*

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 ガンビア(国連加盟国177か国目) BLJ 

公開日: : 最終更新日:2024/03/10 シニアバックパッカーの旅

https://photos.google.com/album/AF1QipMXlEuNalPQs0G-7BMJ7qUmIWlwNKAc–lND563

Facebook投稿文

2024.2.21 エアセネガルのバンジュール行きが深夜11時便に変更され、国連加盟国177カ国目ガンビアには2024.2.22バンジュール空港に早朝1時に到着。次のフリータウン行きへの乗り継ぎは6時だから、滞在時間5時間

ガンビアのビザは、日本のセネガル大使館で取得。簡単だったが、日本人係員から現地でトラブルかも知れないとアドバイスあり。前例があったのだろう。特に何もなく20€の入国税を支払って終了。空港は小綺麗で、写真を撮りおわり。チェックインは4時からと、待たされる。

以前にもコモロへゆく時、ピザを在日セネガル大使館で取得したが、現地の入国管理官、と言って出口に机一つ出して審査している平服のおばちゃんだったが、私のビザは無効だとクレームをつけてきたことがあり、それを思い出した。ガンビアも同じように貧しいのだろう。

ガンビアには世界遺産のクンタキンテ島がある。ルーツというテレビドラマの主人公にあやかって名前まで変えてしまった観光資源。奴隷関係遺産は、いずれも刺激が強く、史実とは乖離していても、人を呼び込む価値がある。セネガル、ゴレ島の「帰らざる門」もその代表である。私も前回みているので、高いタクシー代を払ってまで、もう一度見にゆく気にはならなかった。

今のガンビアは、YouTubeで見る限り、欧米人には風俗が有名らしい。

 

事前資料

 

DSS

16:40

HC213

17:20

BJL

$74

入出港税

 

2000ダラシ

 

 

4323円

 

30ドル

BJLトランジット 宿60分 Yarambamba layout, Yundum

BJL

7:15

KP43  26A

8:30

FNA

$129

 

 

ゆっくり解説】国境線がグニャグニャすぎる国、ガンビア共和国

 

 

https://youtu.be/EwYd1S6Vr_w

https://youtu.be/A_QMAicLFOY

 

 

ガンビアはアフリカ大陸最小の国土面積を持つ国である。ガンビア川の両側に国土を持ち、その最大幅は48キロメートルに過ぎない。国土の大部分がサバンナ地帯であり、国土のうち1300平方キロメートルをガンビア川が占める。 面積:約11300㎢、人口:約210万人(両者とも岐阜県なみ)

ガンビアはかつてイギリス領であり、イギリスとフランスが1889年にガンビア川の両岸約200マイルをイギリス領とすることで合意した。独立後の国土もイギリス領時代の国境線を継承している。ガンビアは長年にわたって中華民国(台湾)を承認する数少ない国の一つだったが、中華人民共和国との貿易額が増大するにつれてその外交関係はぎくしゃくしたものとなり、ついに2013年11月15日には台湾との国交を「国家の戦略的利益のため」断絶したと発表した

ガンビアのハマット・バー観光文化相が自国のテレビ番組で、セックスツアーが目的の欧米の旅行者はガンビアではなくタイに行くべきと発言し、物議を醸している。

アレックス・ヘイリー著のアメリカの黒人奴隷を描いた小説、及びそれをもとにしたテレビドラマ『ルーツ』に登場するクンタ・キンテ(英語版)は、このガンビア出身のマンディンカ人をモデルとしている。

2011年2月6日にジェームズ島をクンタ・キンテ島と改名 登録当初は「ジェームズ島と関連遺跡群」だったが、島の改名に伴って2011年に現在の名称に変更された。

ガンビア政府によると、クンタ・キンテ島には1998年に団体客・個人客合わせて18620人、1999年には13911人が訪れたという。また、バレン要塞には1999年に2500人、2000年には3019人の来訪があったという。この数字について、ガンビア政府は遺跡の保存の上で脅威になる数ではないとし、ICOMOSもその点について特に注意はしなかった。むしろICOMOSが脅威として強調したのは、川の氾濫や熱帯特有の豪雨による侵食作用、植物の成長による遺跡の損壊などであった。実際、2016年8月23日にジュフレ、アルブレダ両村を襲った大暴風雨は、両村に残る構成資産にも甚大な被害をもたらした。

