資

記事を読む

11月2日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 2日目

11月2日 朝は、ニューヨークタイムズ社に行く。タクシーJapanの熊沢さんが立派な説明資料を

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market ⑥

Ⅴ Competition in the U.S. over the status of the w

記事を読む

カンボジアの夕べ

五月1日は誕生日。朝は日本晴れ。 夕刻六本木の全日空ホテルでカンボジアの観光宣伝会があり、誘わ

記事を読む

no image

戦争とテロ

国際刑事裁判所の設立を定めたローマ規程は、設立条約に合意していない諸国にも適用されるところから、アメ

記事を読む

no image

保護中: 池谷裕二氏の一連の「脳と心」にかんする著作を読んだメモ

外の世界は「目」を通して第1視覚野に写し取られ、そのあと、色に反応する第4視覚野や動きを見る第5視覚

記事を読む

no image

2016年3月6日7日熊本県人吉市での肥後交通・オフサイトミーティング参加の旅

システムオリジン、チームネクストの仕事で、肥後交通が毎年実施している従業員のための研究会を視察する機

記事を読む

PAGE TOP ↑