*

Quora もと占いのために使われていたはずの甲骨文字が漢字になって中国各地に広まったのはどうしてですか?蔡 鸟 (Cai Niao),

もともと占いのために使われていたはずの甲骨文字が漢字になって中国各地に広まったのはどうしてですか?蔡 鸟 (Cai Niao), エスペラント料理研究家更新日: 3月23日

占いによる恐怖政治に対抗するためです。

そもそもおよそ世界の文字というものは、貸し借りや家系図なんかを記録するための実用記号から生まれます。しかし甲骨文字は違います。甲骨とは、神に対する質問、占い、そして占いに従った結果などが記された牛の骨や亀の甲羅です。1950年代に15万件ごそっと出土し、使われた文字はすでに5000種類もありました(現在もその半数は未解読です)。

この文字を用いたのは殷王朝です。殷王朝は夏王朝を滅ぼして周囲の部族を制圧した古代王朝として知られていましたが、あくまで史記の伝える伝説にすぎませんでした。しかし河南省鄭州市などで町がいくつか出土し、夏の人々の足を切り落とし処刑して埋めた跡や、処刑用のマサカリなども見つかり、伝説の王朝の実在が明らかになります。

その遺跡にまとまって埋まっていたのが、この甲骨です。

どれも神を祀ったり伺いをたてるものばかりで、実用的な内容ではありません。甲骨文字はもっぱら神と交信するための道具でした。使い方はこうです。まず占いたいことを彫ります。そして熱した金属の棒を押し当てると、骨は繊維に沿ってひび割れ、「卜」の字を作ります。神官がこの割れ方を解釈して「口」にすると「占」ができます。

甲骨文字はその使用目的とともに、文字の成り立ちも特異です。たとえば白骨化した頭蓋骨を描いて「白」、髪を振り乱しトランス状態になる巫女(夭)を描いて「笑」など、呪術要素にあふれています。

殷の神には動物や人が生贄として捧げられていました。特に人の生首を好んで喰らうとされ、遺跡からは首のない遺体が10体ずつ捨てられた穴や、人の頭部が入った器なども見つかっています。甲骨には生贄の数が具体的に記録されました。

殷は人間の生贄として「羌」と呼ばれる人々を使っていました。奴隷か罪人を示す言葉だと思われていましたが、歯から検出された放射能のタイプが殷の人とは異なるため、調査により、おそらく殷から900km離れた現在の青海省から連れてきた人たちであることが分かりました。服従しない異民族を拉致して、見せしめのために処刑していたのだろうと思われます。

(その地域に住んでいた人たちは、現在は四川省に移住している)

さて、この恐怖政治に密かに反発し、やめさせようとしていた国がありました。殷より少々内陸に位置する「周」です。

周は殷に取り入り、信頼されていたので、神の分祀を許され、甲骨を用いた儀式も任されます。周は甲骨を扱う技術を磨き、切手ほどの大きさの骨のかけらに20字以上も彫り込んだりすることができるようになりました。

周が持っていたのは刻印技術だけではありません。殷にはなかった文字の新しい活用法「記録と連絡」を実用化させていました。

周の遺跡に残っている甲骨日誌によると「闇夜に紛れて『微(周から見て殷の向こう側に位置する部族)』からの密使を受け入れた」などの記述が見られ、隠れて策略を巡らせていたらしいことが伺えますが、出土した資料が限られるため、これ以上詳しいことはわかっていません。しかし史記によれば、このあと周と諸侯は殷に対して蜂起します。

(古蜀の仮面。周と組んだ部族は、それぞれ全く異なる文化を持っていました。)

殷の支配が600年続いた紀元前1027年(または紀元前1046年)、周と諸侯は連合軍を結成して40万を挙兵し、殷の首都・朝歌へ向けて進軍します。不穏な動きを察知していた殷軍も70万という大軍で迎え撃ちますが、統制の取れた連合軍の動きを見て兵は四散。またたく間に首都は陥落。殷最後の王、第三十代紂王は王宮に逃げ込み火を放って自害しました。この場所から出土した記念青銅器の銘文には「甲子の日 朝歌制圧」の旨が記されており、史記にある殷滅亡の日と一致しています。

周はその後、漢字を用いて諸侯との条約を締結することで、封建制度を確立しました。

(軍事協定の鋳込まれた青銅製の大皿。なお、削り跡なく文字を鋳込む技術は現在も不明。)

漢字は生活や社会に必要な文字が加えられていきました。また新興国サンが自らの国号を示す「桑」の字を作ったり、越は独自の装飾書体を編みだすなど、漢字が広く応用されるようになっていきました。

(越王の剣)

こうして現代も使われている用途での漢字が誕生したのです。

関連記事

no image

保護中:  『市場と権力』佐々木実を読んで

日銀が量的緩和策で銀行に大量にカネを流し込んだものの、銀行から企業への融資はそれほど増えなかった。

記事を読む

no image

ふるまいよしこ氏の尖閣報道と観光

ふるまいよしこさんの記事は長年読ませていただいている。 大手メディアの配信する記事より、信頼できる

記事を読む

no image

中国人白タク問題  運転手派遣業とレンタカーの組み合わせによる新規ビジネス

運送機能の分化:金沢学院大学の大学院の講義を契機に、二十年来運送機能の分化について考えてきている。

記事を読む

no image

『シベリア出兵』広岩近広

知られざるシベリア出兵の謎1918年、ロシア革命への干渉戦争として行われたシベリア出兵。実際に起

記事を読む

no image

渡辺惣樹著『第二次世界大戦 アメリカの敗北』 読後メモ

対独戦争をあくまで回避するべきと主張したチェンバレンら英国保守層 対独戦争は膨大な国力を消費し、アメ

記事を読む

no image

有名人の観光資源化

昔懐かしい、T新聞I記者から電話があった。有名人を顕彰する博物館が崩壊しそうであり、何か観光資源とし

記事を読む

MaaS報道の物足りなさ 総合物流業に学べ

相変わらず、MaaSの活字が躍っているには、造語力のなさを示している。私は月極使い放題運送サービス

記事を読む

no image

『ロボットと生きる社会』

新井紀子 AIが下す判断と人間が下す判断は違う AIは基本は検索。人間は実験ができないので科学的に

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market ⑧

Ⅶ Alaska and Hawaii ~ High latitude tourist site

記事を読む

no image

小城鎮建設論

p.82 改革・開放が始まって暫くの間、「小城鎮建設論」 都市と農村の中間地帯=小城鎮を豊かにし、そ

記事を読む

保護中: 岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電』

書評1第二次世界大戦のことを勉強してもここまでたどり着く人たちはなか

no image
QUORA 香港国家安全法制は怖くない

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのJohn Chiuさん

no image
保護中: UORA 不平等条約答えは長州藩と明治政府のせいです。今回に限って言えば、長州藩と明治政府が不平等になるように改悪した原因なのです。

日本人があまり知らない、日本の歴史といえば何

no image
保護中: QUORA 世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか?

世界で日本人だけできていないと思われることは何ですか? そもそ

no image
保護中: QUORA 伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如何でしょうか?

伊藤博文公は、当初朝鮮併合に関しては反対だったって話ですが、実際は如

→もっと見る

PAGE TOP ↑