 

中心的な遺跡であるクンタ・キンテ島には、首都バンジュールからアルブレダまで、まずバスで約1時間半かけて行き、そこからさらにボートで約1時間かかる https://www.gambiatours.gm/excursion/roots#tab-2

当初のポルトガルと西アフリカの交易は友好的なものであり、現地の有力者の許可を得て拠点を築き、そこで金、象牙、香辛料などとヨーロッパの加工品の交換が行なわれた 。その後、ポルトガル人の入植は減退していく。カダモストらがガンビア川に積極的に繰り出したのは、そこに多くの黄金が存在していると聞いていたためだが、苛酷な環境の割には大した量の黄金が手に入らなかったからである。その後、西インド諸島や南北アメリカ大陸でのプランテーション経営の拡大などを受けて、黒人奴隷を商品とする大西洋奴隷貿易が行われるようになり、16世紀後半になるとイギリス人の貿易商会もこの地に進出するようになった。 イギリスは1807年に奴隷貿易の廃止を決め、ガンビア川流域でも違法な貿易を厳しく監視するようになった。この決定に対しては、貿易商人のみでなく、奴隷を商品としていた現地の首長にも反発する者がおり、彼らによって取締りが妨害されることもあった。今は首都になっているバサースト(現バンジュール)の建設は1816年のことだが、当初は違法な奴隷貿易を監視するための拠点づくりが目的とされていた。 そのほかには、首都バンジュールにある「六連砲台」、その対岸にある「バレン要塞」、およびクンタ・キンテ島の北の対岸にある「サン・ドミンゴの遺跡群」「ポルトガル人の礼拝堂の遺構群」「CFAOの社屋」「モーレル兄弟の商館」の6つの構成資産が含まれている。

六連砲台や対岸のバレン要塞

 

クンタ・キンテ島の遺跡

 

 

 

 

 

「アルブレダ」の画像検索結果

 

関連画像

 

関連画像

 

ジェームズ要塞

 

 

 

http://www.accessgambia.com/msite/m-fort-james-island.html

 

https://ecotoursgambia.com/en/ecocamps-sun-vacation-gambia/

 

 


クンタ・キンテ島と関連遺跡群 -(2003年、文化遺産)

 

クンタ・キンテ島の遺跡
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 146391-zrWzUSQw0R6L2WRP7QmY_lrg.jpg です
 

 

アレックス・ヘイリー著のアメリカの黒人奴隷を描いた小説、及びそれをもとにしたテレビドラマ『ルーツ』に登場するクンタ・キンテ(英語版)は、このガンビア出身のマンディンカ人をモデルとしている。

2011年2月6日にジェームズ島をクンタ・キンテ島と改名 登録当初は「ジェームズ島と関連遺跡群」だったが、島の改名に伴って2011年に現在の名称に変更された。

ガンビア政府によると、クンタ・キンテ島には1998年に団体客・個人客合わせて18620人、1999年には13911人が訪れたという。また、バレン要塞には1999年に2500人、2000年には3019人の来訪があったという。この数字について、ガンビア政府は遺跡の保存の上で脅威になる数ではないとし、ICOMOSもその点について特に注意はしなかった。むしろICOMOSが脅威として強調したのは、川の氾濫や熱帯特有の豪雨による侵食作用、植物の成長による遺跡の損壊などであった。実際、2016年8月23日にジュフレ、アルブレダ両村を襲った大暴風雨は、両村に残る構成資産にも甚大な被害をもたらした。

 

