*

ウェストファリア神話

公開日: : 最終更新日:2023/05/30 出版・講義資料, 歴史認識

国際観光を論じる際に、文科省からしつこく、「国際」観光とは何かと問われたことを契機に、国際について考えざるを得なくなり、本書にたどり着いた。ここにも、「歴史は後から作られる」の実例がある。

「ウェストファリア条約  その実像と神話」
 明石欽司著(慶應義塾大学出版会)
書評

海道大学法学研究科教授(欧州大学院大学(伊)ブローデル上級研究員) 遠藤乾
「水平的主権国家体系」の始点をめぐる、スリリングな論考
 600頁に及ぶ歴史書を通じて、4半世紀にわたる著者の知的な格闘を共有できるのは幸せである。この書物とともに、多くの実務家は自らの常識を疑い、研究者は講義内容を変更することになろう。
 歴史や外交を少しでもかじった人ならば、ウェストファリア条約/体制ということばを耳にしたことがあるはずだ。それはたいていの教科書や歴史書で、1648年の同条約を起点とした主権国家体制(の成立)と同一視されてきた。
 著者の明石が「ウェストファリア神話」と呼ぶ広く受容されたイメージによれば、30年戦争を終結させたこの条約を契機に、主権国家が水平的に並列し、教皇や皇帝のような国家上位の権威や価値がなくなった。こののち、国家ごとに宗教(および統治体制)を選び、それぞれの内政に不干渉とする原理が確立された、ということになる。
 明石が、ラテン語を含む西洋語を駆使して条文に当たり、専門の国際法史を中心に神聖ローマ帝国国制史に手を広げ、膨大な文献の検討を通じて丹念に条文/通説/実態を選り分けることで、最終的に否定するのがこの神話である。
 まず、ウェストファリア条約の名宛人は多様で不均質である。平等な国家が集まって決めたものではない。
 次に、同条約は、それ以前から存在していた領邦主や都市の政治的・宗教的諸権利を現状追認した色彩が濃く、近代の主権国家間関係を新たに設定したのではない。
 さらに、帝国国制について、同条約は本質的な改革を導入しなかった。つまり、17世紀半ばの段階で、領邦の主権国家化という現象はなかった。当時皇帝と帝国等族の紐帯はまだまだ生きており、帝国はじつに19世紀初頭まで残存するのである。
 ではいったい、いつから、なぜ、国際関係の基本常識に関するこのような途方もない集団麻痺が起きたのか。
 ここから明石は、ウェストファリア条約に関する言説の変遷を追跡することで、歴史的に理由を探し始める。
 まず、締結当時「帝国の基本法」の色彩が濃かった同条約は、1713年のユトレヒト条約以降「欧州の基本法」という重要性を後付けで付加される傾向にあった。
 また、同条約は、締結からなんと1世紀以上経た18世紀末になるまで、国際関係や国際法の文献において今日のように特殊な位置を占めるとは考えられなかった。
 さらに、上記のような「神話」が急速に浸透するのは、19世紀中葉のことであった。1841年公刊のホィートン『欧州国際法史』が決定的な契機とされる。さかのぼれば、その素地を形作ったのは18世紀半ばのマブリーやコッホらによる実定法的な「条約史」の叙述であった。
 こうした「神話」破壊は、じつは、オジィアンダーやテシィケ(『近代国家体系の形成――ウェストファリアの神話』と題する分厚い邦訳本もある)といった質の高い先行研究でもなされている。これらに対し、明石の研究は、帝国国制史に学んで神聖ローマ帝国や皇帝の意義を掘り下げ、「神話」形成史の解明に力点を置き、国際法史への含意を汲みとることで、一境地を開いている。
 こうした研究に対し、ウェストファリアでないのならば、いつどこで水平的な主権国家の併存という事態が生じたのかという問いはありえよう。「神話」破壊とその形成史に焦点を合わせる本書はそれには直接には答えないが、そのかわり、現在優勢な観念を過去に投射し、それによって過去を捏造することに対し警笛を鳴らす。
 およそ国際法であれ、国際政治であれ、主権をこの4世紀通用してきた不動の原理と捉え、国家間条約の重要性を無意識のうちに前提にしがちであるが、近代の「国際」法や「国際」政治は、もともと普遍的な枠の中で不均質な主体を包み込んできた歴史的連続性の下に長らくあったのだ。
 歴史家としての矜持からか明石は多くを語らないが、これは最現代における地域や地球規模の現象を検討する際のカギを提供するという。また本書は、国家意思をどう制御するのかという課題を法実証主義の名の下で放逐してしまった国際法学の現況への鋭い批判を内包している。
 ともあれ、有効な神話破壊は多くの思考の種を植えつける。長く読まれるべき古典として、多くの方に薦めたい。(外交フォーラム2009年10月号)

関連記事

no image

Quoraに見る歴史認識 経済制裁は世界覇権の下(アメリカの下)行われることが多いようですがアメリカが世界覇権を放棄して国内内乱が発生したら日本が単独核武装しても経済制裁はある程度回避できますか?

経済制裁は世界覇権の下(アメリカの下)行われることが多いようですがアメリカが世界覇権を放棄して国内

記事を読む

no image

日本人が海外旅行ができず、韓国人が海外旅行ができる理由   『from 911/USAレポート』第747回 「働き方改革を考える」冷泉彰彦 を読んで、

勤労者一人当たり所得では、日本も韓国も同じレベル 時間当たりの所得では、日本は途上国並み これで

記事を読む

『眼の誕生』アンドリュー・パーカー 感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持っていたはず しエダア

記事を読む

no image

QUORAにみる歴史認識 大坂なおみが二重国籍を認められたことで、日本は二重国籍を認めていることが表に出ましたが、これまで二重国籍はダメだと思いこまされてどちらかの国籍を諦めたり、秘密にしてきた人も多いのではないですか?

大坂なおみが二重国籍を認められたことで、日本は二重国籍を認めていることが表に出ましたが、これまで二

記事を読む

no image

書評『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異を検出する技術が21

記事を読む

no image

QUORAにみる歴史認識 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka, 素人軍事・歴史批評家回答

記事を読む

no image

国際連盟における中華民国代表顧維欽の演説(人流論) 渡辺銕蔵が戦争調査会で繰り広げる際に引用

満州には日本人はわずかしか入っていない。 朝鮮から日本に入った方が多いくらいだ。 なぜ

記事を読む

no image

2016年7月29日「ファイナンスの哲学」多摩大学特任教授堀内勉氏の講演を聞いて

資本主義の教養学公開講座が国際文化会館で開催、場所が近くなので参加してみた。 1 資本主義研究

記事を読む

『ざっくりとわかる宇宙論』竹内薫

物理学的に宇宙を考察すればするほど、この宇宙がいかに特殊で奇妙なものかが明らかになる。マルチバー

記事を読む

no image

旅資料 安田純平『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』集英社新書

p.254「戦火のイラクに滞在し、現地の人々の置かれた状況を考えれば自分の拘束などどういうことでも

記事を読む

PAGE TOP ↑