中心的な遺跡であるクンタ・キンテ島には、首都バンジュールからアルブレダまで、まずバスで約1時間半かけて行き、そこからさらにボートで約1時間かかる https://www.gambiatours.gm/excursion/roots#tab-2

当初のポルトガルと西アフリカの交易は友好的なものであり、現地の有力者の許可を得て拠点を築き、そこで金、象牙、香辛料などとヨーロッパの加工品の交換が行なわれた 。その後、ポルトガル人の入植は減退していく。カダモストらがガンビア川に積極的に繰り出したのは、そこに多くの黄金が存在していると聞いていたためだが、苛酷な環境の割には大した量の黄金が手に入らなかったからである。その後、西インド諸島や南北アメリカ大陸でのプランテーション経営の拡大などを受けて、黒人奴隷を商品とする大西洋奴隷貿易が行われるようになり、16世紀後半になるとイギリス人の貿易商会もこの地に進出するようになった。 イギリスは1807年に奴隷貿易の廃止を決め、ガンビア川流域でも違法な貿易を厳しく監視するようになった。この決定に対しては、貿易商人のみでなく、奴隷を商品としていた現地の首長にも反発する者がおり、彼らによって取締りが妨害されることもあった。今は首都になっているバサースト(現バンジュール)の建設は1816年のことだが、当初は違法な奴隷貿易を監視するための拠点づくりが目的とされていた。 そのほかには、首都バンジュールにある「六連砲台」、その対岸にある「バレン要塞」、およびクンタ・キンテ島の北の対岸にある「サン・ドミンゴの遺跡群」「ポルトガル人の礼拝堂の遺構群」「CFAOの社屋」「モーレル兄弟の商館」の6つの構成資産が含まれている。

六連砲台や対岸のバレン要塞

 

クンタ・キンテ島の遺跡

 

 

 

 

 

「アルブレダ」の画像検索結果

 

関連画像

 

関連画像

 

ジェームズ要塞

 

 

 

http://www.accessgambia.com/msite/m-fort-james-island.html

 

https://ecotoursgambia.com/en/ecocamps-sun-vacation-gambia/

 

 


クンタ・キンテ島と関連遺跡群 -(2003年、文化遺産)

 

クンタ・キンテ島の遺跡
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 146391-zrWzUSQw0R6L2WRP7QmY_lrg.jpg です
 

 

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月4日夕刻~5日早朝 トレント

ベローナからトレントへはマシンで購入。予定が変わる場合はネット購入よりマシン購入の方がよい。しかし、

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年3月6~8日 カタール・ドーハからケニア、タンザニア(航空)航空の欠航でエンテベへ  

  GOOGLEPHOTO アルバム 長いドーハ滞在からナ

記事を読む

no image

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 2019年9月11日 チームネクスト 清華大学やDiDiで考えさせられた無人運転車

筆者の参加しているタクシー事業者等の研究グループ(チームネクスト)で、恒例の海外視察に参加した。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月23日 トスカーナ州 シエナ

2022年4月22日 駅からシエナの宿まで徒歩でゆく、 宿の周りを2,3周し、結局確認できず携帯

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1995年国際船舶制度調査⓶ ノルウェイ(国連加盟国20か国目)

ノルウェイは海運大国。運輸省に調査に行く。戸田さん(参議院議員)が船舶技官時代、アタッシェで出向して

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

動画 https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8Za

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019年2月11日 ナイジェリア 国連加盟国119か国目 

ラゴス空港の様子(動画) https://photos.google.com/photo/AF1Q

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記 1 2019年24日~10月16日  太平洋島嶼国等への旅の起点 豪州

2019.09.24 三週間の太平洋諸国巡りの旅。 訪問地数も152国・地域から166国・地域

記事を読む

🌍👜台湾のこと(高寛氏の講演)

台湾協会の理事高寛氏の話を聞いた。元三井物産台湾支店長を務めた方である。若い頃、中国語を教えてもらっ

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